【情】“水夢イルカ”さんから頂きましたありがとうございました。(2004年3月)
【情】高野さんから頂きました。ありがとうございました。(2004年12月)
閉鎖【情】地元のMHさんから頂きました。ありがとうございました。(2006年1月)
閉鎖【情】“toshikane ”さんから頂きました。ありがとうございました。(2006年1月)
閉鎖【情】“水夢イルカ”さんからから頂きました。ありがとうございました。(2006年1月)
閉鎖【情】国王の意見。(2006年1月)
閉鎖【情】平野雅之さんから頂きました。ありがとうございました。(2006年1月)
閉鎖【情】“大久保住民”さんから頂きました。ありがとうございました。(2006年1月)
閉鎖【情】“新宿区住民”さんから頂きました。ありがとうございました。(2006年1月)
【情】地元の“MH”さんから頂きました。ありがとうございました。(2006年1月)

プール名

社会保険健康事業財団
ペアーレ新宿(公共)
2006年3月末でペアーレ全館が閉鎖


全国35ヶ所にある“ペアーレ”は、2010年までにすべて廃止又は売却されることが2005年10月に国会で決定していたのです。既に5ヶ所は閉鎖されました。
健康スイムによって「元気ニッポン」をめざす
【水夢王国】としては、これは見逃すわけにはいきません。なんとかスイム環境を守ろうと、只今『水夢王国』では、生まれて初めての「存続を求める署名運動」を行っております。ご協力をお願いします。
・・
住 所

〒169-0072・新宿区大久保2丁目12番1号

施設の特徴

電 話

03−5285−8686

詳細は公式サイトをご覧下さい

交通機関

・JR山手線 新大久保駅より徒歩7分
・JR中央線 大久保駅より徒歩11分
・都営大江戸線 東新宿駅A2出口より徒歩5分

駐車場

※掲載事項が変更されている場合もありますので、事前に確認してからのご利用をお勧めします。
掲載事項に関してまで責任を持つものではありません。
施 設・付帯施設
営業時間・料金
印 象

屋内温水プール

25m×5コース
(水深m)

その他の施設/

1.健康相談・健康セミナー
(無料) 無料健康相談日

2.スポーツ施設
アスレティック・体力測定

3.貸しホール・会議室
ぺアーレホール

4.各講座

プール関係26種類
アスレティックス講座は46種類
カルチャー講座134種類

プールの営業時間/

 

休館日/

・月曜日

・その他不定期に休館があるので注意

料 金(2004/10改定)

・大人/700円

・子供/400円

以下はまだぺアーレ新宿が営業しているときに頂いた情報です。現在は社会保険庁の事務所になっております。
プールとかマシンジムの跡地はどうなっているのか、ピタリと門が閉じられていて知る由もありませんし、公表もされていません。

【情】“水夢イルカ”さんからのコメント
(2004年3月)
地下鉄大江戸線の東新宿で降りて5分ほど歩くと素晴らしい建物があります。
入ると受付けが有りここで一般料金600円を払って入場券をもらいます。これはロッカーにしまわないでプールの中まで持って行き監視員に渡します(濡れるぞ〜)
受付けから階段を降りると更衣室があり更衣室は番号でアスレチックとプールと分かれています。100円を入れて戻ってくるタイプのロッカーです。水着乾燥機があり、シャワーはシャンプー石鹸の使用OKです。ドライヤーもあります。
●プールの一般開放は平日は3時半から5時半までの2時間です。残りの時間はスイム教室の募集で生徒さんになった方のスイム教室になっています。
ただし、区のプールなどのように着替えも入れて2時間ではなくプールに入っているのが2時間です。2時間しっかり泳いでゆっくりと支度をして退出できて女性には助かります。
●プールは時間が限られているので、かなり空いてます。私が行ったときには全5コースで5人しかいませんでした。
●コースは歩くコース、一方通行の往復コース、自由遊泳コース、フリーコースに分かれていて、水もとても綺麗です。それと5mラインの旗があるのが良いです(区のプールはないので)あとはジャグジーがあります。

日曜日は2時間ごとに朝から一般開放されるのですがやはり混んでるそうです。それと、ブイなどの個人の持ち込みは禁止でした。受付けの方も監視員の方もとても優しく感じが良かったです。
●平日にお休みが取れて泳ぎたい方にはお勧めです。施設が充実していて600円は安い。

【情】高野さんからのコメント
(2004年12月)
このたび、水夢王国のホームページを拝見して今日、このプールに行ってきました。 料金が変更になっていましたのでその報告なのですが、9月末までは600円だったそうですが、10月から700円になったということです。
とてもきれいな施設で、日曜日の割にはあんまり人もいないのでお勧めだと思いました。

【情】“toshikane ”さんからのコメント
(2006年1月)
2006年3月でペアーレ新宿が閉鎖されるようです。
これは政府がこのような施設は必要ないとし、全国の年金公共施設を廃止すると閣議決定したものにもとづくそうです。
数年以内に全てなくなるとは悲しいです。
高い料金の民間施設で泳げない庶民がこれからいっぱいでそうですね。
改革には痛みが必要ですが、痛すぎて我慢できるのでしょうかね。利用者もかわいそうだし、職員さんもかわいそう。なんとかならないものでしょうか。

廃止に対する意見
印象2

【情】平野雅之さんからのコメント
(2006年1月)
ペアーレ新宿は自宅から近いので利用したことがあります。
とても綺麗な施設で感心しました。
ペアーレが運営を停止するとして施設そのものはどうなるのでしょうか?
あれだけ立派な施設を廃棄するわけは無いと思うのですが、民間企業に払い下げるということになるのでしょうか?

【情】“大久保住民”さんからのコメント
(2006年1月)
立地も良いので、社会保険庁が事務所(東京社会保険事務局)として使うようです。
心と身体の健康づくりを目指し、社会保険庁が設置した年間10万人以上もの利用がある有意義な施設を利用者のことも考えず、一方的に閉鎖するのは納得いきません。
10年以上もプールに通っていた母親も、生き甲斐がなくなるとガックリです。たしか社会保険庁は人員削減のはずですが、同じく3月末で閉鎖になるペアーレ藤沢も同様に社会保険庁の事務所になるようです。
経営上の問題では無いと、職員さんが言ってました。

【情】“新宿区住民”さんからのコメント
(2006年1月)
社会保険庁は解体(名前を変えるだけのウソの解体ではなく、本当の意味での解体)をするような機運が高まっている時に「事務所に」というのはあまりにもバカにしていると思われませんか?

【情】地元の“MH”さんからのコメント
(2006年1月)
こんにちは。プール情報のページを楽しく拝見しました。この中にもある、ペアーレ新宿が便利で気に入りで、10年以上ずっと毎週のように通ってていましたが、今年の3月31日で閉鎖になるそうです。
中央社会保険健康センターということで、昨今の整理合理化のあおりを受けて社会保険事務所も建物を使っていることもあり、譲渡もされず閉鎖が決まってしまったようです.。とても残念です.
利用者も少ないわけでもなく、
健康保険の支出を減らすための健康作りに役に立つはずの施設を閉鎖すると言うのは単なるお役所的数合わせにしか感じられません。
公式ページにもまだ載っていないようですが、施設に置いてあったチラシを見てショックを受けております.。

【情】“水夢イルカ”さんからのコメント
(2006年1月)
私は何回かお邪魔して泳ぎました。金額は体育館プールよりは少し高いですがとても綺麗だし、水の中に2時間いることが出来て着替えの時間が含まれないのでのんびりと帰り支度が出来て良いプールでした。
ただ、会員さんのレッスンがあり一般は時間指定があるので誰でも利用できるというわけではなくてレッスン以外はとても空いていました。
受付けの方も監視員の方もとても感じが良かったのに残念です。
王様が言われるように体制は変わってもプール事業そのものは形を変えて続けて欲しいと思いますが難しいのでしょうか。

【情】国王からのコメント
(2006年1月)
外見だけで中身のない「改革」は許せない!(怒り!)
財団法人を解体するのなら理解できます。しかし、プールとその事業を解体するのは理解できません。
社会保険健康事業財団という財団法人が運営しているわけですが、またまた改革の中身を問わない形だけの、外見だけの、十把一からげの「改革」ではないでしょうか?
ほんとうの無駄を省かなければならないのは他にたくさんある。そっちの方を放っておいて、また年金基金の運用の仕方は?という本筋の論議はなにも起きないのはなぜなの?
事業団のホームページは
ここに現在45個所がペアーレとして掲載されています。
いまペアーレでやっている取り組んでいるテーマはは他の政府系施設とダブってはいるものの、間違いではないと思います。

こういうことを市町村とか都道府県とかの自治体が民間ではできないことを国がやることとして、今後の老人医療費、介護保険の多大な支出を「元気高齢者」を増やすことによって削減できて、本当の「改革」が実行できる一つになると思います。
ホームページには、役員には元厚生省のキャリア、元社会保険庁のキャリアが名を連ねています。
またサイトにはご丁寧に退職金規定まで掲載されています。みなさん、良く見て下さい。
ご意見を
こちらに下さい。

 

新宿区・渋谷区・・『水夢王国』TOP

FUJIKI INDOOR SWIMMING INFORMATION/ (C) 1999〜2006 Fujiki Taro, All Rights Reserved