[トップページ][平成20年一覧][Common Sense][320 法律]

■■ Japan On the Globe(577)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

         Common Sense: 本村洋
                      〜 日本の司法を変えた3300日の戦い 〜

                       「僕は殺めた命に対して、命をもって償
                         うのはあたりまえだと思っています」
■転送歓迎■ H20.12.14 ■ 38,865 Copies ■ 3,012,462 Views■


■1.「私がこの手で殺します」■

     平成12(2000)年3月22日、山口地裁から通りを隔てた
    山口県林業会館に設けられた記者会見場に姿を現した青年は、
    すさまじい怒りを込めて、こう言い放った。

         司法に絶望しました。控訴、上告は望みません。早く被
        告を社会に出して、私の手の届くところに置いて欲しい。
        私がこの手で殺します。[1,p132]

     青年の名は、本村洋氏。前年4月に妻・弥生さんと11か月
    の長女・夕香ちゃんを残虐な手口で殺害した被告F(当時18
    歳)の裁判[a]で、無期懲役の判決が出た事に対する怒りだっ
    た。少年の無期懲役なら、わずか7年で仮釈放される権利を得
    る。

     Fはサンダルをペタペタさせて法廷に現れ、弁護人に促され
    て、ようやく「遺族の方には申し訳ないことをしました」と無
    表情のまま取って付けたような「謝罪」の言葉を述べた。

     それを渡邉了造裁判長は「被告人なりの一応の反省の情が芽
    生えるに至った」と評価し、過去の事例を数多く紹介して、被
    害者が二人の場合は無期懲役が妥当であることを示唆した。本
    村さんは「この判決は無期懲役判決を下すための口実ばかり探
    している」と思った。

     その予想どおり、裁判長が無期懲役の判決を下した後、Fに
    向かって「分かりましたか」と声をかけると、Fは「ハイ、わ
    かりました」と元気に答えた。殺された弥生さんの母親のすす
    り泣きが法廷に響いていた。

     裁判長は加害者には声をかけても、被害者には慰めの言葉一
    つもなかった。「日本の裁判は狂っている」と本村さんは思っ
    た。その「日本の裁判」に対する絶望が、「私がこの手で殺し
    ます」という発言になったのである。

■2.「司法を変えるために一緒に戦ってくれませんか」■

     記者会見の後、本村氏は吉池検事の部屋に入った。銀縁の眼
    鏡をかけ、普段は穏やかでクールな吉池検事が、突然、怒りに
    震えた声で話し始めたので、本村さんは息を呑んだ。

         僕にも小さな娘がいます。母親のもとに必死で這ってい
        く赤ん坊を床に叩きつけて殺すような人間を司法が罰せら
        れないなら、司法は要らない。こんな判決は認めるわけに
        はいきません。

         こんな判決を認めたら、今度はこれが基準になってしま
        う。そんなことは許されない。たとえ上司が反対しても私
        は控訴する。百回負けても百一回目をやります。これはや
        らなければならない。本村さん、司法を変えるために一緒
        に戦ってくれませんか。[1,p135]

     この言葉から、本村の頭には「使命」という言葉が浮かんだ。
    「司法を変える」、それが自分に課せられた「使命」ではない
    のか。それこそが妻と娘の死を「無駄にしない」ことではない
    のか。

    「司法を変える」という吉池検事の言葉は、半年ほど前に犯罪
    被害者の集まりで岡村勲弁護士から聞いた話に通じていた。岡
    村弁護士も夫人を殺害された犯罪被害者だった。「事件が報道
    されても、犯人の実名さえ報じてくれません」と涙ぐみながら
    語る本村さんに、岡村弁護士はきっぱりとこう語った。

         本村君。それは法律がおかしいんだ。そんな法律は変え
        なければいけない。[1,p107]

     この集まりから「全国犯罪被害者の会(あすの会)」が始まっ
    ていった。

■3.「本村さんの気持ちに応えなければならない」■
    
     吉池検事の部屋を出た後、本村さんは宇部空港から、羽田に
    飛んだ。テレビ朝日の「ニュースステーション」が今日の判決
    に関して、生出演してくれないか、と要請していたのである。
    「使命」という言葉が浮かんでから、テレビを通じて自分の主
    張を社会に届けるのも、犯罪被害者たちのためだ、という決心
    がついたのである。

     その夜10時半からスタートした「ニュースステーション」
    に本村さんは生出演した。昼間の記者会見の昂ぶりが消えて、
    本村さんは自分の「使命」を意識して、一生懸命に語った。

         今の刑事訴訟法の中には、私が読む限りでは、被害者の
        権利という言葉は、ひと言もなくて、被害者が出来ること
        は、何も書かれていないんですよね。結局、国家が刑罰権
        を独占しているんで、強い国家が弱い被告人を裁くという、
        で、弱い被告人には権利をたくさん保障してあげましょう
        という構図が見えて、そこから被害者が、ポツンと置き去
        りにされているんですね。

         ですから(法廷に)慰霊を持ち込むことにしても、駄目
        です、と言われる。[1,p141]

     反応はすぐに現れた。記者団に囲まれた小渕恵三総理がこう
    語った。

         無辜(むこ)の被害者への法律的な救済が、このままで
        いいのか。本村さんの気持ちに政治家として応えなければ
        ならない。

     この11日後に小渕首相は脳梗塞で倒れ、5月14日に亡く
    なるのだが、息を引き取る二日前に「犯罪被害者保護法」「改
    正刑事訴訟法」「改正検察審査会法」が国会を通過した。これ
    で刑事裁判を傍聴することしかできなかった犯罪被害者に、法
    廷での意見陳述が認められることになる。本村さんたち犯罪被
    害者の声は、確実に司法を変えつつあった。
    
■4.本村さんに頭を下げた裁判長■

     1審判決から半年後の平成12(2000)年9月7日、広島高裁
    で控訴審が始まった。吉池検事の「こんな判決は認めるわけに
    はいきません」との言葉通り、検察と警察の捜査官は凄まじい
    執念を見せた。Fが拘置所内で手紙を出した相手を一人ひとり
    尋ねて歩き、その手紙を見せて欲しいと頼んだ。その中にはF
    の本音が出ていた。二人の人がFからの手紙を提供することに
    同意し、それが証拠として裁判に提出された。そこにはこんな
    一節もあった。

         犬がある日かわいい犬と出合った。・・・そのまま「やっ
        ちゃった」、・・・これは罪でしょうか。[1,p152]

     検察はこれらの手紙を手に、「Fは、本件犯行を犬の交尾に
    譬(たと)えている」と厳しく糾弾した。検察も警察も、この
    まま正義が負けてたまるか、という凄まじい闘志でこの裁判に
    立ち向かっていることを、本村さんはひしひしと感じた。

     2年半後の平成14(2002)年3月14日に出た控訴審判決は、
    やはり「無期懲役」であった。判決理由ではFの行為の残虐性
    を厳しく糾弾したが、「殺害は計画的なものとは言えない」
    「被告が更正する可能性がないとは言い難い」という理由から
    死刑にはならなかった。

     閉廷後、Fや弁護人、検察官たちが法廷から去った後も、重
    吉裁判長は席に座ったまま、じっと本村を見ていた。視線に気
    がついた本村が頭を下げると、重吉裁判長も本村さんに頭を下
    げ、ようやく満足したように席を立った。

     いろいろな裁判を取材してきた記者たちも見たことのない光
    景だった。重吉裁判長の目が、遺族に対して、不本意な判決を
    詫びているように見えた。最高裁が動かなければ、どうしよう
    もない、と、語っているようにも思えた。
    
■5.「だめ! こりゃいかん! 今すぐやろう!」■

     本村さんは「全国犯罪被害者の会(あすの会)」の幹事とし
    て、講演やシンポジウムに積極的に参加して、熱心に訴えた。

     そんな中、平成15(2003)年7月8日、本村さんは会を代表
    して、岡村弁護士らと共に、首相官邸で小泉純一郎総理と面会
    した。本村さんは加害者の権利ばかりに目を向ける刑事司法へ
    の疑問を語った。

         最初は、傍聴席にも遺族は満足に入れなくて、意見も言
        えませんでした。いろいろ悔しい思いをしました。刑事司
        法制度がもっと被害者寄りに変わらなければいけないと思っ
        ています。[1,p176]

     4人の犯罪被害者が語るそれぞれの思いが、小泉首相を動か
    した。「だめ! こりゃいかん! 今すぐやろう!」

     小泉首相の指示を受けて、自民党の司法制度調査会長の保岡
    興治代議士や法務省が中心となり、犯罪被害者を保護・救済す
    るための「犯罪被害者等基本法」が議員立法として成立したの
    は、翌年12月のことだった。

■6.「これを破棄しなければ著しく社会正義に反する」■

     平成18(2006)年3月14日、最高裁が開かれた。いや開か
    れようとしたが、前代未聞の出来事が起こった。二人の弁護士、
    安田好弘と足立修一が姿を現さなかったのである。その日、日
    弁連での研修用模擬裁判のリハーサルがあり、また準備期間が
    必要というのが理由だった。この日の開廷は4か月前に決まっ
    ていたというのに。

     濱田邦夫裁判長は5月一杯で退任が決まっており、なんとか
    それまで裁判を引き延ばそうという戦術であることは明らかだっ
    た。二人は「死刑反対派弁護士」で、いくつかの重大事件で被
    告の死刑を回避した実績を持つ。特に安田はオウム真理教事件
    で麻原彰晃の一審の主任弁護士を務め、無罪判決を勝ち取って
    いる(2審は逆転有罪)。全国的に注目を集めているこの事件
    で、加害者の人権のみを重んずる「抵抗勢力」の中心人物が、
    死刑判決を阻止しようと登場したのである。

     怒った濱田裁判長は、二人に異例の出頭在廷命令を出して、
    4月17日に最高裁弁論を開いた。二人の弁護人は「光るもの
    を持った被害者がFに襲いかかったので、押さえつけた」など
    と、全くの新主張を持ち出した。

     弁論は一回で終わり、6月20日、替わった上田豊三裁判官
    が判決を下した。「主文。原判決を破棄する。本件を広島高等
    裁判所に差し戻す」との判決主文だった。

     二人の弁護士の新主張は、「他の動かしがたい証拠との整合
    性を無視したもの」として一蹴され、高裁の無期懲役判決は
    「その刑の量定は甚だしく不当であり、これを破棄しなければ
    著しく社会正義に反するものと認められる」とされた。

    「著しく社会正義に反する」、これこそ本村さんが待ちに待っ
    た言葉だった。
    
■7.「人の命を奪ったものは、その命をもって償うしかない」■

     差し戻し控訴審は、再び広島高裁で、平成19(2007)年5月
    24日から始まった。犯行当時19歳だったFは、すでに26
    歳となり、身体も二回りも大きくなっていた。

     安田弁護士らは、Fが弥生さんを生き返らせるための「復活
    の儀式」として姦淫を行ったとか、押し入れはドラえもんのポ
    ケットでそこに殺した赤ちゃんを入れれば、ドラえもんがなん
    とかしてくれると思った、などと奇想天外なストーリーを展開
    した。

     こうした弁護に、弥生さんの母親・由利子さんは涙で途切れ
    がちながらも、こう述べた。

         ドラえもんが出てきたり、復活の儀式等と、娘と孫の命
        を粗末な言葉で振り回されて、あまりにも可哀想でなりま
        せん。被告人は退廷する時、私たち遺族を鋭い目で睨みつ
        けて行きました。二つの尊い命を奪い反省もなく、罪悪感
        が少しでもあれば、そんな態度はできるはずありません。
        [1,p210]

     本村さんは、こう供述した。

         私は、家族を失って家族の大切さを知りました。命の尊
        さを知りました。妻と娘から命の尊さを教えて貰いました。
        私は、人の人生を奪うこと、人の命を奪うことが如何に卑
        劣で許されない行為かを痛感しました。だからこそ、人の
        命を身勝手に奪ったものは、その命をもって償うしかない
        と思っています。それが私の正義感であり、私の思う社会
        正義です。・・・そして、正義を実現するために司法には
        死刑を科して頂きたくお願い申し上げます。[1,p220]

     このように被害者遺族が直接、意見を言えるようになったの
    も、本村さんらの活動によって、司法が大きく変わったからで
    ある。

■8.「胸のつかえが下りました」■

     平成20(2008)年4月22日、差し戻し控訴審の判決が下っ
    た。死刑だった。「反省を深めることなく、虚偽の供述を構築
    し、反社会性を増進させた」という厳しい判決理由からだった。

     Fは、一度、天を仰いだ後、裁判長に向かって丁寧に一礼し
    た。次に検察官、弁護団と順に一礼した後、最後に傍聴席の本
    村さんに向かって一礼した。それはFが9年間で遺族に初めて
    見せた真摯な態度だった。

     判決の翌日、[1]の著者・門田隆将氏は広島拘置所にFを尋
    ねた。Fの本音を聞きたいと思ったからだ。断られるかと思っ
    たが、面談室に通されて、Fが現れた。門田氏は死刑判決につ
    いての思いをまず聞いた。

    「胸のつかえが下りました」というFの言葉に、一瞬、耳を疑っ
    た。[1,p241]

         僕は(自分が殺した)二人の命を軽く思っていました。
        でも、今は違います。被害者が一人でも死刑に値すると思っ
        ています。

     Fは法廷で偽りの謝罪をしていた頃とはまったく異なる、憑
    きものの落ちたような表情をしていた。死刑判決の重さが、彼
    をここまで変えたのだろうか。Fは最後にこう語った。

         僕は殺めた命に対して、命をもって償うのはあたりまえ
        だと思っています。僕は死ぬ前に、ご迷惑をお掛けした人
        や、お世話になった人に、きちんと恩返しをして死刑にな
        りたいと思っています。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(420) 裁判官がおかしい
    反省もしない殺人犯たちに同情し、被害者遺族を無視するお
   かしな裁判官たち。
b. JOG(552) 加害者天国、被害者地獄
    なぜ被害者よりも加害者の人権ばかり守ろうとするのか。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 門田隆将『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』★★★
   新潮社、H20
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「本村洋 〜 日本の司法を変えた3300日の戦い 〜」に
  寄せられたおたより

                                           鼻庵居士さんより
     かって自分はタイ、フィリッピンなどに滞在・仕事をしてい
    ましたが、本村さんのご家族のような気の毒な事件は、一度と
    して聞いたことがありません。それは少額で復讐を請け負う殺
    し屋が存在するからで、非道なことを行えば必ずそれに対する
    報いを受けるということを、上記の国の人々は骨の髄より知っ
    てるからです。

     かって日本も仇討という世間が是認していた社会慣習が存在
    してました、少なくとも犯罪被害者の縁者が加害者に直接的に
    対応そして被害者の無念を晴らせる仕組みが毅然としてありま
    した。このことがどんなに有効にそして莫大な国民の租税負担
    を払わなくても社会秩序を保てたか、もう一回社会全体で討議
    しても復活させても良い時期になっていると信じます。

                                             barakiさんより
     本号を見ると、日本の検察が被害者の仇を取ってくれない事
    への、被害者遺族の苛立ちを主に話題としているが、根本的に
    間違いを指摘していませんね。

     そもそも、日本の司法制度は、被害者または遺族の敵討を目
    的としているわけではなく、犯人を更生して娑婆に戻すことを
    目的としています。したがって、検察に「敵討」を期待するこ
    と自体が間違いであり、スタート時点から失敗しているのです。

     しかも、殆どの国民は検察官は「正義の見方」と錯覚してい
    ます。しかし、検察官は正義の味方などではなく、自分が起訴
    した事件が有罪になることを目指しているため、如何に正義に
    反する犯罪であっても、証拠不十分で、公判を維持できないと
    判断すれば、「不起訴処分」にします。正義感で起訴しても敗
    訴すれば、出世の妨げになりますし、転職して弁護士として、
    顧客を得ようとしたとき、敗訴の履歴があると、客が付かなく
    なります。

     したがって、先述しましたが、敵討を期待すること自体間違
    いなのです。本号のような判例はきわめて異例だと思います。
    本号の論文を読んで、国民が錯覚(検察は正義の見方で、遺族
    の仇討ちをしてくれる)しないかどうかを危惧いたします。

■ 編集長・伊勢雅臣より

    「敵討ち」という手段の是非は別にして、現在の刑事裁判は
    「加害者の更正(教育刑)」を狙いとしており、そこに被害者
    の救済、および、加害者の罪の償い、という視点はありません。
    しかし、この問題は、本村さんたちの活動により、大きくクロ
    ーズアップされてきています。

    JOG(512) 「教育刑」という空想
     占領下に押しつけられた「教育刑」思想は、 すでにアメリ
    カでも完全に否定されている。

 

© 平成20年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.