その1 淋病を確実に治すには?

Q:
25歳、男性です。ファッションヘルスに行きました。本番はなかったんですが、4、5日後から尿道から黄色いどろっとした膿が出るようになって、尿をすると痛くなりました。
近所の泌尿器科でクラビットという薬をもらって 10日以上飲んでいるのですが、尿道からの膿はあい変わらず出ていますが、痛みは少しずつ減ってきたようです。
淋病だといわれたのですが、こんなに治りが悪いのでしょうか。このまま同じ薬を続けて大丈夫でしょうか?

A:
1週間以上治療をしているのに膿が出ているようでは、薬がまったく効いていません。
痛みが軽くなったのは、体が痛みに慣れただけです。最近は菌が強くなり、抗生物質の飲み薬( クラビット、タリビット、ミノマイシンなど )でも治らない淋病が急増しています。
今の淋病を治すには 最新の抗菌剤の内服と注射の併用が確実です。
注射薬には3種類あります。注射はどれも1回打てば膿も痛みも一日で消えます。
なお、ペニシリン注射は今の淋病に効きません。最新の注射を打ってくれるお医者さんにかかって下さい。注射は保険が使えないため、費用は病院によって違います。どうぞおだいじに。


戻る