[トップページ][平成19年一覧][人物探訪][210.73 満洲事変・日華事変][319 外交史]

■■ Japan On the Globe(519)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

     人物探訪: 重光葵(上) 〜 大御心を体した外交官
    
               昭和天皇の大御心を体して、重光葵は中国・アジ
              ア諸国との親善友好と独立支援の外交を展開した。
■転送歓迎■ H19.10.21 ■ 35,505 Copies ■ 2,662,673 Views■


■1.「爆弾だ!」■

     昭和7(1932)年4月29日、上海の日本人租界の新公園で、
    天長節(昭和天皇の誕生日)の祝賀会が盛大に開かれていた。
    1月に勃発した第一次上海事変も、重光葵(まもる)公使の懸
    命な交渉によって、蒋介石の第19路軍との間でまもなく停戦
    協定に調印という運びになっていた。重光は上海派遣軍司令官
    ・白川義則大将ともども、明るい気分で参列していた。

     海軍軍楽隊の演奏で君が代斉唱が始まった。その最中に、水
    筒のようなかたちをした金属性のものが式台に投げつけられた。
    「爆弾だ!」

     爆音と共に、重光は「鬼の金棒」のようなもので下半身を強
    打され、その場に倒れた。手にしていたステッキを支えに立ち
    上がろうとすると、ステッキが体重を支えきれずに3つに折れ
    た。倒れたまま最も痛む右脚を見ると、鮮血がズボンの裂け目
    からほとばしっているのが見えた。

    「やられたな、これで死ぬのかもしれない」と重光は思ったが、
    すでに外交官として国に捧げた命である。それよりも不安になっ
    たのは停戦交渉のことだった。この爆弾事件から停戦交渉が不
    調になって、大事に至りはしないか。

     犯人はすぐに捕まり、25歳の朝鮮共産党員と判明した。日
    本軍と蒋介石政権を戦わせて、漁夫の利を占めようという共産
    党の策謀であろう。

■2.「遅滞なく軍を引き揚げて帰って来い」■

     第一次上海事変とは、1月18日に日本人僧らが中国人に襲
    撃され、1人死亡、2人負傷した事件をきっかけに、日本海軍
    陸戦隊と蒋介石軍との間で始まった武力衝突である。陸戦隊は
    わずかに千名程度であり、十数倍の第19路軍には敵うべくも
    ない。日本政府は不拡大方針を表明しつつも、数万の在留邦人
    を守るために白川大将を司令官とする2個師団を急遽、派遣し
    た。

     到着した白川大将に、重光公使が労をねぎらうと、大将は余
    人を遠ざけて、公使にこう伝えた。

         自分が出発前に天皇陛下に拝謁したところ、陛下は自分
        に対して、事態は重大であるから、お前はなるべく早く軍
        の目的を達して、遅滞なく軍を引き揚げて帰って来いと申
        された。この事を貴下の耳に入れておきたい。

     重光自身が1月に帰国した際、中国方面の状況について上奏
    した際にも、やはり陛下は「上海方面においても、和平を旨と
    するよう」という言葉を賜っていた。

     3月3日、派遣軍は第19路軍を撃退した。重光はここで停
    戦を実現すべきだと考えた。この日はジュネーブで国際連盟の
    総会が開かれる予定であり、このまま日本軍が勝ち誇って追撃
    すれば、日本に対する制裁措置が発動されるかもしれない。開
    会までの時差7時間の間に、なんとしても派遣軍の停戦を表明
    しなければならない。

     重光は白川に会い、国際連盟の状態、わが国の国際上の位置
    などを諄々と説き、大将に停戦の決断を促した。大将は聞き入っ
    たまま、数時間が過ぎた。

■3.「白川は戦争を止めます」■
    
     午後一時になろうとするので、重光はやおら姿勢を正して、
    最後の切り札を出した。

         いまわれわれは上海における軍と外交の最高責任者とし
        て、国家の大事を相談しているわけです。その結果は日本
        の国運に少なからず影響するでありましょう。とくに東京
        の宮中においては、さぞかし天皇陛下はこのことについて
        御心配をされておられることと思います。恐懼に耐えませ
        ん。

     白川大将は胸を打たれた様子で、しばらく熟慮の後、いきな
    り立ち上がって、「白川は戦争を止めます。停戦命令を出しま
    す」と言った。

     午後2時、停戦命令が出された。ジュネーブの国際連盟総会
    では、日華両国に対して停戦協議の開始を要請したのみで、日
    本に対しての非難は避けられた。

     その後、日華両国と、上海に租界を持つ英米仏伊4カ国の公
    使・武官を交えて、停戦交渉が進められた。重光は「自分が経
    験したもっとも複雑な交渉」と言っている。外国だけでなく、
    国内の陸海軍も納得させるものでなくてはならなかった。

     そして4月28日になんとか停戦協定の案文を確認する所ま
    で漕ぎ着け、晴れて天長節の祝いの席を迎えた。そこに爆弾を
    投ぜられたのである。白川大将は30数カ所の創傷を受けて、
    余病を併発し、5月26日、死亡した。

     翌年、停戦1周年の3月3日、昭和天皇は次の御製をお詠み
    になり、白川家に下賜された。

        をとめらのひなまつる日にいくさをばとどめしいさをおも
        ひてにけり
    
■4.「かねてより国に捧げし命なれば」■

     病院に運び込まれた重光は160カ所もの傷を受ける重傷で
    あったが、激痛に唸っている暇はなかった。公使館の幹部を呼
    んで、芳沢外相あての緊急電報を口述筆記させた。

         今回の事件にかかわらず、停戦協定はこのまま成立せし
        むること、国家の大局よりみて絶対に必要と愚考す。
         この際、一歩を誤らば、国家の前途に取り返しのつかざ
        る羽目に陥るべし。

     重光は同様の趣旨をジュネーブの関係筋にも打電させ、事態
    を憂慮していた英国をはじめとする各国を安堵させた。

     痛みのために不眠状態で苦しんでいる重光の所に、岡崎書記
    官が停戦協定案を持ってきて、署名を依頼した。重光は驚くと
    ともに喜んだ。英国や中国の書記官も入ってきて、嬉しそうに
    している。重光は署名を済ませて、中国の書記官にこう言った。

         停戦協定が正式にできるようになったのは、日中両国に
        とってきわめて喜ばしい。東亜における両国の関係は、元
        来、親善でなければならない。この協定がその親善関係の
        有力な基礎となることを希望し、それを郭代表に伝えて貰
        いたい。

     重光が負傷していない方の左手を差し出すと、中国の書記官
    は感動の面持ちで、その手を握った。重光のこの発言は、外国
    通信員によって世界に報道された。

        かねてより国に捧げし命なればつとめの甲斐を知るぞうれ
        しき
    
■5.「もう一本の脚でご奉公できるではありませんか」■

     爆弾の多くの破片を浴びた右脚では敗血症を発し、切断しな
    ければ生命に関わるという状況となった。片脚で公使、大使と
    いうような激職に耐えて、国際的な外交活動ができるだろうか。
    なんとか右脚を残して、もっとご奉公したい、と重光は考えた
    が、九大から急遽やってきた外科の権威・後藤博士はこう諭し
    た。「あなたはたとえ右脚を日本国に捧げても、もう一本の脚
    でご奉公できるではありませんか」 重光は切断を決意した。

     5月5日、英国公使館で、停戦協定文書の正式調印、署名が
    行われた。重光は多くの人に支えられて車で英国公使館に運ば
    れ、署名を済ませて、病院に帰ってきた。

     その午後、切断手術が行われた。数日間は熱が下がらず、ま
    た切断部分のガーゼを取り替えるたびに、激痛が電流のように
    走る。

     7日午後、天皇皇后両陛下の勅使が到着して、見舞いの品を
    下賜された。皇后陛下からは義足を賜る、という。また総理
    ・外相の代理として見舞いに来た人からは「外相が参内するた
    びに、陛下は『重光の様子はどうか?』とご下問になり、恐懼
    の至りであった」と聞いて、重光は感激した。

     内地からも多くの見舞い、激励の電報が届いた。小学校生徒
    からの手紙もたくさんあった。そうした手紙や電報の束を見て、
    重光は思わず涙ぐんだ。「こんなに多くの国民が自分の身を気
    遣ってくれていたのか。」

■6.「御国のためになほ生きてあり」■

     重光は帰国の船に乗せられ、しばらく別府にて療養した。年
    が明けて、体調が回復すると、重光は上京し皇居に参内した。
    車は、群衆の万歳に送られて、坂下門をくぐった。

     天皇は重光の脚を痛ましそうにみやり、「長い間ご苦労であっ
    た。上海で難局に善処しつつあるとき、はからずも重傷を負い、
    幸い快方に向かったのはなによりであった」と言われた。重光
    は感泣して退出した。そして、新しい勇気が湧いてくるのを感
    じた。

        国民の心の泉たづねきて尽きせぬ力我も承けつつ
        足落ちて心のおつるひまもなし御国のためになほ生きてあ
        り
    
■7.「支那を完全なる独立国として取り扱はんとする」■

     重光はその後、外務次官、駐ソ大使、駐英大使と重職を歴任
    した。外務次官の時は、廣田外相のもとで日中親善に努めた[a]。
    駐ソ大使としては昭和13(1938)年7月11日、ソ連軍が満洲
    国境の張鼓峰に侵入し、日本軍と衝突した事件を、外交交渉に
    よって収めた。

     英国ではチャーチル首相と懇意となり、三国同盟に反対して、
    「欧州戦争に介入すべからず」との意見書を東京に送り続けた
    が、志かなわず大東亜戦争勃発を防げなかった。

     開戦直後の昭和16(1941)年12月19日、重光は駐華大使
    に任ぜられ、翌年1月南京に赴任した。そしてかねてから考え
    ていた対中新政策を実現しようと決心した。

         多年記者(重光)の念願した対支政策を実現するのは、
        この機会であると思ひ、またこの際これを実現して置かね
        ば、日本の真精神は永久に表すことはできぬ、とも考へた。
        それは政治上、経済上の支那における指導を支那人に譲り、
        日本は一切支那の内政に干渉せず、而して支那人の要望す
        る自主的立て直し実現に援助を与ふる、ということで、換
        言すれば、支那を完全なる独立国として取り扱はんとする
        にあった。[1,p118]

     日本の真精神とは、明治天皇がお詠みになり、昭和天皇が対
    米開戦前の御前会議で示された「四方の海みなはらから(同胞)
    と思ふ世になど波風の立ち騒ぐらむ」の大御心であろう。

     重光はしばしば日本に戻って、要路の人々に新政策を説いて
    回った。陛下にも御進講し、後押しをいただいて、東条首相も
    熱心な信奉者となった。軍部の間にも、英米相手の大戦争を完
    遂するには、中国大陸での戦いを止めるべきだ、という声が強
    かった。
    
■8.「ね! 今度は支那問題をね、よくやってね!」■

     昭和17(1942)年12月21日の御前会議において、「大東
    亜戦争完遂ノ為ノ対支処理根本方針」が決定された。翌年1月、
    三笠宮崇仁(たかひと)親王は支那派遣軍参謀として南京に着
    任された。親王は赴任の際、「対支新政策」の徹底に関する天
    皇の親書を賜り、「対支新政策くらい、陛下の御意に副い、お
    喜びになったものは近来ない」と上海の軍官民首脳部に訓辞さ
    れた。

     これに従い、日本軍が占拠していた建物等を逐次、中国に返
    還し、また日本人が独占的に管理していた企業や工場を、日中
    合弁に改めたので、中国側からは非常な好意と感謝が寄せられ
    た。

     昭和18(1943)年4月20日、重光は東条から呼び出しを受
    けた。内閣改造をするので、外相になって貰いたいという。

         実は今度の新政策実行及び外交一般について、お上が非
        常なご心配です。自分もぜひやりたく、そのためにご苦労
        を願うわけで、今度の改造は貴下の入閣を主とするもので
        す。[1,p124]
    
     23日に宮中に伺うと、昭和天皇は非常なご機嫌で、「ね!
    今度は支那問題をね、よくやってね!」と言われた。

■9.「大東亜共同宣言」■

     重光は外相として対華新政策を軌道に乗せると、その精神を
    欧米の植民地支配に喘ぐアジア諸国にも及ぼそうとした。

         東洋の解放、建設、発展が日本の戦争目的である。亜細
        亜は数千年の古き歴史を有する優秀民族の居住地区である。
        亜細亜が欧米に侵略せられた上に其植民地たる地位に甘ん
        ずる時期は已に過ぎ去った。[1,p132]

     同時に、重光は、この点を戦争目的として明確化することが、
    戦争終結への道につながると考えていた。

         大戦争を闘ふ日本には、戦う目的について堂々たる主張
        がなければならぬ。・・・ 東亜の解放、アジア復興が即
        ち日本の主張であり、戦争目的である。公明正大なる戦争
        目的が、国民によって明瞭に意識し、理解されることによっ
        て、戦争は初めて有意義にとなり、戦意は高揚する。また
        若(も)し、戦争の目的さへ達成せられるならば、何時に
        ても平和恢復の用意があるわけであるから、戦争目的の高
        調及び限定は、平和恢復の基礎工作となるわけである。

     すなわちアジア諸民族の独立という戦争目的さえ達成されれ
    ば、戦闘の勝ち負けがどうであっても戦争を終結させる、とい
    う和平への道を視野に入れたものでもあった。

     この方針のもとに、11月5、6日の二日間、東京の国会議
    事堂において大東亜会議が開かれた。中国、タイ、満洲国、フィ
    リピン、ビルマの各国首脳、およびインド仮政府代表チャンド
    ラ・ボースが出席し、「大東亜共同宣言」を採択した。「共存
    共栄の秩序建設」「自主独立の尊重」「各民族の伝統尊重」な
    どが謳われた[b,c]。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(460) 広田弘毅 〜 黙して逝った「A級戦犯」
    広田の死刑宣告に、キーナン首席検事も、「なんというバカ
   げた判決か」と慨嘆した。
b. JOG(338) 大東亜会議 〜 独立志士たちの宴
    昭和18年末の東京、独立を目指すアジア諸国のリーダー達
   が史上初めて一堂に会した。
c. JOG(509) インド独立に賭けた男たち(下)〜 デリーへ
    チャンドラ・ボースとインド国民軍の戦いが、インド国民の
   自由独立への思いに火を灯した。 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 渡辺行男『重光葵―上海事変から国連加盟まで』★★★、
   中公新書、H8
2. 豊田穣『孤高の外相 重光葵』★★、講談社、H2


 

© 平成19年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.