その7 性病治療中は、禁酒ですか?

Q:
40歳の男です。
先日尿道が痛み、膿のようなものがでてきて結局受診したのですが、淋菌が検査で出て、薬を食後に服用し続けてます。
そこで質問です。
アルコールの摂取は禁止されていますが、なぜでしょうか?

A:
アルコールは尿道をむくませる作用があり、菌のところまで薬(抗生物質)が届きにくくなってしまいます。
禁酒は、膀胱炎や尿道炎など尿路の病気や性病の治療時は、必ず守って下さい。守らないと薬が効きにくくなります。
また、時々、飲酒の予定のほうを優先して治療を中断したり先延ばししてしまう方がいますが、たとえお酒を飲んでしまっても薬は止めないでください。
治療を途中で止めると、はじめからやり直さなければならなくなります。薬を続けていれば、治療期間が少し延びるだけで済みます。
事情がある場合は医者と相談して、最後まで治療を続けてください。


戻る