「イギリスの里山事情」
− Community Forest & Community Woodland −

資料がありますので、お問い合わせ下さい。説明会などのプレゼンも出来ます。

 調査活動の概要

  時期:2004年3月26日〜4月12日
  場所:Cornwall,Devon,Wales等
  メンバー:石黒;地域研究家、木彫家
        長谷川;環境教育、野生動物
  目的:里山と地域振興・環境教育の実際
  移動:レンタカー(3500km)
  訪問先:40箇所(アポイント;14箇所)


 イギリスに里山はあるか?

   @“Community Forest”
       環境創出と地域振興
       イングランド12箇所で推進中
   A”Community Woodland”のネットワーク
       環境保護系の生い立ち
        (Woodland Trustの関与)
   B第三の活動:地域振興からの発想;Tir Coed等

  → 里=コミュニティ...規模ではなく機能!


 里山の活用目的

   ・子供の環境教育:観察、混合林植林、リサイクル
   ・各種ハンディキャップの治療、健康維持
   ・木に関連した大人の趣味・クラフト
   ・歩く/リクリエーション/アウトドアー
   ・地場産業:木材、炭、燃料、肥料
   ・農林業多機能化:Permaculture,Forest Garden
   ・観光への活用:野生動物、環境教育、バイク
   ・新しいエネルギー(グリーンエネルギー)
   ・地域の環境・景観改善/癒しの空間
   ・里山自体の再生・植林/コミュニティ再生

Homeに戻る