[トップページ][070.14 中国の言論統制]

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

  世界新聞協会:中国のジャーナリスト拘禁に「抗議広告を」

                                                   伊勢雅臣
■転送歓迎■ No.1421 ■ H20.03.31 ■ 9,641 部 ■■■■■■■


    「次の五輪を観戦するつもり? そこでは見られないことが1
    つある」というタイトルのバックに、手首にかけられた手錠の
    もう一つの輪が、5輪の一つになっている写真。産経新聞はこ
    う報じた。[1]

         今年8月に北京五輪が開かれる中国で、多数の中国人ジャ
        ーナリストが拘禁されている問題に関し、世界新聞協会
        (WAN・本部パリ)が被拘禁者の釈放を求めて、世界中
        の新聞社などに中国に対する抗議広告の掲載を呼びかけて
        いる。海外ではすでに多くの新聞社が広告を掲載した。

     中国が「政府批判」の罪で多数のジャーナリストを拘禁して
    いる状況については、弊誌でも紹介した。[a,b]

         WANの調べによると、現在、中国で30人以上のジャ
        ーナリストと約50人のインターネット反体制派が服役中
        で、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」もほぼ同
        じ人数を確認している。どのケースも、政府批判など同様
        の“犯罪”だという。(中略)

         WANは、中国が02年、五輪主催にあたり「すべての
        側面においてオープンになり、国際基準に従う」と表明し
        たことは全く守られていないと指摘。「実際は表現の自由
        への弾圧を強め、果敢に口を開いた者の投獄やいやがらせ
        を続けている」として、報道や表現の自由への対応に改善
        が見られない点を非難している。

         WANによると、キャンペーンは昨年11月から開始し、
        英語のほか独仏、アラビア語など10カ国語で広告が作成
        されている。インターネットを通じて世界の新聞社などに
        広告の掲載を呼びかけており、これまで米紙「USA T
        ODAY」、ポーランドの無料紙「メトロ」、英地方紙
        「バーミンガム・メール」などが広告を掲載したという。
        [1]

     日本の新聞や雑誌はこの呼びかけにどう応じるのか。新聞雑
    誌記事の横断検索(*)をしても、このニュース自体を報じてい
    るのは産経新聞のみで、他の全国紙、代表的地方紙、NHKニュ
    ース、共同通信などは一切、黙殺しているようだ。

        (* Biglobeの「新聞・雑誌記事横断検索/G-Search」で
        過去1ヶ月間、「世界新聞協会 AND 中国」で検索)

。  「国境なき記者団」が発表した2007年の世界報道自由度ラ
    ンキングによると、中国は169カ国中163位との事だが、
    こと中国報道に関しては、中国のメディア・コントロールが日
    本の報道機関にも及んでいると見るべきだろう。

■リンク■
a. JOG(438) 情報鎖国で戦う記者たち
   〜 中国のメディア・コントロール(上)
    全世界で不当に監禁・投獄されている記者のおよそ三分の一
   は中国政府によるもの。 

■参考■
1. 産経新聞、H20..03.25「中国のジャーナリスト拘禁 五輪報道
   の自由は 世界新聞協会『抗議広告を』」、東京朝刊、1頁 

© 平成18年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.