【情】“あやぱん”さんから頂きました。ありがとうございました。(2012年9月)
施設名

都立浅草高等学校温水プール(公共)

住 所

東京都台東区今戸1-8-13

 

>>公式サイト

【注】公式サイトが繋がらない場合は
こちらで検索してください

駐車場/

電 話

交通

# 地下鉄銀座線、東武線、都営地下鉄浅草駅下車徒歩12分から15分

# 都営バス東42甲系統「浅草7丁目」バス停下車3分

# 台東区循環バス北めぐりん「リバーサイドスポーツセンター前」バス停下車徒歩3分


ご利用上の注意

営業内容等が変更されている場合もありますので、事前に公式サイトや電話で確認してからご利用下さい。
出来る限り変更情報を取得するよう努力しておりますが、掲載内容に関してまで責任を持つものではありません。

施 設・付帯施設
営業時間・料金
印 象

屋内温水プール

 25m×5コース
  (水深1.1m〜1.3m) 

 

プールの営業時間/
休館日/
料 金

 >>公式サイトでご確認ください

水泳帽の着用は常識です。

このプールや他のプールに関してのご意見、ご感想、掲載事項の変更や間違い、リンク切れ、等がありましたらプール名を書いて>>こちらにメールをお寄せ下さい。
お待ちしております。


【情】“”さんからのコメント
(2010年9月)
*学校を利用した3月〜5月末における授業に使われない空いた時間に区民開放を行なうタイプのプールです。正門横の生徒の自転車置き場の横あたりから入場します。階段を下り入場券を購入し提出します。

更衣室ロッカーは100円投入の戻り式タイプです。プールに入る前にシャワーで汗や整髪料を流そうとするもシャワー質は見当たらず、うろうろしていたところよく来る地域の方が、「ここはね、シャワーが出なくてシャワー横の一応お湯が出るホースで身体を洗うのよ」と丁寧に教えて下さいました。ここではそれが普通のようです(苦笑

なので、シャンプーリンスは使うこともできません。しかし、4コース程度しかなくそのうち1コースはウォーキング指定コースとなっていますが、平日の午後の13:00〜17:00ごろの利用であれば利用者も多くても5.6人程度です。あまり監視員もうるさいことを言わず、ウォーキングをしている人が全くいないときは、遊泳コースとして開放してくれるなど、なかなか融通が利く仕様になっています。スポーツドリンクなども台東区全体の規定なのか、注意を受けましたが、「見えないところならいいからね」と言って下さいました。水泳が好きな区民が臨時で監視スタッフをやっているような感じで、スタッフも頻繁に利用されるお客さんと仲良く話しているなど、雰囲気は良かったです。

*交通機関ですが、少し不便です。浅草駅からも歩けますが少し時間がかかるので、東武線の浅草駅前(銀座線や都営浅草線からも最寄り)から15分間隔で出ているコミュニティバス「北めぐりん」に「リバーサイドスポーツセンター前」で降車し、1分程度歩いてアクセスするのが便利かと思われます。お帰りは、ちょっと大変ですが徒歩で浅草やスカイツリーのある押上も使えるかもしれませんが、お疲れのようでしたら、最寄りの都バスで浅草7丁目より乗車し、浅草(小伝馬町/日本橋/東京駅)方向、もしくは南千住駅へ出ることもできるようです。

 

ご意見、ご感想をお待ちしております。 

地域別索引『水夢王国』TOP

無断転載禁止
FUJIKI INDOOR SWIMMING INFORMATION/ (C) Fujiki Taro, All Rights Reserved