[トップページ][平成21年一覧][国柄探訪][114 武士道][372 教育史]

■■ Japan On the Globe(618) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

    国柄探訪: 武家の娘(上) 〜 千年の老樹の根から若桜
                      
                武家という「千年の老樹」に生まれ育った娘は、
              若桜として異国の地に花を咲かせようとしていた。
■転送歓迎■ H21.10.11 ■ 38,325 Copies ■3,198,925 Views■


■1.「どうして日本の着物を着て来たのですか」■

     1898(明治31)年、アメリカ東部のある町。大陸横断鉄道の
    列車が停まると、長袖の着物姿のうら若い日本人の娘が降り立っ
    た。プラットフォームの人混みの中では、一人の日本人青年が
    汽車から降りてくる乗客を熱心に見守っていた。お互いにすぐ
    に相手に気がついた。青年の第一声は「どうして日本の着物を
    着て来たのですか」と不満そうな言葉だった。

     娘の名は稲垣鉞子(えつこ)、25歳。鉞子は明治5(1872)
    年、越後の長岡藩の城代家老を代々努めてきた稲垣家の6女と
    して生まれ、アメリカで貿易商を営む杉本松雄と結婚するため
    にアメリカにやってきたのだった。

     鉞子が日本を発つとき、何を着ていくかが問題となり、親族
    会議まで開かれた。兄は洋服で行くことを主張し、東京の叔父
    も賛成したが、祖母は物静かに、しかし威厳をこめて言った。

         絵で見ると、あの筒っぽ袖は品が悪くて、まるで人足の
        着る半被(はっぴ)のようですがの、私の孫が人足を真似
        るまでになる時節が来たかと思えば、情けないことですわ
        い。[1,p181]

     この席では一番偉い祖母の意見が通り、結局、洋服は米国へ
    行ってから夫の意のままにすることとして、花嫁の方では和服
    のみを用意することとしたのである。

     松雄は世話になっているウィルソン夫妻の手前を思って、着
    物に関して不満を言ったのだが、鉞子を連れて行くと、夫妻は
    真心を込めて温かく出迎えてくれたのだった。

■2.「お嬢様、そんな気持ちでは勉強はできません」■

     鉞子の育った稲垣家は家老職の家柄だけあって、明治維新後
    とは言え、鉞子は幼い頃から厳格な躾をうけた。

     数えで6歳、満で言えば4、5歳の頃から、家の菩提寺の僧
    が、3と7の日に家にやってきて、鉞子に四書、すなわち大学、
    中庸、論語、孟子を教えるようになった。

     広い明るい、埃一つなく掃き清められた部屋に文机が置かれ、
    お師匠様は優しい顔でそこに座って、2時間ほどは手と唇以外
    は、身動き一つせずに講義をした。

     数えわずか6歳の幼女が論語など分かるはずもなかったが、
    鉞子が時に何かを質問しても、お師匠様は「まだまだ幼いので
    すから、この書の深い意味を理解しようとなさるのは分を越え
    ます」「よく考えていれば、自然に言葉がほぐれて意味が判っ
    てまいります」と答えるのみだった。

     鉞子は何も理解できなかったが、音楽のような韻律のある言
    葉をあれこれと暗唱していった。後に成長するにつれて、よく
    憶えている句がふと心に浮かび、雲間から漏れた日の光の閃き
    のように、その意味が理解できることがあった。

     お師匠様と相対している間、鉞子は畳の上に正座したまま、
    微動だにも許されなかった。ただ一度、ほんの少し体を傾けて、
    曲げていた膝をちょっとゆるめたことがあった。

     すると、お師匠様の顔にかすかな驚きの表情が浮かび、やが
    て静かに本を閉じて、やさしく「お嬢様、そんな気持ちでは勉
    強はできません。お部屋にひきとって、お考えになられた方が
    よいと存じます」と言われた。

     恥ずかしさの余り、鉞子の小さな胸はつぶれんばかりだった
    が、どうしたものやら判らないまま、お師匠様にお辞儀をして、
    部屋を退出した。成人してからも、鉞子はこの時のことを思い
    出すと、古傷の痛みのように、心を刺される思いがした。

■3.極寒の朝の習字稽古■
    
     勉強している間は体を楽にしないということは僧侶の習わし
    であったので、それに従って寒三十日(1月5日頃の小寒から
    2月4日頃の立春まで)の間は、難しいことを、時間も長く勉
    強させられた。特に最も寒さの厳しい9日目の「寒九」の日の
    ことは忘れられない。

     この寒九の日、東雲に暁の光がさし始めると、乳母のいしが
    鉞子を起こした。肌を刺すようなきびしい寒さだった。この日
    は習字の稽古をすることになっていた。硯(すずり)、筆、墨
    などの道具を揃える。学問は非常に貴いこととされていたので、
    用いる道具も、一つひとつ丁寧に絹の布で拭いてあった。

     用意ができると、いしに背負われて、庭に出て、庭木の枝か
    ら雪をとり、これを硯に入れる。庭は降ったばかりの真白い雪
    に一面覆われていた。時折、雪の重みに耐えかねた竹が、鋭い
    音を立てて折れると、灰色の空にぱっと粉雪が舞い上がるのだっ
    た。

     居心地をよくしては天来の力を心に受けることができないと
    いうことで、火の気のない部屋で習字をした。精妙な筆のあや
    には、心の乱れや不注意は覆うべくもなく現れるので、一点、
    一画にも心をこめて筆を運ばなければならない。それを辛抱強
    く続けることによって、子供は自制心を身に付けていく。

     長い時間習字をしていると、すっかり指が凍えて、手が紫色
    になった。いしがそれを見てすすり泣きをしているので、鉞子
    は初めてその事に気がつくのだった。

     稽古が終わると、いしは温めてあった綿入れの着物に鉞子を
    くるんで、急いで祖母の部屋に連れて行った。祖母は温かくお
    いしい甘酒を用意しており、鉞子は冷え切った膝を炬燵(こた
    つ)に入れて、その甘酒をいただいた。
    
■4.ご先祖様をお迎えする悦び■

     正月やお盆などの年中行事も厳格なしきたりに従ってとりお
    こなわれたが、その中には家族との楽しい一時があった。

         盂蘭盆はご精霊さまをお祀りする日で、数々の年中行事
        の中で、一番親しみ深いものでありました。ご先祖さまは
        いつも家族のことをお忘れにならないものと思い、年毎に
        み魂をお迎えしては親しみを新たに感じさせられるのであ
        りました。[1,p95]

     ご精霊さまをお迎えする準備は、万事万端しきたりに従って、
    数日前から家中のものがたち働いた。爺やと下男は庭木に鋏
    (はさみ)を入れ、床下まで掃き清め、庭石を洗う。女中たち
    は柱や天井板までお湯で雑巾がけをする。母がお納戸から父の
    秘蔵の軸を出して、床の間にかけると、女中がその前に花瓶を
    据えて秋の七草を挿した。

     鉞子は祖母と一緒に、お仏壇の前に座り、飾り付けをする。
    ナスとキュウリで作った牛と馬をお供えした。

         どこの子供も同じことで、私もご先祖様をお迎えするの
        は何となく心うれしく感じておりましたが、父が亡くなり
        ました後は、身にしみて感慨も深く、家族一同仏前に集い
        ますと、心もときめくのを覚えるのでありました。誰も彼
        も、召使達も質素ながら新調の着物を着ていました。黄昏
        の色がこくなりますと、みあかしをともし、障子をひらき
        入口の戸をあけひろげて、外からお仏壇への途をあけまし
        た。

     それから大門の前に一同、打ち揃って、二列に並び、ご精霊
    様を待つ。ご精霊様は何処とも知れぬ暗黒の死の国から、白馬
    に乗ってやってくるものと、言い伝えられていた。

         街中が暗く静まりかえり、門毎に焚く迎え火ばかり、小
        さくあかあかと燃えておりました。低く頭をたれています
        と、まちわびていた父の魂が身に迫るのを覚え、遙か彼方
        から蹄(ひづめ)の音がきこえて、白馬が近づいてくるの
        が判るようでございました。[1,p99]
        
■5.父は私共に平和をのこして行って下さった■

     それからご精霊様との楽しい2日間を過ごす。

         家の中は心楽しい空気に満たされ、わがままな業をする
        者もなく、笑いさえ嬉しげでした。それも、皆が新調の着
        物を着、お互いに作法正しく、お精進料理を頂いて楽しみ
        あうことをご先祖様も喜んでいて下さると思うからでござ
        います。祖母のお顔はいろいろ穏やかに母の面は静かなや
        すらいに満たされ、召使いまでが笑いさざめき、私の心の
        中にも、静かな悦びが湧きあふれるのでございました。
        [1,p101]

     16日の朝まだき、ご先祖様を送り出す。母は蓆(むしろ)
    を二つに折り、両端を蔓(つる)で結んで舟を作った。それに
    おにぎりや団子を入れ、皆で川に赴く。川岸には、み送り舟を
    流そうとする人々がたくさんつめかけていた。鉞子らは橋の上
    にいて、爺や一人が水辺に降りて、火打ち石で灯籠に火を灯し、
    舟を流れに浮かべる。朝日の光が山の端から差し出ると、人々
    は一斉にみ送り舟を放した。

         あたりの明らむにつれ、浮きつ沈みつ、小さな蓆舟が流
        れ流れていく様を、はっきりとみとることが出来ました。
        朝日がいよいよ光をまし、山の端をのぼりきる頃、川辺に
        頭をたれた人々の口からは静かに深い呟きがおこるのでご
        ざいます。

        「さようなら、お精霊さま、また来年も御出なさいませ。
        お待ち申しております。」

     こうして人々は家路につく。

         母も私も、浄福とでも名付けがたい、穏(おだや)かさ
        を胸に湛えて、川辺を立ち去りました。・・・お盆を迎え
        て以来、にこやかにみえた母の面には、父を見送った後も、
        以前のような憂わしげな色は戻っては参りませんでした。
        それをみるにつけましても、父は、私共のところへ参って
        慰め、また舟出をされた今も、私共に平和をのこして行っ
        て下さったのだと、しみじみ感ぜさせられたことでした。
        [1,p102]
    
■6.「お前の嫁入り先が定まりました」■

     鉞子の家にアメリカからしきりに便りが届くようになった。
    アメリカで商売をしている兄の友人からである。そのうちに叔
    父たちも集まって、親族会議が開かれた。

     長い会議の間、鉞子は手習いに夢中になっていたが、ふいに
    皆が揃っている座敷に呼ばれた。母がやさしく「鉞子や、神仏
    のお守りあって、お前の嫁入り先が定まりました。兄上はじめ
    皆々さまのお計らい故、よくよくお礼を申し上げなさい」と言
    われた。

     鉞子は額を畳につくほど丁寧にお辞儀をして、また部屋に戻
    り、手習いを続けた。鉞子はまだ13歳だったが、当時の女子
    の常で、ごく幼い頃から自分もいつかは必ずお嫁にいくものと
    思っていたので、さほど驚きもしなかった。また婚姻は個人の
    問題ではなく、家全体が関わることと思っていたので、相手が
    誰か、聞いてみようともしなかった。

     相手はアメリカにいる兄の友人・杉本松雄で、数ヶ月後、そ
    の叔父が京都からやってきて、結納を済ませた。その日から妻
    として躾が始まった。それまでも料理や裁縫、家事、作法など
    は多少は仕込まれていたが、夫の家に入った妻として、それら
    を本格的に習い覚えた。

     祝日や松雄の誕生日には、まだ見ぬ夫のために陰膳を据える
    のも鉞子のつとめだった。兄から聞いた松雄の好物を、自ら作
    り、陰膳にお給仕をした。

■7.「女も男も、武士の生涯には何の変わりもありますまい」■

     ある日、媒酌人を通じて、松雄が米国で西部から東部に移っ
    て、独力で商売を始めることにしたので、数年は日本に帰れな
    いから、鉞子に渡米するようにと言ってきた。武家として遠国
    に嫁を出すいうこともよく行われていたので、鉞子が海を渡っ
    てアメリカに行くことは大した問題とは思われなかった。

     祖母は、ある夜、鉞子と炬燵に入って、こんな話をしてくれ
    た。ちょうど60年前のその晩、祖母は14歳にして稲垣家に
    嫁入りするために、生家を出発したという。それは京都よりも
    遠い国で、この越後の長岡に辿り着くのに1月もかかった。

         こちらへ来てみると、お国とはすっかり違い、習慣も言
        葉も奇妙に思われ、まるで異国にいるような心持でしたが
        の、それでの祖母(ばば)はこの頃異国へゆくお前のこと
        が気になってなりませんがの。これ、エツ坊や。

     そして、やさしい声でこう結んだ。

         住むところは何処であろうとも、女も男も、武士の生涯
        には何の変わりもありますまい。御主に対する忠義と御主
        を守る勇気だけです。祖母のこの言葉を思い出して下され。
        旦那さまには忠実に、旦那さまのためには、何ものをも恐
        れない勇気、これだけで。さすればお前はいつでも幸福
        (しあわせ)になれましょうぞ。[1,p119]
    
■8.「千年の老樹の根から若桜」■

     米国へ行く準備として、鉞子は東京の学校で英語を習うこと
    になった。父の旧友の家に寄宿し、ある宣教師の経営する学校
    に通い、英語や国語、歴史、聖書などを一心に学んだ。ことに
    旧約聖書は一番好きで、その中に出てくる英雄の生き方は日本
    の古武士と同じように思われた。

     学校の校門をでると田畑が広がっており、天気の良い日には
    先生に連れられて田舎道へ散歩に出かけた。八幡宮の苔むした
    玉垣のところで、先生は立ち停まって、葉のよく茂った桜の若
    木を指し示した。その若木は老い朽ちた大木の洞(ほら)から
    生え出ていた。その傍らの立て札には「千年の老樹の根から若
    桜」という句が書かれていた。先生は微笑みながら言った。

         この桜の木はちょうどあなた方のようなものですね。古
        い日本の立派な文明は今の若いあなた方に力を与えている
        のです。ですから、あなた方は勢いよく大きくなって、昔
        の日本が持っていたよりも、もっと大きい力と美しさを、
        今の日本にお返ししなければなりません。これを忘れない
        ようになさいね。[1,p172]

     鉞子は武家という「千年の老樹」の根から生え育った若桜と
    して、異国の地に移り、そこで根を張り花を咲かせようとして
    いた。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(615) 武士道 〜 先人からの贈り物
    国家の危機に際して、「日本人よ、武士道を忘れるな」と李
   登輝・元台湾総統は説く。
b. Wing(1232) 『国家の品格』を生み出した家庭教育
c. JOG(619) 武家の娘(下)〜 アメリカに生きる
武家の娘は、西洋も東洋も人情に変わりはない ことを知った。 ■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)   →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。 1. 杉本鉞子『武士の娘』★★、ちくま文庫、H6 2. 櫻井よしこ『明治人の姿』★★★、小学館101新書、H21  

© 平成21年 [伊勢雅臣]. All rights reserved.