[トップページ][平成19年一覧][人物探訪][210.762 戦後:東京裁判]

■■ Japan On the Globe(522)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

          人物探訪: 岡田資中将の「法戦」
    
                    米軍の日本空襲は戦争犯罪であることを、
                   岡田中将は自らの戦犯裁判で認めさせた。
■転送歓迎■ H19.11.11 ■ 35,676 Copies ■ 2,681,586 Views■

    
■1.「私は必ず法戦には勝ってみせる。判決は御勝手にだ」■

     戦争末期に米軍はB29によって本土各地を爆撃したが、そ
    の中には日本軍によって撃墜され、パラシュート降下した搭乗
    員が少なからずいた。岡田資(たすく)元陸軍中将は、東海軍
    管区司令官として降下搭乗員38名を「無差別爆撃を行った戦
    争犯罪人」として処刑した。

     連合軍側はこれを「捕虜の不法処刑」とし、昭和23(1948)
    年1月、岡田中将以下の責任を問う裁判が、横浜の連合軍軍事
    裁判所において始まった。

     岡田中将は、「米軍の不法を研究するに従い、之は積極的に
    雌雄を決すべき問題であり、わが覚悟において強烈ならば、勝
    ち抜き得るものである」と判断した。そしてこの裁判を「法戦」
    と称した。武力では負けても、正義を賭けた法の上での戦いを
    続ける、という覚悟である。

    「法戦は身の防衛に非ず、部下の為也、軍の最後を飾らんこと
    を」。岡田中将は処刑の判断責任はすべて自分にあるとして、
    一緒に起訴された19名の部下たちを救おうとした。さらに、
    搭乗員の処刑は「無差別爆撃を行った戦争犯罪人」への処置と
    して正当であったことを立証して「軍の最後を飾らん」ことを
    願ったのである。岡田中将は、次のように家族への手紙に認め
    ている。

         私は必ず法戦には勝ってみせる。判決は御勝手にだ、之
        は米軍にても都合のある事ゆゑ。[1,p151]

■2.フェザーストン博士■

     法戦に立ち向かう岡田中将に、力強い味方が現れた。主任弁
    護人を務めるフェザーストン法学博士であった。博士は50歳
    近い、恰幅の良い巨躯をダブルの背広に包み、穏やかな笑顔で
    話す紳士だった。博士は弁護人として、敵味方とは無関係に、
    被告を弁護することに全力を傾けた。その公正な姿勢は日本人
    に深い感銘を与えた。

     フェザーストン博士は、まず米軍の爆撃が民間人に対する無
    差別攻撃として戦争犯罪にあたることを立証しようとした。

     検察側は、名古屋の軍需産業の70パーセントは市内に散在
    する下請け工場であり、名古屋市の爆撃はそれらに対する正当
    な攻撃で、民間人への無差別攻撃には当たらない、と主張した。

     フェザーストン博士は「証拠無しにものを言うのはやめて貰
    いたい」として、当時の軍需管理局の管理者二人を呼んで、証
    言をさせた。二人は、下請け工場は住宅地区とは別の工場地帯
    にあったこと、市内の家内工業では軍需生産は一切行われてい
    なかったことを明らかにした。

■3.逃げまどう女子どもたちを狙った米機■
    
     次いでフェザーストン博士は、空襲の被害者を何人も法廷に
    呼んで、それが無差別攻撃だった事を明らかにした。そのうち
    の一人に神戸市で孤児院の院長をしていたの水谷愛子さんがい
    た。水谷さんは、昭和20(1945)年3月17日夜の神戸空襲の
    模様を次のように語った。

     夜11時頃に警戒警報が鳴り、照明弾が落ちて、あたりは真
    昼のように明るくなった。他の機が焼夷弾を落とし、孤児院の
    建物にも火がついた。子どもたちを連れて、水谷さんは近くの
    親和女学院に避難した。

         しかし山から降りて来た人が、「ここ、危ないで」と言
        います。そこで子どもたちを下の宇治川の宇治橋に連れて
        行きました。みなを橋の下に入れましたが、人で一杯です。
        ・・・焼夷弾がまたあたりに落ち始め、火を消すのに大わ
        らわでした。幾組かの母子が焼死しました。[1,p100]

     照明弾で真昼のように明るくなれば、逃げまどう子どもたち
    の姿もはっきり見えたはずである。米機が女子どもと知りつつ、
    焼夷弾を落としたのは明らかだった。

     日本人弁護人の記録によれば、この時、法廷は「しーん」と
    静まりかえったらしい。
    
■4.大量殺戮を狙う爆撃の残虐性■

     フェザーストン博士は、無差別爆撃について、岡田中将の意
    見を聞いた。中将は、軍人らしく爆撃の具体的な方法を詳しく
    論じた。

     まず爆撃予定地を包囲的に爆撃して炎上させ、それからさら
    に幾つかの爆撃地区に分割し、住民がそこの地区から逃げ出さ
    ないように、焼夷弾、小型爆弾、機銃掃射をまぜて全員殺戮の
    方法をとった。その残虐性を、岡田中将は指摘した。

     この方法は、昭和20(1945)年3月10日、東京の江東地区
    で行われ、一晩で10万人近い死者を出した。名古屋市でも同
    じ方法がとられ、5月14日の最大規模の爆撃では、市の北部
    80パーセントが焼失し、死傷者948名、全焼2万3千余軒、
    罹災者は6万5千人近くに及んでいる。

     フェザーストン博士は、岡田中将への尋問で、こう聞いた。

        問: すると搭乗員は戦犯容疑者になりますが、無差別爆
            撃の違法性について、どうお考えですか。

        答: 彼等がどんな命令を受けていたか、私にわかるわけ
            がありません。しかし彼等は事実上無差別爆撃を行っ
            たのであるから、その行為において、非合法である。

        問: 彼等を戦犯容疑者として扱ったことについて、何か
            言うことはありませんか。

        答: 降下搭乗員を捕虜として扱わず、戦犯容疑者として
            扱うのは、上司の示達です。そして私自身爆撃の実情
            を見て、正しいと信じました。
    
■5.脅迫の宣伝ビラ■

     岡田中将は、米空軍がその非人道性を自覚しながら爆撃を行っ
    ていた証拠として、米軍が投下した宣伝ビラを挙げた。検事と
    の間で次のような尋問が展開された。

        問: 証人(岡田中将)は・・・航空機がばらまいた宣伝
            ビラのことを言った。これは日本国民を脅かすためだ
            と言うが、これから始まる爆撃のきびしさの警告では
            ないのか。

        答: ・・・ビラのあるものには、焔を吹く家や、子供が
            右往左往して親を捜し求める絵がかいてあった。「こ
            わければ戦争をやめろ」と文句がついていた。ほかの
            ものには、もっと口汚い諷刺が書いてあった。これは
            避難警告ではなく脅迫である。

        問: このビラを運んだ搭乗員が事実上、戦争犯罪を犯し
            たと言ったが、戦意喪失をくわだてたのが戦争犯罪か。

        問: そうではない。このビラを運んだ搭乗員、もしくは
            サイパンの基地で、それを読んだ者も、当時の日本へ
            の爆撃方法が、非人道的であることを自覚していただ
            ろう、という意味だ。

        問: 搭乗員はアメリカ空軍の命令によって、それを日本
            で撒いたとは思わないか。搭乗員が自分でビラを作っ
            て撒いたとでも思ったのか。

■6.「人道に反するのを自覚していたかどうか」■

     検事は、爆撃が非人道・非合法であった事については、もは
    や争うことを諦めてしまったようだ。しかし、その責任は無差
    別爆撃を命令したアメリカ空軍にあり、実行した搭乗員にはな
    い、その搭乗員を戦争犯罪者として処刑したのは不法であると
    する論法をとった。この論法を岡田中将は、次のように一蹴し
    た。

        答: ビラ撒きは、最初のB29爆撃と同時にはじまって
        いた。誰がビラを刷ったか、問題ではない。その絵に描か
        れていることが、人道に反するのを自覚していたかどうか
        ということである。そして事実、その行為を犯した。問題
        は爆撃を実行したということだ。

     搭乗員も無差別爆撃の残虐性、非人道性を自覚しながら、実
    行したのなら、「単に命令に従っただけだから無罪」とは言え
    なくなる。

     無差別爆撃が戦争犯罪であると追求する岡田中将と、命令を
    実行しただけの搭乗員は無罪だと弁護する検事の論戦は、あた
    かも原告と被告の立場が逆転したような趣となった。

     こうした尋問を通じて、米空軍が無差別爆撃という戦争犯罪
    を犯したのだ、という事実は法廷の前で明らかにされていった。
    岡田中将の法戦は勝ちつつあった。
    
■7.すべての責任をとる■

     岡田中将の法戦には、もう一つの目的があった。部下たちを
    救うことである。処刑の命令を誰が出したか、が問題になった
    時、フェザーストン博士は岡田中将にこう尋問した。

        問: 6月28日頃、11人の搭乗員が略式手続きで処刑
            された時、あなたが命令を出した憶えがありますか。

        答: 覚えています。

     フェザーストン博士は「命令書か、口頭か」と問い、中将が
    「口頭です」と答えると、さらに「その時、使った言葉を覚え
    ていますか」と聞いた。ここではっきり「処刑を命じた」と答
    えられては、中将の責任は逃れられなくなる。弁護人としては、
    曖昧な答えを期待していた。ところが、岡田中将はこう断言し
    た。

         私は大西(大佐)に言った。(略式手続きを取るという
        大西大佐の)説明はよくわかった。処刑するよりしようが
        ないようだ。処刑しろ。いま思い出しました。「なるべく
        早く」という言葉を使った、と思う。[1,p130]

     また処刑は、軍刀による斬首で行われた。それを立案した伊
    藤少佐と、その実行を命じた米丸副官を救うべく、岡田中将は
    こう弁護した。

         私は職務上、結論だけを命ずる。実行の具体的手段は、
        部下が考案する慣習です。従って、伊藤ケースにおける軍
        刀使用も伊藤法務少佐が立案し、米丸副官が命じ、という
        ことになる。・・・従って、軍刀使用の命令が米丸から出
        たにしても、その実質において司令官が言いつけたのと同
        じである。

     こうした態度から、岡田中将がすべての責任を取ろうとして
    いることが、誰の目にも明らかになってきた。

■8.法廷への感謝■

     部下をかばうために、すべての責任を負ってしまう岡田中将
    の態度は、検察側の心も動かしていた。中将の尋問の終わりに、
    次のような質問をして、刑を軽減する最後のチャンスを与えた。

        問: さて6月26日に伊藤少佐が(調書を持って)あな
            たの部屋に来たときに、搭乗員が有罪で、死刑に処す
            べきだ、とのヒントを出したのはどっちですか。伊藤
            があなたからヒントを得たか、あなたが伊藤からヒン
            トを得たか。

        答: ヒントは誰から与えられたものではない。私が自分
            で考えて、自分にヒントを与えたのです。

     岡田中将は検察から与えられたチャンスも返上した。そして
    最後に自ら発言の許可を求めた。

         市ヶ谷のA級戦犯法廷においても、当横浜法廷における
        他のB・C級ケースにおいても、われわれはこれほど自分
        の感情を述べる機会を与えられなかった。米空軍の内地爆
        撃問題に就いては、被告から十分に言う機会が与えられな
        かった。この点において極めて寛大な処置を執ってくれた
        のは、此の法廷が初めてであると思う。・・・

         日本人同胞も此の寛大なる法廷の状況を、間もなく聞く
        でしょう。そして感謝の気持ちを持つであろう。その感謝
        の気持ちは、両民族、米国を兄とし日本を弟としての心か
        らの結合に非常なる役割をするものであると思う。
        [1,p178}
    
■9.静かな微笑■

     昭和23(1948)年5月19日、判決が下された。岡田中将は
    死刑の判決を、頷きながら聞いた。「判決は御勝手にだ、之は
    米軍にても都合のある事ゆゑ」と言ったように、本国の手前、
    有罪判決を行い、後はケース毎に減刑処置を行う、というのが、
    「米軍の都合」だった。

     果たして岡田中将の助命嘆願が殺到した。かつて宮付武官と
    して仕えた秩父宮や、その他の身内や関係者ばかりでなく、フェ
    ザーストン博士や、検事、そして判決を下した5人の裁判委員
    のうちの2人までから嘆願書が寄せられた。岡田中将は、人々
    の厚意に感謝しつつも、「日本軍人らしく日本軍隊らしく終始
    せる」事を祈っており、情けをかけられる事を好まなかった。

     一方、部下たち19名は大西大佐の終身刑から、最も軽い者
    でも10年の刑が宣告された。岡田中将はスガモ・プリズンで
    処刑を待つ間にも、「部下には罪はない、刑を軽減してほしい」
    との請願を続けた。結局、10年の刑を受けた13名は、翌年
    3月に釈放され、他の人々も大西大佐の昭和33年釈放を最後
    に、すべて社会復帰が許された。「部下を救う」という岡田中
    将の第2の目的も果たされたのである。

     スガモ・プリズンでは、岡田中将は30人ほどの青年死刑囚
    を相手に「必ず減刑になるから」と励まし、将来の日本を背負っ
    て立つよう、自らの信仰する日蓮宗をもって教育した。

     昭和24(1949)年9月15日夜10時、死刑執行のための呼
    び出し人が岡田中将の独房にやってきた。すべてを自分の責任
    と証言した中将には、減刑の余地がなかったようだ

     青年死刑囚たちは連れ出される岡田中将の姿を見て、「アッ」
    と声をあげた。中将は一言「君達は来なさんなよ」と言った。
    「閣下、後は御心配なく」の声に「うむ」。中将の静かな微笑
    に無限の慈悲を感じたという。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(059) パール博士の戦い
    東京裁判で全員無罪を主張
b. JOG(121) 笹川良一(上)
    獄中の東条英機に命をあきらめて国家を弁護せよと叱咤した
   男 
c. JOG(122) 笹川良一(下)
    東京裁判での罪なきBC級戦犯釈放に奔走

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1.大岡昇平『ながい坂』★★、新潮社、S57 


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「岡田資中将の『法戦』」に寄せられたおたより

                                            Gorillaさんより
     今号をを拝見し、頭に浮かんだのは、私の母親の事でした。
 
     私の母親は、昭和12年に現在の岩手県釜石市に産まれまし
    た。母親が満8歳を迎える一月前の7月4日(及び8月9日)
    に製鉄所があった釜石は、連合軍の空襲と艦砲射撃を受けまし
    た。

     その時、母親は家の裏山の開けた峰に居たところ、艦載機の
    機銃掃射を浴びたのです。機銃弾が頭上をかすめる「ヒューン
    ヒューン」という恐ろしい飛翔音は、戦後60年を過ぎた今で
    も忘れられないそうです。(幸い命中せずには済みました。) 
    製鉄所とは数十キロも離れた住宅地の裏山、10歳にも満たな
    い幼児に機銃掃射を浴びせた米軍兵は、何を想っていたのでしょ
    うか。母は私に言いました。「余った弾を持って帰るのが面倒
    だったんだろう。」

     あの時代、間違っていたのは日本人ばかりでは無かったので
    す。このような話は幾らでもあったはずです。なぜ、日本人の
    行為のみが非難され、戦勝国の蛮行には目をつむるのでしょう
    か。それでは『戦争』の本当の恐ろしさ/悲惨さを子供達に教
    える事はできません。

     少なくとも、この体験談を語り継ぐとともに、伊勢さまのメ
    ルマガも活用させて頂きながら、我が子らにはしっかりした教
    育をしなくてはと、改めて考えてさせられました。


                                     富士山2000さんより
      岡田資中将の責任の取り方に感銘を受けました。今の企業
     の不祥事、それに対する責任の擦り合いを見て、嫌気がさし
     ておりましたが、「ここに日本人あり」と心打つものがあり
     ました。

      今後、知られざる歴史の事実、後世に伝えたい真実の報道
     を期待します。

                                               栄舟さんより
      今回の内容を見ても、世界に正義が存在するのか疑問に思
     います。東京裁判では、被告(所謂戦犯)は真実を述べている
     にも関らず、それに正対しない裁判が横行ました。検事と裁
     判長が同一人物という裁判にもならない事態が平然と正式に
     進み、それが事実として定着しています。国際政治の理想と
     現実のギャップは、いつ解決するのでしょうか?

      なお、「岡田資氏」をテーマにした映画が2008年3月
     1日に公開されます。公式オフィシャルサイトは、次の通り
     です。     http://ashitahenoyuigon.jp/

■ 編集長・伊勢雅臣より

     岡田中将の映画が製作されているとは知りませんでした。
    楽しみに公開を待ちたいと思います。
 

© 平成19年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.