[トップページ][平成19年一覧][人物探訪][210.761 戦後:占領下の戦い][319 外交史]

■■ Japan On the Globe(520)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

     人物探訪: 重光葵(下) 〜 大御心を体した外交官
    
                  終戦工作、降伏文書調印、占領軍との交渉、
                 戦犯裁判と、重光の苦闘は続く。
■転送歓迎■ H19.10.28 ■ 35,548 Copies ■ 2,669,064 Views■


■1.「時期が来たら鶴の一声で終戦を実現しよう」■

    「大東亜共同宣言」は発せられたが、戦局はすでに時遅しだっ
    た。外相として重光は戦争終結の道を探った。そして年来、親
    交のあった木戸内大臣とこう誓い合った。「宮中の事は木戸が
    引き受ける。政府の方は重光の方で引き受ける。時期が来たら
    鶴の一声で終戦を実現しよう。その時期は常時連絡して見定め
    よう」「鶴の一声」とは、陛下による御聖断である。

     重光は、東条、小磯内閣と外相を続けたが、昭和20(1945)
    年4月7日に鈴木貫太郎内閣が登場して、外相を辞任した。7
    月26日、米英中3国首脳によるポツダム宣言が発せられた。
    これを国体護持の条件のみで受諾しようとする外務省案と、さ
    らに軍隊の自主的撤兵など3条件を付加しようとする軍部案の
    間で、決着がつかずにいた。

     重光は、いまこそ「鶴の一声」の時期と考えて、木戸内大臣
    に会い、「陛下の勅裁によって、国体護持の条件のみでポツダ
    ム宣言を受託すべきだ」と述べた。木戸は「すでに陛下の勅裁
    でようやく平和終戦の途がついたのに、さらにその措置につい
    てまで勅裁を求めるのでは、政府や外務省は何をしているのか」
    と不機嫌だった。重光は言った。

         君の言うことはもっともだが、このまま帰るわけには行
        かぬ。軍部の意向をくつがえすことができぬからだ。これ
        をくつがえすには勅裁しかない。それも今日の場合はすで
        に土壇場に来ている。日本の運命を決する最後の線に立っ
        ているわけである。政府内閣の出来ぬところを陛下にお願
        いして日本の運命を切り開きたいのである。[1,p161]

     木戸は納得して、すぐに陛下に拝謁し、「陛下は万事御了解
    で、非常な決心でいられる。君らは心配ない」と言った。その
    言葉通り、御前会議が開かれ、御聖断によって、ポツダム宣言
    受諾が決定された。[a]

■2.降伏文書の調印役■

     停戦の実現した8月15日、鈴木内閣は総辞職し、皇族の東
    久邇宮稔彦王(ひがしくにのみや なるひこおう)が後を継が
    れた。東久邇宮は陸軍大将でもあり、皇族軍人として軍の動揺
    を抑えるには最適な人物だった。この内閣で重光は再び、外務
    大臣に任ぜられた。

     内閣の最初の仕事は、降伏文書の調印であった。しかし、日
    本の長い歴史でも初めての不名誉な文書に名を留めるという屈
    辱的な役割を誰もが避けようとしていた。

     結局、天皇のご意向で政府の代表として重光外相、軍部代表
    として梅津美治郎(よしじろう)陸軍参謀総長が選ばれた。重
    光はこの歴史的大任を果たすに当たっての覚悟を、次のように
    天皇に申し上げた。

         帝国今日の悲境は、帝国の統治が明治以来一元的に行わ
        れてこなかった点にあります。一君万民は日本肇国(ちょ
        うこく、建国)以来の姿でありますが、いつの間にか一君
        と万民の間に軍部階級を生じ、陛下の御意は民意とならず、
        民意は枉(ま)げられ、国家全体の十分関知しない間に日
        本は遂に今日の悲運に遭遇しました。

         ポツダム宣言の要求する民主主義は、我国本然の精神に
        合するもので、今日はその完成に邁進すべき時に到達しま
        した。[1,p168]

     天皇は「外務大臣の言葉は完全に自分の意に叶うものである。
    その精神で使命を果たしてもらいたい」と力強く言われた。
    
■3.「敵艦の中にたたずむひと時は」■
    
     9月2日、降伏文書調印式に向かう前に、重光は次の2首を
    詠んだ。

        ながらへて甲斐ある命今日はしもしこ(醜)の御盾(みた
        て)と我ならましを
            (爆弾事件から生き残って甲斐ある命である。今日は
              国家・皇室を守る強い盾と我はなりたい。)
        
        願はくば御国の末の栄行き吾名さげすむ人の多きを
            (願わくば日本の行く末が栄て、降伏文書などに署名
              した私の名を蔑む人が多いことを)

     9時10分前、横浜港外30キロに停泊中の米戦艦ミズーリ
    に到着。小艇から長い急なタラップを登るのは、右足義足の重
    光にとっては難儀だった。

     甲板には大勢の水兵や新聞記者、カメラマンが立錐の余地も
    ないほど立ち並んでいた。40センチ主砲の砲身にまたがって
    鈴なりになっている水兵たちもいる。好奇と憎悪の視線が一斉
    に重光らに注がれた。

        敵艦の中にたたずむひと時は心は澄みて我は祈りぬ

     9時ちょうどにマッカーサーが現れて、「自由と寛容と正義」
    を求める武人らしい簡潔な演説をした。満座の中で痛烈な侮辱
    を与えられることも覚悟していた重光一行の随員の一人は「暗
    夜に一条の光明を見る思ひ」がした、と後に述べている。

     その後、重光が杖をついて進み出て、降伏文書に署名した。
    連合国の代表たちが署名を済ませる間、炎暑の日差しを浴びな
    がら、シルクハットとモーニング姿の重光は、杖を頼りに立ち
    つくしていた。

     東京に戻って、天皇に無事の署名完了を報告すると、陛下も
    安心された。そして、階段の上り下りに支障はなかったか、と
    重光の身を気遣われた。

■4.マッカーサーとの直談判■

     皇居から戻って、休養していた重光に、緊急の情報がもたら
    された。占領軍司令部が軍政を敷き、直接統治するという布告
    を発したというのである。

    「それはいかん!」と重光は大きな声を出した。占領軍と国民
    との間を調整する日本政府が機能を失っては、重大な摩擦を生
    ずるかもしれない。御聖断により、なんとか終戦にこぎつけて、
    まだ3週間しか経っていないのだ。

     翌朝7時半、重光はマッカーサーに会って、握手もせずに直
    談判を始めた。重光は練達の外交官らしく、法理論と実務の両
    面から軍政反対を説いた。[b]

     法理論的には、ポツダム宣言は明らかに日本政府の存在を前
    提としており、軍政を敷くことは宣言を超えるもので、日本が
    受諾したことではない。したがって、軍政によって生ずる困難
    な事態はすべて占領軍の責任となる。

     実務面では、昭和天皇は戦争を回避しようと最大限に務めて
    こられ、今はポツダム宣言を忠実に履行しようとされている。
    その天皇が指名する日本政府を通じて、占領政策を実行するこ
    とが、最も有利である。

     重光の話を聞きながら、マッカーサーの表情はほころんでいっ
    た。剛直直截な重光の態度を、気に入ったようだ。「よく分かっ
    た」と言い、すぐに軍政施行の発令を中止するよう命じた。そ
    して占領下で問題となる諸点の解決案を作成して貰いたい、と
    依頼した。重光はこれを諒解し、さらに国民生活に必要な物資
    を製造する工場の操業を許して貰いたい、と要望し、許可を得
    た。

     会談後、官邸に戻ると、宮中から「遅くなっても差し支えな
    いから、マッカーサー元帥との会談の模様を聞きたい」とのお
    召しがあり、重光は夜7時半に参内して、会談内容を上奏した。
    陛下は軍政の中止を非常に喜ばれ、「それはよかったね!」と
    何度も繰り返された。重光は一途に国内の安定を願われる天皇
    の御心を偲んで、目頭が熱くなった。
    
■5.ソ連の意趣返し■

     昭和21年4月29日、戦後初めての天長節(天皇誕生日)。
    14年前のこの日、重光は上海で爆弾事件に遭遇し、片脚を失っ
    た。それを思い起こしていると、電話が鳴って、重光を戦争犯
    罪容疑で収監するという。まもなく若い米人検事と大男の憲兵
    がやってきた。

     重光は軍用ジープで運ばれながら、「平和と国交の維持に専
    念してきた自分が、なぜ戦争犯罪人として収容されねばならな
    いのか」と自問した。収容された巣鴨プリズンでは、共に対中
    平和外交を進めた広田弘毅元首相もいた。

     5月29日、アメリカ人弁護人ファネス少佐がやってきて、
    「米国検事は重光に対して拘束はおろか、なんら起訴の理由を
    発見していない」と述べた。さらに「ソ連は一回も尋問せずし
    て起訴したのは不当である、と論ずる者がいる」とも教えてく
    れた。

     重光は昭和13年7月にソ連軍の侵入によって勃発した張鼓
    峰事件を駐ソ大使として交渉し、無事に収拾させたが、相手側
    のソ連外相リトヴィニョフが重光を逆恨みして、8年後の今、
    意趣返しに出たらしい。

     後日、キーナン主席検事が弁護人に宛てた書簡には、検事個
    人としては重光の起訴に反対であったが、裁判では無罪になる
    と信じていた、と認(したた)めてあった。
    
■6.「無限の誇りと愉快」■

     8月6日、日華事変審理の段階で、米人新聞記者パウエルが
    証言台に立った。パウエルは重光を指さすと、「ミスター重光
    が被告席にいるのはまことに不思議である。重光公使は上海に
    おいて、つねに各国代表と共同して事変の早期処理に努力し、
    ついに停戦協定に持ち込んだ」と弁護した。

     12月3日、法廷は重光の審理に入った。ファネス弁護人は、
    アメリカ大使デーヴィス、英国大使クレーギー、スウェーデン
    公使バッゲなどの口述書を朗読した。いずれも重光の平和を求
    める努力を明らかにしていた。唯一、ファネスの弁護に挑戦し
    たのはソ連検察官のみであった。

     重光は、欧米人の間にも多数の思いがけない支持者がいるこ
    とを知って、「無限の誇りと愉快」を感じた。

■7.「平和に対する罪」■

    昭和23(1948)年11月12日、判決が下された。重光は7
    年の禁固刑に処せられた。重光を有罪とした「平和に対する罪」
    の中には「ソビエトに対する張鼓峰事件の遂行」という項目が
    あった。張鼓峰事件はソ連軍の侵攻から始まったのであり、重
    光はそれを外交官として大事に至る前に収拾したのである。そ
    れが「平和に対する罪」とされていた。

     米人将校たちも「驚いた。貴下の無罪は何人も疑わないとこ
    ろであった」と憤慨した。重光を有罪とした一点のみでも、東
    京裁判の「復讐裁判」たる本質が窺われる。

     昭和25(1950)年11月21日、重光は巣鴨から仮釈放され、
    4年7ヶ月ぶりに自宅に戻った。重光の仮釈放にはソ連と中共
    から抗議があった。驚くべき執念深さというほかはない。
    
■8.「高くかかげし日の丸の旗」■

     昭和29(1954)年12月、戦後7年間にわたって政権を担当
    した吉田茂に替わって、鳩山新内閣が発足すると、重光は外相
    兼副首相として、ふたたび日本外交を指導する立場に立った。

     昭和31(1956)年12月18日、国連総会は全会一致で日本
    の国連加盟を承認し、重光が日本政府を代表して、受諾演説を
    行った。その結びは次のようなものだった。

         わが国の今日の政治・経済・文化の実質は過去1世紀に
        わたる欧米及びアジア両文明の融合の産物であって、日本
        はある意味において東西のかけ橋となり得るのであります。
        このような地位にある日本は、その大きな責任を充分理解
        しておるのであります。私は本総会において、日本が国際
        連合の崇高な目的に対し誠実に奉仕する決意を有すること
        を再び表明して、私の演説を終わります。

     ハマーショルド国連事務総長が、「深く感動した」といって
    握手を求めると、重光はいかにも満足そうであった。演説の草
    稿の仕上げを手伝ってくれた初代国連大使・加瀬俊一の手を堅
    く握って、「有り難う。もう思い残すことはないよ」と語った。

     日本の国連加盟が承認され、本部前に初めて日の丸が掲揚さ
    れた。

        霧は晴れ国連の塔は輝きて高くかかげし日の丸の旗
        
■9.「四方の海みなはらから(同胞)と思ふ世に」■

     重光が帰国したのは12月25日で、それからわずか一ヶ月
    後の翌年1月26日、己の天職を全うしたかのように、重光は
    卒然として世を去った。享年69歳。

     重光の足跡を振り返ってみると、第一次上海事変での停戦実
    現、ソ連との張鼓峰事件の収拾、三国同盟反対、中国を独立国
    として扱い支援と友好を図った対支新政策、アジア各国の独立
    と共栄を願う大東亜宣言、終戦工作、と常に世界各国との友好
    と平和を実現しようとする外交活動に一心に取り組んできた。

    「四方の海みなはらから(同胞)と思ふ世になど波風の立ち騒
    ぐらむ」との明治天皇御製を常に拝誦されてきた昭和天皇の大
    御心を忠実に体して、それを現実の国際外交に生かそうとして
    きた一生であったと言える。

     しかし、その「波風」はあまりにも激しく、「四方の海みな
    はらから」という理想はあまりにも遠かった。その身において
    も、上海で朝鮮共産党員から爆弾を投げつけられて片脚を失っ
    たり、ソ連の逆恨みから「戦争犯罪人」として4年7ヶ月も獄
    舎につながれたりもした。

     日本の国連加盟での受託演説は、一時的にではあっても「四
    方の海みなはらから」という理想を現出した舞台であった。外
    交官として国家国民の安寧と世界の平和のために捧げられた重
    光の一生を天は嘉して、最後の花道を与えたのであろう。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(101) 鈴木貫太郎(下)
    終戦の聖断を引き出した老宰相。
b. JOG(049) 終戦後の戦い
    日本はポツダム宣言の諸条件を承認して降伏したのに、いつ
   のまにか、それらは骨抜きにされ、条件があった事すら、検閲
   により忘れさせられた。 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 渡辺行男『重光葵―上海事変から国連加盟まで』★★★、
   中公新書、H8
2. 豊田穣『孤高の外相 重光葵』★★、講談社、H2

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「重光葵(上・下)」に寄せられたおたより

                                           ハドソンさんより
     こんにちは、僕は近畿に住む高校生です。

     重光葵は教科書には名前しか出ない人物です。その人物が、
    テロにより右足を失ったり、ソ連との紛争の解決及び終戦直後
    の日本のためにに尽力したことを初めて知りました。このよう
    な話を聞くたびに「日本人に生まれてよかった」と思えるよう
    になりました。

     戦後自虐史観は僕の学校でもはびこっています。近代史では
    日本の学校なのに日本が完全な悪者扱いです。そういう自虐的
    な授業を受けたらやはり落ち込んでしまいますが、そうなった
    時にこのJOGを読むと、「ああ、まだまだ日本も捨てたものじゃ
    ないな。」と思えます。

     伊勢さん、次のJOG、楽しみにしてますよ!

■ 編集長・伊勢雅臣より

     ご声援ありがとうございます。立派な国際派日本人となるべ
    く、頑張ってください。 

© 平成19年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.