その12 妊娠中の検査で、妻がクラミジアにかかっていると言われました。

Q:
26才、男です。結婚して3年になります。
妻は、いま、妊娠7ヶ月です。産婦人科で血液検査でクラミジアに感染してると判断され 、薬をいただきました。
私もクラミジアに感染していると思い、泌尿器科の病院で検査しました。
血液検査をしましたが、陰性でした。
感染しているのに、血液検査で反応がでないということはあるのでしょうか?
私のほうは治療しなくてもよいのでしょうか。
よろしくお願いします。

A:
妊娠中に女性がクラミジアの血液検査を受けると、10人にひとりは陽性とでます。
クラミジアの血液検査はあまり正確ではないので、これが本当にクラミジアがいるのかどうかは、医者によって意見が分かれますが、 クラミジアは感染力がたいへん強く、もし菌がいると何年もたってから慢性化して厄介な状態になることがありますので、疑わしい時は治療するのが原則です。
このような場合、男性の方が検査で陰性でも、万が一を考えて治療をしてもらっています。
あなたがたとえ検査で陰性でも、治療を受けるようにしてください。
そうしないと、何年かたってから、菌が増え出すこともあるからです。
最長、10年経ってから子宮卵巣炎や副睾丸炎を起こした例も有ります。
治療は薬を飲むだけですので、難しくありません。お二人で同時に治療を受けてください。


戻る