[トップページ][371.6 教育改革]

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

                  モンスター・ペアレント

                                                   伊勢雅臣
■転送歓迎■ No.1310 ■ H19.07.09 ■ 8,886 部 ■■■■■■■

     学校関係者を中心に、「モンスター・ペアレント」という造
    語が広がっている。非常識な要求を持ち出して、学校や教育委
    員会を悩ませる「怪物のような親」という意味である。

     その代表例は、お金がないわけではないのに給食費を払わな
    いケースだが、さらにすごいのは、学校に対してこんなクレー
    ムをつける親だ。「なぜうちの子が集合写真の真ん中ではない
    のか」「子供がけがをして学校を休む間、けがをさせた子も休
    ませろ」「子供から取り上げた携帯代を日割りで払え」。

     モンスター・ペアレントとは、結局、ゆとり教育や人権教育
    で、まともな規律や社会常識を教えられなかった子供達が、成
    人して親になった姿だろう。こういうモンスター・ペアレント
    の子供が、モンスター・チャイルドになる可能性が高いとした
    ら、その影響は数世代も続く。教育は国家百年の計と言うが、
    逆に誤った教育の影響は百年続くのである。

     気の毒なのは、問題生徒や問題教師だけでなく、こんなモン
    スター・ペアレントにも対応しなければならなくなっている学
    校の管理者だ。

     こうしたモンスター・ペアレントには、ゼロ・トレランス方
    式(絶対不寛容)で、非常識な要求は一切聞かないで突っぱね
    る、というのが原則だろう。

     東京都港区教育委員会は、弁護士と契約して校長らの相談窓
    口を作った。また、モンスター・ペアレントから訴えられるケ
    ースを想定して、保険に入る教職員も増えている、という。

     こうした動きを組織的に整備する必要がある。まずは、すべ
    ての学校と教職員には、訴えられた場合の保険を教育委員会と
    してかけておく。さらに各教育委員会にモンスター・ペアレン
    トへの対応スペシャリストを置き、校長らの手に余るケースに
    対応させる、というのが、良いのではないか。名付けて「モン
    スター・ペアレント・バスターズ」。企業で総会屋対策をやっ
    てきた人がうってつけだろう。

■リンク■
a. JOG(504) 厳格な躾けで蘇ったアメリカの学校教育
    ブッシュ大統領は「われわれは進むべき道を知っている」と
   教育再生を呼びかけた。

■参考■
1. 産経新聞「社説 非常識に寛容すぎないか」、H19.06.19 

© 平成19年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.