[トップページ][平成21年一覧][人物探訪][237 イタリア][700 芸術]

■■ Japan On the Globe(588)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

         人物探訪: オペラ歌手・中丸三千繪の挑戦
    
                 「イタリアの伝統と様式美を21世紀の世界に
                 伝えてくれ」と審査員たちは言った。
■転送歓迎■ H21.03.08 ■ 38,492 Copies ■ 3,073,118 Views■


■1.「イタリア人以外からは優勝者は出ない」■

     1990(平成2)年3月3日、中丸三千繪さんはヴェネツィアの
    フェニーチェ劇場で開かれたマリア・カラス・コンクールの本
    選への出番を待っていた。

     オペラ歌手のコンクールとしては最も権威のあるもので、入
    選しただけで、世界中の劇場で歌えるようになるという。
    400人もの挑戦者が参加した第一次予選から、第2次選考を
    経て、最終の本選に進んだのは中丸さんを含め12人だけだっ
    た。

     マリア・カラス・コンクールは過去3回開催されているが、
    1回目、2回目の優勝者はイタリア人、3回目は該当なしだっ
    た。審査員からも「このコンクールはいちおう国際コンクール
    となっているけど、イタリア人のためにあるから、イタリア人
    以外からは優勝者は出ない」という声が出ていた。

     また、時々、中丸さんの伴奏をしてくれる人もこう言ってい
    た。

         マリア・カラス・コンクールといえば、日本でいったら、
        美空ひばりコンクールというようなものだよ。そこにたと
        えばイタリアから外人がきていくら演歌をうまく歌ったっ
        て、美空ひばり賞をそのイタリア人にやるかな。日本人が
        マリア・カラス・コンクールで優勝するなんて、世界がひっ
        くり返ってもありえないよ。[1,p56]

     そんな大舞台に中丸さんは挑戦したのである。
        
■2.「このコンクールに優勝できなかったら歌をやめる」■

     中丸さんの出番となった。後年、この時のことを中丸さんは
    こう回想している。

         いまでもよく覚えています。舞台の中央に歩きながら、
        私、このコンクールに優勝できなかったら歌をやめる。こ
        れが最後の花道、最後のステージだと思って、死ぬ気で歌っ
        たんです。

         最近になって本選の時の映像が手に入ったのですが、歌
        い終わった瞬間、ウワーッと雷鳴のような拍手が鳴り響く
        中、「すべて出し尽くした」という感じで、呆然と映って
        いるんですよ、私(笑)。[2]

     中丸さんが本格的にオペラ歌手を志したのは20歳の頃だっ
    たが、何事も10年やって芽が出なかったら才能がないという
    ことだから、やめたほうがいい。だから30歳までに芽が出な
    かったらオペラをやめると決めていた。

     マリア・カラス・コンクールも30歳という年齢制限があっ
    た。あと半年ほどで30歳となる中丸さんにとっては最後のチャ
    ンスだったのである。

     本選の結果、中丸さんが優勝者に選ばれた。審査員はみな、
    にこにこと表情を崩して、次々に中丸さんの頬に欧州式のキス
    をした。選に洩れた他の歌手たちも、舞台に現れ、一人ひとり
    が中丸さんを熱い抱擁とキスで祝福してくれた。客席からは怒
    濤のような歓声と拍手が押し寄せていた。どうしてこんなに喜
    んでくれるのか、と中丸さんは不思議にすら思えた。

■3.街角でも「ミチエ・ナカマル----」■
    
     ようやく劇場を出て、知人友人たちとレストランに向かった。
    夜中の2時を回っていたが、この日はコンクールのため、ヴェ
    ネツィアの街全体がお祭り騒ぎになっていた。

     レストランに入るなり、誰かが何か叫ぶと、みなが総立ちで
    中丸さんを迎えた。結局、中丸さんは各テーブルを挨拶してま
    わり、急ごしらえの祝賀会のようになった。

     ホテルに戻り、午前6時頃に眠りについたが、8時には電話
    で叩き起こされた。昨晩のコンクールをテレビで見た有名な指
    揮者からじきじきに、ポルトガルのリスボンでコンサートに出
    演してくれないか、という依頼だった。その後も、ヨーロッパ
    中から次々と仕事が舞い込んだ。

     それからは街を歩いていても、「あなたはマリア・カラス・
    コンクールで優勝した日本人か」と何人もの人から声をかけら
    れた。

     レストランで食事をしていると花を売っていた男性が、中丸
    さんの顔を見るなり、「ミチエ・ナカマル----」と呟き、その
    まま絶句した。「あらっ、よくご存じですね」と応じると、彼
    は『リゴレット』の「女心の唄」を口ずさみながら、私に真紅
    のバラを差し出し、「頑張って下さい」と言って立ち去った。

     オペラはフレンツェで生まれ、ローマに伝わり、そして17
    世紀にヴェネツィアで民衆の楽しみとして開花した。イタリア
    の伝統文化として今も民衆の中に生きている。マリア・カラス
    ・コンクール優勝とは、その伝統文化のトップ・スターとして
    認められたということであった。
    
■4.「こんなところで本当にやっていけるのかしら」■

     中丸さんがイタリアにやって来たのは、1986(昭和61)年
    12月だった。前年に桐朋学年大学声楽科とその研究科を卒業
    し、この年9月に小澤征爾指揮のオペラに主役のピンチヒッタ
    ーとしデビューした。そして小澤から「一日でも早くイタリア
    に行った方がいい」と勧められて、決心したのである。

     異常な寒波のなか、雪で覆い尽くされたミラノの街のホテル
    に着いた。ホテルの食事はまずいし、部屋は寒いし、「こんな
    ところで本当にやっていけるのかしら」と心細いスタートだっ
    た。

     まずは良い師を見つけなければならないが、イタリアの音楽
    界にまったく知り合いがない。ようやく6月になって、マリア
    ・カラスともっとも多く共演したメゾ・ソプラノのジュリエッ
    タ・シミオナートが、スカラ座の研修所でレッスンをしている
    という噂を耳にした。

     中丸さんはスカラ座の入り口でそれらしき人物が出てくるの
    を待った。待つこと3日、真っ赤な小さな帽子と緑のマントの
    派手で素敵なおばさんが出てきた。きっとこの方だと直感した。

     彼女が車に乗り込み、運転手がエンジンをかけた所を、中丸
    さんは慌てて車の窓を叩いた。「なあに?」と微笑んで聞くお
    ばさんに、しどろもどろながら、イタリア語で話しかけた。

         私はあなたのファンで、日本からあなたに会いに来たん
        です。レコードも聴いています。

■5.「声も、音楽性もあるけど・・・」■

     そして、必死の思いで、住所と電話番号を教えて欲しい、と
    頼み込んだ。シミオナートはにこにこ顔で連絡先を教えてくれ、
    「あした朝9時たったら、家にいますよ。チャオ」と言ってく
    れた。

     中丸さんはシミオナートの家に電話をかけ、弟子入りを希望
    していることを伝えた。オーディションをしてくれることにな
    り、翌日、シミオナートのレッスン場で中丸さんは2、3曲歌っ
    た。伴奏のピアニストは冷ややかな表情で中丸さんを見ている。

     冷や汗をかきながら歌い終えると、シミオナートは「声も、
    音楽性もあるけど・・・」 「ああ、やっぱり私はダメなんだ」
    と絶望的な気持ちに襲われたところ、

         才能はあるけどテクニックがまったくダメ、なにも身に
        ついてない。あなたはまっさらだわ、驚いた。日本人がよ
        く来て歌うんだけど、みんな変なテクニックを覚えてしまっ
        ているの。おもしろいわね、あなたの声はぜんぜん教育さ
        れていない自然な声だわ。

     週に2回、レッスンをしてあげましょう、というシミオナー
    トの思いがけない言葉に、中丸さんは一転して、飛び上がらん
    ばかりに喜んだ。
    
     それからほどなく、世界三大テノールの一人と呼ばれるルチ
    アーノ・パヴァロッティの師だったアリーゴ・ポーラのオーディ
    ションにも合格して、こちらのレッスンも受けることになった。

     アリーゴ・ポーラは、モデナに住んでいる。中丸さんはミラ
    ノ中央駅を8時に出る列車に乗って、毎日、モデナに通い、
    10時半からレッスンを受ける。夕方、また2時間半かけてミ
    ラノに戻り、晩にシミオナートやそのピアニストのレッスンを
    受ける、という毎日を送るようになった。
    
■6.「ミチエは歌うために生まれてきた」■

     本格的なレッスンを初めて一ヶ月経った頃、ポーラ先生が中
    丸さんにパヴァロッティ・コンクールの予選を受けてみないか、
    と勧めてくれた。3、4年に一度、アメリカのフィラデルフィ
    アで開かれ、優勝者はパヴァロッティと共演できるというご褒
    美つきのコンクールだった。

     イタリア予選はモデナで開かれ、約3百人が挑戦した。その
    他、スイス、イギリス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジ
    ルなど、世界各地で行われる1次予選に2600人が参加して
    いるとのことだった。

     中丸さんの予選での舞台を見たポーラ先生は、こう言った。

         私はパヴァロッティを育ててきたし、バリトンやバスも
        たくさん世に送り出してきた。ただ、ソプラノのスターは
        まだ育てたことがない。でも、何年か先には絶対にソプラ
        ノのスターが出る。

     第二次のヨーロッパ予選は、再びモデナで開かれ、280名
    が集まった。パバロッティ本人も審査員として加わった。中丸
    さんが歌うと、パヴァロッティが拍手をし、「ブラヴァ!(素
    晴らしい)」とまで言ってくれた。後で、パヴァロッティは師
    のポーラ先生に「ミチエは歌うために生まれてきた」と言った。

         こういう出来事が、私にはずっと心の支えになりました。
        外国でたったひとり勉強していくというのは、想像以上に
        苦しく辛いことです。生活習慣も違う土地で、私がこれま
        で頑張ってこられたのは、そんなふうな夢のような言葉を
        自分に信じ込ませてきたからかもしれません。[1,p172]

     翌1988年9月、フィラデルフィアで行われた最終選考が行わ
    れ、中丸さんは70人の中の数人の優勝者に選ばれた。翌年3
    月には、同地でパヴァロッティとの共演を果たした。

■7.「外国で日本人が歌っていくのはむずかしいわよ」■

     パヴァロッティ・コンクールのすぐ後にイタリアのスルモナ
    で開かれたマリア・カリニア・コンクールにも出場し、ここで
    も優勝を飾ることができた。

     その後、フランスのカルカッソンヌに呼ばれ、プッチーニの
    『ラ・ボエーム』で主役のピンチヒッターとしてヨーロッパ・
    デビューを果たした。

     しかし、イタリアでの舞台のチャンスはなかなか回ってこな
    かった。イタリアの小都市の劇場で外国人が歌うときには、劇
    場側が外国人労働者受入費用として何百万円かを支払わねばな
    らないので、外国人歌手にはほとんどチャンスはない。いくつ
    かの大劇場では、一年に何パーセントかは外国人を雇えるが、
    そこに食い込むためには現代のトップスターたちと枠を争わね
    ばならない。

     1989年6月、シチリア島でコンクールがあるという情報を得
    た。毎日の生活はカツカツだったので、優勝すれば生活費の足
    しにもできるし、憧れのシチリア島見物もできると、早速、応
    募した。

■8.「どうして、そこをそんなふうに歌うのですか!」■

     本選の朝、劇場の近くの古城の一室で中丸さんが練習してい
    ると、散歩で通りかかった審査員の一人マグダ・オリヴェーロ
    が血相を変えて、部屋に入ってきた。往年の大プリマ・ドンナ
    で今は80歳の老婦人である。「どうして、そこをそんなふう
    に歌うのですか!」とオリヴェーロは中丸さんに詰め寄った。

     中丸さんはポカンとして答えられず、オリヴェーロも言葉で
    は説明できないので、自ら歌い始めた。お針子をしている娘ル
    イーズが一人の男性と知り合い、初めて愛を交わした日のこと
    を忘れないと歌う「その日から」という愛の賛歌だった。

     中丸さんは、ごく当たり前の17、8歳の女の子の単純な喜
    びを表現しようと思っていたのだが、マグダ・オリヴェーロの
    歌には、人を愛することの喜び、そしてそれと裏表の愛を失う
    ことへの恐れからくる切なさまで込められていた。

         この歌は清潔に歌わなければいけないという解釈が一般
        的ですが、彼女の歌は清潔感を通り越し、天国的な美しさ
        に満ちていました。彼女は、亡くなったご主人のことを思っ
        て歌っていたのかもしれません。

         私はまずその姿にあっけにとられ、そのうちに目頭が熱
        くなり、やがて涙があふれ、その場で泣き崩れるくらい感
        動しました。彼女の全存在を賭けた素晴らしいレッスンか
        ら学んだものは、その後の私の音楽生活に大きな影響を及
        ぼしました。[1,p218] 

■9.「イタリアの伝統と様式美を21世紀の世界に伝えてくれ」■

     このマグダ・オリヴェーロが、マリア・カラス・コンクール
    での審査委員長で、中丸さんの優勝を発表したのである。審査
    委員会からは次のような言葉があった。

         自分たちはそんなに長くないから、イタリアの伝統と様
        式美を21世紀の世界に伝えてくれ。その意味を託して全
        員一致であなたに決めた。[2]

     中丸さんはイタリアの誇る伝統文化の継承者として、未来を
    託されたのである。中丸さんはこう語っている。

         私がただひとつ誇れることは、私にはこれまでの人生の
        節々で出合うことになった素晴らしい方々がたくさんいらっ
        しゃるということです。この方々が支えてくださらなけれ
        ば、きょうの私はありませんでした。私がいまつくづく思
        うことは私の幸運とは、実は「マリア・カラス賞」を受賞
        したことではなく、この方々に出合えたこと、知り合えた
        ことこそが最大の幸運だったということです。[1,p297]
                                         (文責:伊勢雅臣)


■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 中丸三千繪『マリア・カラス・コンクール』★★、講談社文庫、H7
2. 中丸三千繪、インタビュー「歌うために私はいま、ここに生きる」、
   『致知』H19.03

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■「オペラ歌手・中丸三千繪の挑戦」に寄せられたおたより

                                                 健一さんより
     日本の伝統文化から外れたものについては、追求しても時間
    の無駄と思っていました。

     しかし本話題で、我国の環境と文化から育った繊細な日本人
    の心情は、世界の多くの国の文化を包含しうる普遍性を持って
    いるのではないかと考え直しました。かって大東亜協栄圏を願っ
    て戦に命を賭けた日本人が、世界へ向かっての豊かな心情によ
    る新たな挑戦と貢献!

■ 編集長・伊勢雅臣より

     他国文化の美点を素直に学ぼうとする点は、日本人の強みで
    もあります。


                              Keikoさん(イタリア在住)より
     うれしいことがあったのでお便りしました。

     わたしは観光ガイドをしておりましたが、今はめったに仕事
    はしていません。でも、今日一人の青年(36歳)をローマの終
    着駅でお迎えして、地元のホテルへお連れする間にいろいろと
    話をして、どうも話が合うなぁと思って、「もしかして、伊勢
    さんのメルマガ読んでる?」と聞いたところ、「はい、読んで
    ます。」とのこと。

     神戸に住む青年がHPで私を頼ってきてくれた、という偶然に、
    さらにまた同じように伊勢さんのメルマガで日本を知り、共鳴
    していたという偶然がかさなり歓喜してお便りしました。

     こうして地道に、日本人一人一人が日本のすばらしさ、大切
    さに気づいていくことが平和に日本を正しい道へと導いていく
    ことなのですね。

     どうか、これからも末永くお続けください。
    陰ながら応援しています。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     大変、嬉しいお便りをまことにありがとうございます。
    世界各地で国際派日本人が活躍してくれています。 

© 平成20年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.