[トップページ][361.5 文化・民族][700 芸術]

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

                 日本のマンガが地球を救う!?

                                                   伊勢雅臣
■転送歓迎■ No.1385 ■ H20.01.07 ■ 9,433 部 ■■■■■■■

     毎年夏に名古屋で開催される「世界コスプレサミット」は、
    日本のマンガ、アニメの世界的な人気ぶりを如実に表すイベン
    トだ。

     昨年夏は5回目で、独、伊、仏、スペイン、デンマーク、中
    国、韓国、タイ、シンガポール、メキシコ、ブラジル、日本の
    計12カ国が参加し、各国代表が2人1組で、衣装やパフォー
    マンスを競い合った。[1]

        「各国の演技を見て驚かされるのは、マンガに関する豊富
        な知識と、流暢(りゅうちょう)な日本語」と、サミット
        を主催するテレビ愛知の加藤万理さん。

         今年優勝した仏代表は珠黎(しゅれい)こうゆさんのマ
        ンガ「ALICHINO(アリキーノ)」のコスプレで、
        「ガンダム」「ドラゴンボール」「デスノート」など日本
        の名作のパロディーを披露。約1万人の日本人ファンを沸
        かせた。

     京都精華大学マンガ学部長の牧野圭一氏は、日本のマンガの
    魅力には、「森羅万象に神が宿るという日本固有の精神性が下
    地になっている」と指摘する。

        「偶像崇拝を禁止する一神教と異なり、日本は神様や神獣
        も自在に造形、擬人化する国。そんな寛容な風土がストー
        リーやキャラクターの自由な表現を可能にしているのでは
        ないか」

         例えば、欧米の悪魔といえば、人間にとって恐ろしい存
        在だが、日本の鬼や天狗(てんぐ)や閻魔(えんま)大王
        は、どことなく人間くさい存在として描かれる。「怖いも
        のも決して排除しない。愛嬌(あいきょう)のあるキャラ
        クターにしてしまう」。それは共生の思想といえるかもし
        れない。

         ・・・「マンガを通して、世界の人々は知らず知らずの
        うち、日本の精神文化のとりこになっている」

     イギリスの文明史家アーノルド・トインビーは、伊勢神宮を
    訪れた際に、「この聖地において、私はあらゆる宗教の根底を
    なす統一的なるものを感ずる」と書き記した。[a]

    「あらゆる宗教の根底をなす統一的なるもの」とは何か。あら
    ゆる「生きとし生けるもの」を生み出した自然に対する畏敬の
    念、共生の思想ではないか。マンガに現れた日本の精神文化を
    通じて、自然に対する畏敬の念と共生の思想を持つことが、地
    球環境危機を乗り越える出発点であろう。

■リンク■
a. JOG(377) 伊勢神宮を支えた千数百年
    千数百年にわたって伊勢神宮が20年ごとに建て替えされて
   きた理由は? 

■参考■
1. 産経新聞、H19.12.09「【やばいぞ日本 第5部 再生への処方
   箋】(6) 戦闘美少女に『日本』凝縮」、大阪朝刊、1頁 

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.