1/2 [INDEX] [NEXT]

日本諸家人物誌 

南山道人〔池永豹〕 纂述
(皆川淇園 校閲『日本諸家人物誌』上・下 利渉堂 梓
 寛政庚申(*1800(寛政12))新刻
 縦書表示 for IE

  諸家人物考題辞   上 目録   下 目録   儒家部   医家部   歌学国学家部   書画家部   補遺
[TOP]

日本諸家人物誌

淇園先生閲

諸家人物考題辭

(皆川淇園)
盖余甞言、 夫人世大抵、以期爲極。 唯名可以得傳世不朽矣。 若夫勢位貴顯、爲世所稱誦者。 而於如文学・詩歌・方伎・書画・種藝家、 其材秀傑特拔者若不才、 不得史家所学(写)収録。 或爲所擯斥、則及歴世久遠其人履歴行事湮埋亡滅不可復考。 則非甚可惜也乎。 今閲此冊録、 知近時諸名流行事履歴、大略皆備。 况以成知惜之所志 而復令後進永覽攷、 可謂先得予志者。 其方鍥(*{金+契})者之請題、因爲書。
寛政己未(*1799(寛政11))孟冬八日 皆川愿(*字伯恭、号淇園。)

盖し余甞て言はく、 「夫れ人世は大抵、期を以て極と爲す。 唯だ名のみ以て世に傳へて不朽なるを得べし。」と。
 夫の勢位貴顯の若きは、 世の稱誦する所と爲る者なり。 而も文学・詩歌・方伎・書画・種藝家の如きに於ける、 其の材秀傑特拔なる者も不才なるが若く、 史家の学びて(写して)収録する所を得ず。 或は擯斥する所と爲れば、 則ち歴世久遠に及びて其の人の履歴・行事とも湮埋・亡滅して、復た考ふべからず。 則ち甚だ惜しむべきに非ずや。
 今此の冊録を閲するに、 近時の諸名流の行事・履歴、 大略皆備はるを知る。 况んや以て知を成し、之が志す所を惜しみて、 復た後進をして永く覽攷せしめば、 先づ予が志を得たる者と謂ふべきをや。 其の方に鍥せんとする者の題を請ふ、因りて爲に書す。

   寛政己未孟冬八日  皆川愿題す

【入力者注記】 本書の活字翻刻本には、三枝博音・清水幾太郎編『傳記資料・索引』(日本哲學思想全書 第二〇巻 一九五七・八・三〇)がある。ただし、題辞は載せていない。原文の画像は、国会図書館「近代デジタルライブラリ」でも見られるが、以下に入力者所蔵本の画像を掲げておく。翻字・書き下しにも手間は掛けたつもりだが、不十分な点や誤りもあることと思う。識者の批正を乞う。



[TOP]

日本ゥ家人物志 上 目録



[TOP]

日本諸家人物志 下 目録

日本諸家人物志 下 目録 

[TOP]

諸家人物誌 上

浪華 南山道人 纂述
(*原文句読点なし。漢字カタカナ交じり文。)
南村梅軒
南村梅軒は何許(*いづこ)の人なる、詳にせず。或は大内家の浪士にして防州の産なりと云り。漂泊周流して豫州(*土州か。)に來り、吉良氏に客たり。此時天文年間、文運未だ開けざるに、先生ひとり孝經・四書を讀み、旁ら孫・呉を講ず。又三十六策問を作ると。今遺文存ることなければ、其目いかんとだも知こと能ず。行實詳かに南學傳(*大高坂芝山)にみえたり。
吉良宣義
俗称右近。吉良豫州(*吉良宣経は土州吉良城主。)の從弟。共に梅軒に學ぶ。豫州薨じて後、嗣君(*吉良宣直)に諫爭して黜らる(*しりぞけらる)
蓮池左京進 (吉良親実)
名は親實。秦苧ム(*長宗我部元親。長宗我部氏も秦氏の流れを称する。羽林は近衛の唐名・堂上家の称。後文「長沢潜軒」の項の記述より「秦羽林」で長宗我部氏を指すと思われるが、「羽林」の称と長宗我部氏との関係は未考。)の氏族(*甥。原文{方+(ム/夫)})たり。梅軒弟子如淵子(*真西堂如淵。忍性・天室とともに南学三叟と呼ばれた。親実の兄ともいう。親実と共に刑死。軍記『吉良物語』を著す。)といふ者に學ぶ。直諫して容られず、自害して忠死す(*継嗣問題で長宗我部元親により切腹を命じられた)
谷時中
名は素有、時中は其字なり(*若年慈沖、還俗し時中と称す)。父の名は宗慶(*浄土真宗の僧という)。幼より書を嗜みて眼を過れば忘れず。經業を務め、四書を煙、す。慶安年中(*慶安二年〔1649〕)に卒す。年五十二歳。(*門人輯録の書『素有語録』『素有文集』『二条家和歌作法』があるというが、未詳。)
小倉三省
名は克、字は政義(*政実とも)、三省と号す。其先は江州の人。天文年間、土佐侯に仕ふ(*父政康〔勝介〕は山内一豊に仕えて土佐国に入り、上大夫となる)。祿千石を賜ふて國政を預り(*『先哲叢談』に父の采地三千石を襲うと述べる)、聞く甞て廳の壁に「一命之士、苟存心於愛物、則於人必有濟。」(*『小学』外篇嘉言第五に程明道の言葉として述べる。)と書す。其志しこゝを以てしるべし。士庶大に其コを仰ぐ。家に在の暇は聖經を講じ、程朱の旨を述ぶ。慶長甲辰の年(*慶長甲辰は慶長九年〔1604〕で三省誕生の年。没年は承応三年甲午〔1654〕。)永訣す。年五十二(*ママ)にして業を谷時中に受くといへり。人推して南學の祖とす(*野中兼山・山崎闇斎と共に時中門の三傑とする。著書『周易大伝研幾』は未詳)
野中兼山
名は止、字は良繼(*「名良繼、一名止。」ともいう)、兼山は其号なり。其先播州の人。父は主計と号す。舊く本山卿六千石を領して土佐に随順す。兼山幼して谷時中に學び、小倉三省を友とす。政事の余暇程朱の書を讀、喜んで通鑑綱目を看る。年年瓊浦(*〔同〕瓊江。長崎の異称。)に人を遣して、來舶の書籍を買しむ。此時儀礼經傳通解(*朱子。和刻本には『儀礼経伝集註』を併記。楊復が続巻「祭礼」を著す。)未だ梓にることなし。異本を繕寫し、訓点を加ふ。(*伝には京都で朱子の諸書を刊行したことが見えるが、この書については未詳。『先哲叢談』には著述残らずとする。)寛文年間に卒す。男不肖にして家除らる。(*寛文三年〔1663〕兼山父子は幽閉される。その年、兼山歿。)
長澤少貳 (長沢潜軒)
名は虎、潜軒と号す。(*少貳は字。)業を三省に受く。○父は道壽(*号柳庵。医術に長じ、土佐道寿と称せられる。『医方口訣集(愚按口訣)』『藪医問答』等を著す)、賣藥散人(*売薬山人とも。)と号す。を以て鳴る故に潜軒も醫によつて蹟をなし、洛の小室村(*双ヶ岡という。御室か。)に遯る。潜軒の門に○飯室五右衞門(*飯室小櫃〔しょうき〕)と称る人あり。碩儒の聞ありて會津苧ム公(*未詳。保科正之または正経か。)に聘せらる。
釋文之 (文之玄昌、南浦文之)
名は玄昌(*俗姓湯佐または和仁氏)。日向南外浦の人。故に自ら南浦と号す。(*別号懶雲・狂雲・雲興軒・時習斎。)薩の建長寺(*大竜寺開山。翌年、建長寺で上堂秉払〔ひんぼつ〕の式を行う。)に住し、はじめて四書を訓点す。(*『四書集註』文之点。後水尾天皇に新注を進講。)著述南浦文集あり。(*他に『鉄炮記』『日州平治記』『決勝記』等。)
如竹 (泊如竹、日章)
薩州の人、姓を詳にせず(*俗姓泊〔とまり〕)。或は薩州南の小嶌舵工の子なりと。(*屋久島安房の船大工の子と伝える。安房本佛寺で出家、日章と称する。)少して髪を削て僧となり、京都に至り本能寺に居て法華を學ぶ。然して心樂まず。薩州に帰る時に同州の人釋文之四書集註を講るを聞、大に喜んで曰、吾固り世にこれ有んと謂ふ。果して然り。是をすてゝ何をか學んやと。遂に文之に從學して儒となり(*正興寺で文之玄昌に従学)、藤堂(*藤堂高虎)に聘せらる。逝して嗣君(*高次)學を好まず。よつて薩州に歸り、余禄を以親族郷(*原文「卿」。以下同じ。)人の貧なる者を賑はし、海に浮んで龍(*琉球)に適く。琉球王(*中山王尚豊)敬して師とし事ふ。翁琉球に居ること久し。然遠く異國に就ことを樂まず。乃ち去て薩州に帰り、また祿を以て郷黨に分つ。(*島津久元または光久に仕えるという。)又始のごとし。慶安・明暦の間を以て薩州の本邑に卒す。(*正保元年〔1644〕、屋久島に帰る。明暦元年〔1655〕沒す。)
藤原惺窩
名は粛、字は斂夫。其先世々播州細川に食邑す。父の名は爲純、所謂る冷泉家なり。先生幼にして頴悟常ならず。人呼て神童とす。一旦髪を削て僧となり、洛の相國寺に入舜首坐(*しゅんしゅそ)と号す。佛書を看るといへども志は儒にあり。後に四方に游學して性理の書を讀み、當世に善師なきことを歎ず。忽ち奮發して中華の文物を見んと欲し、明朝に入んと欲するに、舟風濤のためにさへられて器界嶌(*鬼界島)に漂着し、志遂ずして歸る。先生又おもへらく、聖人に常師なし。これを六藝に求て足なんと。是より儒に歸して四書六經を講じ、程朱の説を唱ふに、海内靡然として随ふ。甞て朝鮮の人姜(*原文「姜况」)曰、朝鮮三百年以來このごとき人有ことを知らず。我幸に日本に來て先生に謁す、と云り。先生始めは柴立子と号す。後に洛北市原邑(*現京都市左京区静市〔しずいち〕市原町)に隱居して自ら北肉山人(*元和元年〔1615〕、市原山荘に移る。自ら挙げる市原八景に「北肉峰」とあり。「背」の解字ともいうが、未詳。)と号す。惺窩は其居を号するなり。通じて稱とす。元文五年に永訣す。享年五十九歳なり。
著述
 惺窩文集  文章逹コ録(*原文「縁」)(*『文章達徳綱領』)  惺窩和歌集
〔惺窩門人〕 (*頭書)
那波活所
始の名は方、字道圓、姓は那波氏、後に姓を右(*祐)、名を觚と更む(*祐觚)。播州姫路の農家なり。生得て大志あり。家産を顧ずして古書を購ふ。惺窩先生に謁して程朱の學を聞く。其杜鵑を詠ずるの詩を惺窩ことに歎称す。これより名價日々に重し。若冠にして肥後(*加藤忠広)の聘に應ず。不遇にして洛に歸り、銅駝坊に寓す。帷を下して四書及び春秋左傳・通鑑綱目等を講ずるに、第子(*ママ)最も多し。老年紀藩(*徳川頼宣)に筮仕す。享年五十四。
著述
 活所遺稿  明備録(*『活所備明録』『活所備忘録』等の随筆があるという。)  帝王歴數圖(*自叙が遺存するという。他に『倭名類聚鈔』『白氏文集(白氏長慶集)』の校訂、『四書註者考』『人君明暗図』『桜譜』『東行九段(活所東行道の記)』『老荘叢話』『鬼簿便覧』等。)
嗣子木庵 (那波木庵)
名は守之、字は元成。克く業を繼て、父に才おとらず。紀藩(*原文「」以下同じ。)に仕ふ。老圃堂集を著す。門人○奥田舒雲、才學あり。字号詳ならず。近時の○那波師曽、播州の人なり。左氏傳を訓点す。もとこれ活所と同宗なりと云へり。コ嶌の儒臣なり。
堀正意 (堀杏庵)
字は敬夫、杏庵と号す。惺窩の門人。初藝藩に仕へ、後尾州に客たり。官命を奉じて武家系圖を撰す。門人○三宅正堅、字は子柔、澹菴と号す。越中に仕ふ。
松永昌三 (松永尺五)
名は遐年、字は昌三。貞コ翁の嫡男にして惺窩先生に學ぶ。声名一時にく、門下才俊多し。承保年中、勅を蒙りて布衣にして春秋を講ず。又京尹(*京都所司代)板倉の請によつて經史を講ず。講習堂、春秋舘、或は五尺堂の号あり。○嗣子昌易、○次子永三克く業を繼て家聲を落さず。
菅子コ (菅得庵)
名は玄同。子コは其字なり。得庵と号す。播州姫路の人。始め玄朔に就て医を學ぶ。惺窩に見ゆるに及んで医を棄て儒を學ぶ。書室を生白と号す。洛下に生徒を教授し、肯て仕へずといへども名朝野に振ふ。稽古録、并に忠鏡録を著す。みな一小冊なれば世に傳ること罕なり。
(林羅山) (*見出しを掲げず、目次も省略する。)
藤惺窩先生の門に林羅山先生あり。羅山先生、名は信時、号は羅山、後に名を忠、字を子信と更む。○羅山先生の長子叔勝、字は敬吉、○次子春勝、字は子和、号は春齋、鵞峯先生これなり。春齋先生の長子梅洞、名は愨、字孟著、一の字は春信、○次男春常、名は、後に名は春篤、字直民、鳳岡と号す。○羅山の末子春コ、名は守勝、後に名は靖、字は彦と更む。羅山先生
神祖に徴擢せられ玉ひしより世々天下の文學となつて、子孫連綿として盛なり。其コを仰ん人は、刊行諸文集、及び行状・碑銘等に就て見るべし。今忌諱を犯さんことを憚つて、こゝに畧す。
〔羅山門人〕 (*頭書)
人見道生
本姓は小野氏、名は壹、道生は字なりと。幽軒と号し、林塘庵と稱す。幼にして家貧し。筆(*原文「/聿」)耕して業となす。多く書を蔵むる人に就て手づから寫し、是を讀む。初め菅得庵に學ぶ。羅山先生官暇を賜つて京に歸るの日、徃て正學の旨を問ふ。業成て 水府威公の侍講となる。七十一にして卒す。
著述
 林塘集  荘子口義棧航  五經童子問
男傳、字は士傳とす。或は道毅と号す。通名又左衞門と称す。天和中に史舘惣裁となる。
人見友元
名は節(*原文「/即」)、字は宜卿、友元は通称なり。竹洞と号す。道生の姪(*甥)なり。鵞峯先生本朝通鑑を編るの時、竹洞も預り修す。友元の○中子伯毅、字は元徳、詩名一時にし。
永田善齋
名は道慶、善齋は其号なり。自ら陶潜居と号す。紀州の人。幼にして建仁寺古澗に學ぶ。古澗が咏鷹詩を難じて後、絶して道春の門に入る。
著述
 膾餘雜録
善齋の○男格庵、字は某、狂痴と号す。
和田宗允
和田宗允、字子誠、一に静觀窩と号す。洛下に教授す。羅山の門人なり。
三宅亡羊
名は嶌、寄齋と号す。泉州の人。少時四方に游學し、常の師なし。惺窩先生を友とし、洛に教授す。餘暇茶香を以て樂地とす。布衣にして
後陽成帝に侍講し、段匹名香を賜る。卒る年七十歳。
道乙、字子燕、鞏革齋と号す。克く業を紹で、備藩に仕ふ。祭礼節解を著し、通鑑綱目を訓點す。
邨上友
字は漫甫、活所の門人。自ら冬嶺と号す。伊藤坦庵・江村毅庵を相友として、東涯弱冠の頃まで長壽にして居られしこと、紹述文集に見えたり。
石川凹
字は丈山、六々山人と号す。参州の人。
神祖の侍臣。大坂の役に從て功をなす。後辞して叡麓一乗寺村に隱れて詩仙堂を營む。嘗て
 わたらじな蝉の小川のあさくとも老の浪そふ影も愧かし
一首の國風(*和歌)を咏じて、誓て市中に入らず。今現に詩仙堂に手澤曁び遺物を存す。卒する年九十余。平生の詩を輯めて正續覆醤集と号す。
門人平岩仙圭
字は某、忘筌窩と号す。京師の人。
野間三竹
字は子苞、静軒と号す。松永昌三の門人、丈山の詩友なり。城州柳谷に隱る。席上談 古今逸士傳を著す。
淺山林庵
名は素心。洛下講學。布衣にして
後光明帝召て書を講ぜしめ玉ふ。
瀧川隨有
名は昌樂、字は随有。昌三の門人。
木下順菴
名は貞幹、字直夫、号は順菴、一に錦里と号す。俗稱平之允。松永昌三の門人。幼にして竒才あり。天台海公一たび見て之を異とし、父母に請て法嗣になさんとす。先生随はず。年十三にして太平賦を作る。長ずるに及んで東都に游ぶ。志を得ずして洛に歸り、東山に隱れて書を讀こと殆んど二十余年、聲名天下に溢る。加州に聘せらる。元祿(*原文「録」)中に卒。門人私に謚して恭靖先生とす。著述錦里文集あり。
長子敬簡夭く没し、○次子寅亮、名は汝弼、号は菊潭、或は竹軒と号す。賀藩に仕ふ。寅亮の男○寅孝・寅道共に熈朝文苑に見ゆ。字号詳ならず。
〔順庵門人〕 (*頭書)
新井白石
初めの名は、後に君美と更む。字は在中、白石は号なり。本姓(*原文「本性」)荒井、世系は新田氏に出づ。木下順菴の弟なり。文廟潜邸の時、書記となる。繼統の後登庸せられて爵五品を賜り、采地千石を食して筑後守と号す。其才經濟に長じ、著撰みな國家の典刑なり。詩文もまた藝苑(*原文「{/(禾+丸)}苑」)の魁首(*原文「魁」の「ム」なし。)たり。卒年六十九。
著述
 藩翰譜  東雅  五事畧
 南嶌志  蝦夷志  采覽遺言
 孫子兵法擇  本朝軍器考  方策合論
 鬼神論  停雲集  白石詩艸
 白石余稿  北海随筆  同文通考
 古史通  文字考  行賞録
 骨董録  列祖成蹟  読史餘論 (*入力者所蔵本には、この後に朱字で「折燒柴ノ記」と付記。)
室鳩巣
名は直C、字は師禮、一の字は汝玉、滄浪と号す。俗称新助とす。鳩巣は賀州に在るの日、某氏の廢宅を買て住する時、自ら記を作て号となす。駿臺も東武に在の日、賜第の地名なり。其先は備中英賀の人、京師に游んで木靖恭に學ぶ。初め賀藩に仕へ、文廟の時徴擢せられて殿中侍講となる。鈞旨を奉じて五倫五常名義・六諭大意(*六諭衍義大意)を撰す。卒する年七十七。
著述
 大學新疏  駿臺雜話  五倫五常名義
 義人録  鳩巣詩文集  六諭演義大意
 學庸廣義  周易廣義  論語廣義
 楠正成諸士教  鳩巣小説  獻可録
 大極圖述  西銘講義  不忘抄
 逸話
榊原玄輔
字は希翊、篁洲と号す。本姓は下山氏。外父の家に養はれて榊原を冒す。泉州の人。木靖恭に學ぶ。其學博くして、經濟を以自ら任ず。旁ら五行數術に通じ、篆刻を善す。南藩に聘せらる。没る年五十二。著述多く、寫本にて行る。
著述
 大明律譯解  印象備考  續印象備考
 詩法授幼鈔  易啓蒙諺解  増仄韻礎
 書言俗解
雨森芳洲
名は東、字は伯陽、東五即と稱(*原文「禾+爾」)す。木靖恭に學ぶ。木靖恭目するに後進領袖と稱(*原文「禰」)して對州に薦む。用ひて記室となす。性質温厚にして人と争はず。詩賦を好まずといへども、文章を以て韓人の爲に雅重せらる。兒孫職を世世にす。著述
 橘茶話  たわれ草
祇園南海
名は正卿、後に瑜と更む。字は伯玉、稱は與一、南海は号なり。或は箕裾散人の号あり。紀州の人。木靖恭晩年の弟子。幼にして頴悟、名郷黨に聞ゑ(*ママ)、本藩に庸られて文學となる。年十七にして一夜に五言律詩一百首を作るに、句句みな金玉なり。人みな其才を歎服す。旁ら画を工みにし、喜んで竹を寫す。描けば必ず題す。男師職を襲て本藩に仕ふ。
著述
 南海文集  詩訣(*原文「詩决」)  詩學逢原
 明詩俚評  一夜百首  (*入力者依拠本には、この後に朱字で「詩」とあり。)
松浦霞沼
名は儀、字は貞卿、俗稱儀右衞門。播州の人。幼にして才智あり。對州一たび見て竒なりとす。因て木靖恭に請て業を受さしむ。學通じての記室となる。
柳川順剛
字は用中、震澤と号す。江州の人。木靖恭京師に在るの日、徃て學ぶ。〓(*{穴/言})溪録・日知漫録を著す。
向井三省
字は魯甫、滄州と号す。順剛の繼子となりて柳川を冐す。後にまた本姓に復す。木靖恭の弟子。洛下に教授す。門人○長野方義、字は之宜、○石川伯敬、名は正誼、麟洲と号す。小倉に仕ふ。嘗て弁道解蔽を著して徂來を駁す。
南部景衡
字は思聡(*原文「」)、南山と号す。本姓は小野氏。長嵜の人なり。○南部子壽養て子とす。仍て南部氏を冐す。少して詩を人黄公溥、人謝叔且に學び、業を筑後の安藤省菴に受く。子壽富山に聘せらるゝに及んで、東武の邸に寓す。省菴と同門の故を以木靖恭に學ぶ。自ら詩を輯めて喚起漫草と号す。卒る年五十五。
男國華
名は景春。秀才の名あり。年十三にして登東天台(*東叡山寛永寺)、詩五言古風に百句を賦す。曁び書画に巧なり。夭して没す。
服紹卿
本姓は服部、自ら修して服とす。名は保庸、紹卿は字なり。寛齋と号す。東武の人。木靖恭の門人。家居して孝を盡す。其行謹厚なり。博學にして才華を競はず。出て
文廟の侍講となる。○令弟愿、字は維恭。一時に書名あり。共に侍講となる。
田子彝
本姓は圓田、名は宗叔、子彝は字なり。東武の人。医を以隱る。靖恭の門人。
田信威
本姓は岡田、名は文、字を以て行る。竹圃と号す。其先は朝鮮の人。壬辰の乱(*文禄の役)に我兵に掠られて遂に歸化せり。信威は其孫なり。木靖恭其才を称し、之を南藩に薦む。
堀山甫
字は順之。年二十、はじめて木門に學ぶ。行の聞えあり。
西山
名は順恭。對州の人。本姓は阿比留氏、後に西山と更む。年二十余にして本藩の書記となる。因て業を木門に受く。死に臨んで自ら詩文の稿を采て燒て曰、我輩の詩文何ぞ遺すことをせんと。固より著述を喜ざれば、遺編有ことなし。
岳仲道
本姓は岡嶌、名は逹。加州の人。石梁と号す。総角書を善し、長じて學術あり。木靖恭其の老母郷(*原文「卿」)里に在りて官遊とげざるを憫み、是を菅公に薦む。因て北に歸ることを得て、本藩に仕ふ。居ること數年にして母を喪ひ、哀毀礼に過て幾ならずして卒す。
石貫卿
本姓は石原、名は魯、字は貫卿、鼎菴と号す。或は梓山と稱す。長嵜の人。少して僧沈一心越に従て學ぶ。医に奄オく書を工にす。壮なるに及んで東游し、木門に學ぶ。志し遁逸に存し、市井を樂まず。四十余にして卒す。梓山拾翠集を著す。
〔白石詩友〕 (*頭書)
梁田蛻巖
名は邦彦(*原文「/久」は別字。以下同じ)、字は景鸞。東武の人。蛻巖は其号なり。世系足利氏の名族たり。少して材を以て聞ゆ。列國に官游すれども志を得ず。東都に歸る。火災に罹りて甚く窮阨に在れども、志いよ/\し。学は洛を宗として別に見解あり。旁ら内典の書を讀て中華和尚を友とし、國学を吉川惟足に談ず。詩白石と唱和して大に作家の名を成す。晩に明石に聘せられて文學となる。蛻巖詩文集・蛻岩答問書(*原文「{/合}問書」)を著す。男邦鼎、克く業を繼ぐ。(*入力者依拠本には、この後に「詩文集前後二編アリ」と朱書あり。)
桂山彩岩
名は義樹、字は君華。東都の秘書監なり。天水と号す。蛻巖の詩友なり。尤も律詩に燕Hなりとす。其為人沈黙にして浮靡を(*「の」か。)風を憎て自ら晦(*くらま)す。仍てしる人稀なり。
土肥允仲
名は元成、字は允仲、霞洲と号す。幼にして敏悟書を授れば誦をなす。六歳詩を賦す。
常山源公見て奇なりとす。年十一、論語を講ずるに論弁甚だ明なり。且其賦を大書するに、筆勢遵勁なり。庸られて 文廟の侍讀となる。白石と詩友なり。
益田寉樓
字は伯鄰、寉樓は其号なり。東武の人。其祖は相州の豪家なり。嘗て明人に五靈方を授り、北條氏滅(*原文{冫+})ぶるに及て東武に遷て彼方を施すに大に驗あり。遂に賣藥をなして財巨萬を得たり。伯鄰少して書を讀み、營々を厭て游侠を事とし、客を好んで家産を蕩盡す。詩を白石に學んで一時に鳴る。寉樓遺編を著す。
眞部子明
名は璋、字は子明。紀州の世臣。その弟に譲て隱遯す。初め其父山陽に客死して遺墳播州に在り。悵然として拜掃の志ありて、播州に至り上禮をはりて遂に海を踰て長嵜に游ぶ事三年、西南の山海名區を浪游し、東都に徃て詩を以て白石と驩す。遂に京師に客死す。性太だ讀書を好まず。詩及び書画に煙(*ママ)なり。僧ス峯、嵜陽の天等頻りに其才を賞す。
釋法霖
字は元澤、本姓は小野。東武の人。家資千金肯て生産を心とせず。壮にして家を去て僧となり、雲水に放浪す。○釋若霖、字は桃溪。相州の人。四方に來徃して錫を留るところを知らず。師ともに詩を以白石と方外の游をなす。
〔鳩巣門人〕 (*頭書)
中村蘭林
本姓は藤原氏、名は明遠、字は子晦、蘭林は号なり。一に盈進齋と号す。東武の人。初め玄春と稱して、幕府の医官なり。鳩巣の門に入に及んで、大に才學の聞ありて、徴せられて殿中侍講となる。
著述
 讀詩要領  學山録  孟子考證
 講習余筆  謝上蔡語録
河口子深
名は子深、字は穆仲、静齋と号す。河越の文學。業を鳩巣に受く。
著述
 静齋文稿  斯文源流
陳元贇(*原文「陳元{/貝}」。以下同じ。)
字は義都、既白山人と号す。明の虎林の人。崇禎の進士下第たり。投化して尾州に客たり。其文わづかに元元唱和集にみえたり。書は子昂を宗として大に風致あり。或人の曰、艸山集は元贇の書なりと。然や否をしらず。
僧元政
名は日政。自ら妙子と号し、或は不可思儀(*ママ)と號す。俗姓は菅原、氏は石井。年十三、彦根に仕ふ。十九にして病を以て謝し、致仕す。自ら祝髪して出家し、法華律を持(*たも)ち、深艸瑞光寺に住して父母に孝を盡す。丈山・元贇と詩を以て交る。ことに元贇と心機合し、方外の游をなし、二元或は元々と稱す。詩文を以て自ら定めて艸山集を著す。
 元々唱和集  扶桑隱逸傳  艸山和歌集
身延之記等あり。其外護法の著作數部、今こゝに畧す。
伊藤坦菴
姓は伊藤、字は元務、名宗恕、自怡堂と号す。活所の門人。京師の人。越藩に文學となる。若冠の日、江邨專齋と交る。專齋平日の説話を筆記して老人雜話と号す。寳永年間に卒す。年八十六。著すところ坦庵遺稿あり。
宜齋、名は元基、字は子崇、龍洲と号す。本姓はC田氏なり。坦菴の養子となりて伊藤氏を冐す。著述數部家に蔵して世に公ならず。
龍洲の男
(伊藤縉) (*見出しを掲げず、改行のみで前文に続ける。) (伊藤錦里)
名は縉、字は君夏、宗二と称す。越藩の文學。洛の錦小路に居る。仍て錦里と号す。
清田君錦
名はc、叟と号す。龍洲の庶子、北海の弟なり。越藩の文學となる。孔雀樓主人と号す。
著述
 孔雀樓筆記  孔雀樓文集  藝苑談
 藝(*原文{/(禾+丸)})苑譜
江村宗具
姓は江村、名は宗具、字は專齋。播州三石の人。遷て京師に住す。医を以て森作牧に仕ふ。後致仕して洛に歸る。壽満百歳にして
太上皇勅して杖・扇・茶酒を賜る。寛文年間卒す。
江邨宗a
名は友石、剛齋と号す。業を那波活所に受く。山州白雲村に住す。著述數部家に蔵す。梓に行ふは剛齋殘稾あり。實に專齋の次子なり。專齋の嫡○好菴、性學を好まず。好菴の男○若水、名は宗流、訥齋と号す。訥齋の男○毅菴、名は簡、字は易從、山の儒臣。毅菴の男○名實、字は若虚。毅菴の季子○希南、名は如圭。代々著述、家に蔵して世に公ならず。如圭の著述、名物弁解あり。既に詩經の部を上木す。
江村北海
名は授、字は君錫、北海は号なり。本姓は伊藤氏。龍洲の長子なり。幼にして叔父河村氏に養はる。年二十歳、はじめて書を讀、力學して大に機發するところあり。數世の通家なるを以て江村氏の養子となりて山に仕ふ。後に致仕して洛に隱る。他姓を冐すによりて顔を抗して人の師たらず。詩文を以て業とし、経義を講説することなしといへども、名價甚だし。天明中に没す。
著述
 蟲諫  北海詩抄  北海文抄
 日本詩史  日本詩選  詩選續編
 七子詩集譯説  授業編  樂府類解
鳥山輔寛
字は碩夫、鳴春と号す。俗称左太夫。攝津の人なり。京師に講學す。旁ら書名あり。時の人洛陽の名筆と目す。平生の詩載て芝軒吟稾あり。
輔門
称は岡之助、香軒と号す。碩夫の男なり。香軒吟稾あり。近時浪花に鳥山ッ岳(*原文「{山/(禾+公)}岳」)なるものあり。碩夫の後なるか。或は曰、しからず。越前の人なり、と。
深見玄岱
字は子新、天と号す。長嵜の産なり。其祖○高壽覺の(*「は」か。)福建璋郡の人なり。投化して薩州に寓す。壽覺は(*「の」か。)男○名は大誦、年十六にして西の方齊魯燕趙の間に游ぶこと凡十余年、忽ち東歸の志ありて、輙ち商舶に登り、長嵜に歸り住む。長嵜の府尹召て舌人とす。仍て姓を深見と更む。○子新は大誦の季子たり。書を僧獨立に學んで一家をなし、詩も白石を友として聲譽あり。
文廟のはじめ有文を以て擢用せらる。子新二子あり。長を○但賢、字は松年、○次子を倫庸、字は亀齡、並に才名あり。
林道榮
名は應采、道榮は字なり。墨痴と号す。崎陽の産なり。詩文及び華音に通ず。書も又一家をなし、玄岱と雁行す。人目をして嵜陽の二墨妙と称す。
盧草拙
字は元敏、清素(*と)号す。或は葆真の称あり。嵜陽の舌官。著すところ囈録あり。
劉宜義
氏は彭城(*さかき)、名は宜義、東閣と号す。ともに嵜陽の譯官なり。有文を以て聞ゆ。
暘谷
本姓は渡邊、自らと更む。名は彜、字は君秉、稱忠蔵、号は暘谷。嵜陽寫字官なり。少して詩名あり。自媒して輙ちいふ。歌行近體における、海内に蛻ーと吾とあるのみと。仍て人高梁と號せり。
鉅鹿(*おおが)民部
名は皓、字は子明。本姓は魏氏なり。嵜陽の人。明の宴樂を傳へて京攝の間に鳴る。魏氏樂器圖・魏氏樂譜あり。」(*ママ)ちなみに云、おほがは鉅鹿の魏氏、ふかみは渤海の高氏なり。さかきは彭城の劉氏なり。みな投化の人。地名を國訓して氏とせるなり。
大季明
字は清助。土佐州の人。武州芝山に住す。仍て芝山を以て号とす。自ら喬松子と稱す。書齋を黄裳閣と号づけて、儒業を小倉三省に受け、本藩の文學となる。南學傳を述て土佐州の學問道統を傳記し、適從録を著して仁齋を駁す。詩文を投化の明人に斧削を請ふ。明人またこれを嗟賞す。投化の明人は○林榮、○何倩、○顧長卿三人なり。其字号を詳にせず。季明の著述、南學傳・適從録・喬松子の外、芝山存一稿・餘花編あり。すべて合刻して芝山會稿と号す。
安藤省庵
初めの名は守正、後に守約と更む。省菴は号なり。筑州柳川の人。松永(*原文「松下」)昌三に學んで本藩の文學となり、祿(*原文「録」)二百石を賜ふ。舜水我邦に來の日、其コをしるものなし。省庵ひとり信じて俸祿(*原文「俸録」)の半を贈て師弟の禮を以て奉仕す。舜水水府に赴きてのち、厚く報ふといへども肯てうけず。廉介にして義に勇むと称すべし。
著述
 省庵文集  初學心法  省庵手簡
元簡
字は守直、俗正之進。よく職を繼て柳川に仕ふ。洞庵文集を著す。
元簡男守經
名は守経、字は某、仕學齋と号す。幼にして父を喪す。笈を負て京師に徃、東涯に學ぶ。業なりて家に歸り、本藩に仕へて仕學齋文集を著す。
舜水
姓は朱氏、名は之瑜、字は魯。魯を楚と作るは非なり。〔印章訛つて楚と刻す。遂に改めず。後の人或は楚と称す。〕(*割注)舜水は号なり。明の浙江餘姚の人。其先に封ぜらる。秦楚の頃、邑を去て朱となす。父の諱は正、字は存之、定寰と号す。明朝の官人なり。先生九歳にして父を喪す。長ずるに及んで明季傾廢の時に遇ひ、薙髪して虜に従ふことを甘んぜず。中興の志ありて、安南國へ渡り、日本に來る。此時明朝にて忠を抱て兵を擁するもの悉く節に死し、胡Cに一統せらると聞て快復の時を得ざるを歎ず。安藤省菴其コ望を欽んで師とし仕へ、強て日本に留らんことを請ふによつて踏海の節を全す。
水府西山公遥に學殖を聞て禮節を重んじ、待するに師友の禮を以てす。これによつて水府に客たり。卒する年八十三。文恭先生と謚す。朱子談綺・舜水文集を著す。
安積澹泊
名は覺、字は子先と稱す。(*通称)覺右衞門。舜水の門人にして、澹泊齋と号す。水戸の世臣たり。
義公日本史を修し玉ふ時、史舘惣裁に補せらる。
著述
 澹泊集  湖亭渉筆
鵜飼金平
名は信勝、字は金平。初め山嵜闇齋に學ぶ。水藩に仕へて史館編修となる。金平の父は○石齋、名は信之、字は子直。活所の門人なり。編年小史を著す。
森尚謙
姓は森、名は尚謙、字は利渉、儼塾と号す。或は不染居士の号あり。攝州の人。初め医を福住道祐に學ぶ。松永昌易に問ふ。
水戸義公に辟(*めさ)れて史舘編修となる。かねて佛ヘに渉りて、護法資治論を著し、自ら詩文をあつめて儼塾集と号す。
三宅觀瀾
姓は三宅、名は緝明(*原文「輯明」)、字は用晦、称九十郎、觀瀾は号なり。一に端山と号す。木靖恭及び闇齋に學ぶ。嘗て拜楠子墓文を作る。鵜飼金平これを
義公に献ず。因て辟て史舘編修となし玉ふ。中興鑑言を著す。
栗山潜鋒
姓は栗山、名は原、字は伯立、潜鋒は号なり。水府の史舘編修となる。保建大記を著す。
谷重遠
姓は谷、名は重遠、字は某、稱丹三郎。土佐州の人。闇齋門人。水府に仕ふ。旁ら神學に通ず。
著述
 神代巻塩土傳  中臣祓塩土傳  保建大記打聞
 秦山集  土佐國一社考  元亨釋書抄
 俗説贅弁  同續編
宇都宮遯庵
名は三近、字は由的、一に頑拙齋と号す。周防岩國人。松永昌三に學んで京師に講學す。後に州の太守吉川の文學となる。
著述
 杜律標註  錦繍段標註  職原抄標註
 四書標註  千家詩標註  古文標註
 蒙求詳説  杜律詳説  蒙求爵位考(*授幼爵位考)
 文選音註  日本人物志(*日本古今人物史)  小學詳解
 千家詩諺解  花見記  遁庵詩集
三的
字は文甫、一角と号す。吉川の儒臣。
毛利貞齋
名は瑚珀、字白、貞齋は号なり。浪花の人。京師に舌講す。諸書俚諺抄を著して梓行するに皆自ら筆す。其敦厚なるを見つべし。著述甚だ冨みて、業宇遯庵と雁行す。
著述
 四書俚諺鈔  荘子俚諺鈔  韻鏡袖中鈔
 同集註俚諺鈔  孟子井田辨  易啓蒙合解評林
 古文俚諺鈔  助語辞首書  初學指南鈔
 同合解評林  同諺解  願体俚諺鈔
 同備考  五代史軍談  錦繍段首書
 蒙求俚諺鈔  訂補三重韻  同詳解
 同標題俚諺鈔  通俗戰國策  陳平六奇考諺解
 蒙求大綱鈔  類字箋解  歌行詩首書
 孝經詳畧  字韻早鑑大成  句双紙首書
 同首書増補  歴代要覽纂考 首書會玉篇
 九想詩首書  護法論備考
貝原篤信
字は子誠、稱は九兵衞、益軒と号す。筑前福岡の人。本藩の文學、後に京師に隱居す。其撰著肯て名のためにせず、勤て後世に裨益(*原文「稈益」)あらんことを要す。其篤實懿行世の知るところなり。父は○寛齋と号し、○兄は樂軒と稱す。こと/〃\く碩儒なり。益軒の室某また能書なり。後来に東涯先生の題跋にも、孟光の賢にして衞氏の筆を兼ぬと称せられしはこの夫人なり。
著述
 小學備考  近思録備考  自娯集
 慎思録  家道訓  大和俗訓
 初學訓  農業全書附録  樂訓
 増名數  童子訓  歳時記
 鄙事記  和爾雅  初學知要
 岐蘓路記  初學詩  ゥ州廻
 京廻  吾妻路記  日光名所記
 本朝詩仙鈔  大和廻  日本釋名
 和字解  點例  五常訓
 三礼口訣  菜譜  文武訓
 筑前名寄  有馬名所記  嚴嶌之圖
 松嶌之圖  天橋立圖  神祇訓
 日用良方  和學一歩  扶桑記勝
 吉野山之圖  女大學  花譜
 心畫範  大和本草  歴代詩選
 生輯要  養生訓  大疑録
 日本歳時記  自警篇  三紀聞
訓点書
 四書  五經  小學
 古文前集  同後集  孝経大義
 朱子文範
貝原好古
字は市之進、号は損軒、篤信の姪。〔或は益軒・損軒ともに篤信の号なりと云り。是なり。〕(*割注)
著述
 八幡本記  和漢事始  諺草
竹田定直
稱は助太夫、春庵と号す。筑前福岡の儒臣。益軒門人なり。
著述
 孝經便蒙釋義  孝子良民傳
藤井蘭齋
名は蔵、字は季廉、一に伊蒿子と号す。筑州久留米の人。初め忠庵と号し、医を以て本藩に仕ふ。一日藥餌を誤り用ひて、官に告て黜(*しりぞけられ)き。終身刀圭を取らず。移て洛の北山に隱居す。
著述
 大和爲善録  二礼童覽  徒然草摘義
 竹馬歌  本朝孝子傳  蔵笥百首
 睡餘録  閑際筆記  國朝諫諍録
松下一C
姓は松下、名は一C、字は孫七、寉峯と号す。安藝の儒臣。詩を以て聞ゆ。出思稿を出す。
除元徴
姓は除、名は澄、字は元徴、東庵と号す。京師の人。詩を以て聞ゆ。竹雨齋集(*を)著す。
一色時棟
姓は一色、名は時棟、字は子績、菊叢と号す。雲溪と称す。松山の儒臣。後に姓を前田と更む。著述
 二酉洞  吟譜
米川操軒
姓は米川、名は一貞、字は幹叔、操軒と号す。俗称は義兵衞。京師の販夫なり。性質廉介にして士家の風あり。逐末の徒となることを憂て、三宅竒齋に學ぶ。仁齋一家言を述るに仍て、書を贈て絶す。道學を以て自ら任とし、濂洛の旨を述て終身家に講學す。五十三にして卒す。
中村タ齋
姓は中村、名は欽、字は敬甫、稱七右衞門。洛下に講學す。阿州の儒臣なり。
著述
 四書鈔説  詩経示蒙句解  入學紀綱
 讀易要領  四書示蒙句解  詩経筆記
 近思録鈔説  姫鑑  大學筆記
 近思録示蒙句解  書経筆記  通書筆記
 中庸筆記  孝経集解  春秋筆記
 小學示蒙句解  論語筆記  禮記筆記
 孝經示蒙句解  三器通考  孟子筆記
 家禮訓蒙疏  頭書訓蒙圖彙  西銘筆記
 慎終疏節  追遠疏節  周易筆記
 大極圖説筆記
中江藤樹
名は原、字は惟命、稱與右衞門。江州嶌郡小川邑の人なり。家に大なる藤樹あり。常に其下に居りて書を講ず。仍て藤樹と称す。自ら黙齋と号す。我邦にはじめて陽明王氏の學を倡ふ。若冠にして豫州に仕へ、後母の病を患(*うれへ)て家に帰り、講學す。俗そのコを崇んで近江聖人と目す。卒する年四十一。
著述
 學庸解  翁問答  鑑草
 論語郷黨翼解
熊澤了芥
了芥、其の先は尾張の人。父は野尻一利と号し、加藤に仕へ、後に致仕して京師に寓し、熊澤氏の女を娶つて了芥を生ず。外父熊澤守久養ふて子とす。よつて熊澤氏を冐す。小字は次郎八、長じて助右衞門と更む。名は伯繼、了芥は号なり。年十六、備藩烈公に仕ふ。時に父一利病るによつて、父とゝも(*に)官を辞し、病を近江桐原に養ふ。よつて藤樹先生の門に入つて良知の學を受く。業なりて再び備藩に庸られ、祿三千石を賜り、刑政を預り聞く。采地を蕃山と呼ぶ。とつて氏となす。後に故あつて又備藩を去り、和州吉野に隱れ、自ら息游軒と号す。晩年出て明石に仕へ、郡山に幽せらるゝの一件、多く忌諱を犯せばこゝに載せず。此翁の學、民を濟ひ國を富しむ。當世の急務を以て任とす。下野古河に卒。年七十三。
著述
 大學小解  孝經小解  集義和書
 同外書  心學文集  經濟辨
 源語外傳  易解
三輪善蔵
姓は三輪、名は希賢、執齋と号す。通称は善蔵。陽明良知の學を講ず。京師の人。著述
 傳習録標註  四言教講義
山嵜闇齋
名は嘉、字は敬義、闇齋と号す。俗称嘉右衞門。其先播州宍粟(*しそう)郡山嵜の人。京師に移住す。敬義幼にして狡悍無頼なり。父うとんで妙心寺に學ばしむ。絶蔵主と号す。嘗て佛堂に在て看経す。獨り起て大に笑ふ。師駭て、汝何をか笑ふと問ふに、嗚呼釋迦許大の誕を説る哉と答ふ。長ずるに及んで四方に游び、土州吸江寺に客たり。ときに時中翁の儒經を講ずるを聞き、遂に兼山・三省に就て學び、珠子(*数珠)を擲て儒に歸し、闢異を著す。土州の太守闢異を讀んで其浮屠を詆ること甚しきを見て大に闇齋を憎む。闇齋風にきゝのがれて洛に帰り、加藤作州・井上河州、及び會津苧ム公に游事す。後洛下に生徒を集め、程朱の學を講ず。晩年風水草を著して、學神道に及ぶ。卒する年六十五。門人私に垂加靈社と謚す。
著述
 垂加文集  同續  同拾遺
 朱易衍義  孟子要畧  逐鹿評
 文會筆録  大學啓蒙集  中和集説
 孝經外傳  四書序考  張書鈔畧
 垂加草  孝經詳畧  孟浩録
 朱書鈔畧  經名考  雲谷記
 五友詩  大和小學  敬齋箴
 温泉遊筆  城南雜録  責沈文
 不自棄文  江府紀行  朱子輯要
 堯暦  自徒鈔  遠遊記行
 武銘  闢異  程書鈔畧
 明備録  逐録  仁説
 玉山講義附録  二程治教録  小學孟養集
 仲莫無朕記  孝経刋誤附考  大家商量集
 本朝改元考  中臣祓風水鈔  日本書記(*ママ)
 神代風葉集
訓点書
 四書  孝經  小學
 近思録  五經  周子書
 易啓蒙  易本義  文公家禮
 學規  社倉法  論孟焔`
 朱子訓  拘幽操  神代巻
 朱子奏箚  太極圖説  古語拾遺
 洪範全書  山北紀行  朱子訓蒙詩
〔闇齋門人〕 (*頭書)
淺見
名は安正、初めの名は順良、字は重次郎、齋は号なり。其先京師の人。移て江州嶌に住す。幼して(*ママ)老母仕へて孝あり。壮年一長劍を帶ぶ。其鐔方三分ばかり、赤心報國の四字を篆刻す。一瑣事といへども、嚴毅の氣質みつべし。業を闇齋に受く。
著述
 聖學講義  靖獻遺言講義  物之説
 沿齒W説  白鹿洞掲示考證  明徳説
 論性諸説  敬義内外説  父母存説
 忠士筆記  氏在辨證  四箴附考
 靖獻遺言
佐藤直方
字五郎左衞門、剛齋と号す。闇齋の門人。初め洛に講學す。晩に井伊たり。闇齋の門にして、淳々として神道を説ざるは此翁のみなり。
著述
 四書便講  講學鞭策録  大學全蒙釋言
 鬼神論集説  排釋録
直方の男就正、克く業を繼て彦藩に仕ふ。
三宅尚齋
名は重固、字は丹二。闇齋の門人。若冠にして某に仕ふ。直諫を以て抵觸し、君公の怒を得て幽せらるゝこと三年。獄中に在て血書し、狼・白雀の二録を著す。後年洛にのがれて性理の書を講ず。祭祀来挌説を著す。
永田養安
字号を詳にせず。闇齋の門人。喜んで人物を品藻す。曰、尹彦明(*名、字彦明、号和靖。程伊川門人。)は卵子の〓(*{癶/虫})、韓退之は泥塑の虎なり、と。すべて此類なり。又よく易に通ずといへり。
闇齋の門に入人凡千人に及ぶ。其中入室の弟子、荻濃重祐、稲葉十右衞門、久米順利、赤井維則等、枚擧すべからず。こゝに省畧して他日を俟つ。
〔淺見門人〕 (*頭書)
若林新七
はじめ強齋と号し、後に寛齋と更む。京師の産。齋の門人。三井寺の麓に住す。家貧にして母に孝あり。任逹にして毀譽に拘らず。強齋語録を著す。
山本復齋
名は信義、字は某、齋の門人。攝州の人。四書を訓点す。
〔尚齋門人〕 (*頭書)
山宮維信
字は仲淵、雪樓と号す。稱官兵衞。はじめ鳩巣に學び、後尚齋の門に入。亀田の文學となる。薫風編を著す。
留主退蔵
名は友信、字は退蔵、希賢と号す。一に括嚢と号す。東奧の人。京師に来て尚齋に學び、浪華に講説す。卒る年六十一。
著述
 和漢文會録  呼辨正
伊藤仁齋
名は維禎、字は源祐、はじめの字は源吉。其先は泉州の人。京師堀川に移住す。若冠にして性理の學を尊信し、心學原論・大極論・性善論を著す。學進むに随ひ、宋儒の説を疑て、忽ち覺悟するところありて、大學非孔書辨を著して、首て程朱を排斥して門戸を開き、生徒を接するに、刺を投じて来り謁するもの數をしらず。越藩細川其名行を欽して屡厚幣を以て聘せらるゝといへども、老母の侍養人なきを以て辞して仕へず。書堂前に海棠一株あるにより棠隱と号す。世の人呼んで堀川學と云ふ。卒する年七十九。私に古學先生と謚す。
著述
 論語古義  孟子古義  中庸發揮
 大學定本  童子問  語孟字義
 古學先生集  周易乾坤古義  春秋經傳通解
 極論  仁齋日札  讀近思録鈔
 大學非孔書辨
東涯
名は長胤、字は源蔵、慥々齋と号す。仁齋の長子なり。古義堂堀川の東涯にあれば、自らとつて号とす。克く家學を述て遺書を校訂す。爲人恭儉謹慎、口訥々として言ふ能はざるものゝごとし。終身仕へず、家に講學す。他嗜好有ことなく、手しばらくも巻を釋ことなし。卒する年六十七。私に紹述先生と謚す。
著述
 唐宦鈔  學問關鍵  用字格
 童子問標釋  古學指要  訓幼字義
 勢遊志  古今學變  經學文衡
 制度通  辨疑録  醫學辨
 經史博論  名物六帖  讀易私説
 釋親考  語孟字義標註  通書管見
 鄒魯大旨  大學定本釋義  中庸發揮標釋
 天命或問  助字考  復性辨
 盍(*盍簪録)  盍餘録 刊謬正俗
 秉燭譚  古學先生行状  周易經翼通解
 周易義例卦變考  讀易圖例  三奇一覽
 經史論苑  論孟古義標註  周易傳義考異
 四書集註標釋  大極管見  帝王譜畧
 和漢紀元録  後漢官制  本朝官制圖
 明官制圖  歴代官制沿革圖  沿革圖考
 東涯漫筆  間居筆録  古今教法
 唐官品圖  軒小録  紹述先生文集
 三韓紀畧  〔寫本にて家に蔵す。今刊布する朝鮮官職考は此書を抽たるものなり。〕
次子長英、字は重蔵、梅宇と号す。備後阿部に仕ふ。○三子長衡、字は正蔵、介亭と号す。永井に仕ふ。○四子長凖、字は平蔵、竹里と号す。久留米に仕ふ。○季子長堅、字は才藏、蘭嵎と号す。紀藩に仕ふ。悉碩儒の聞ありて、家声を落さず。人美(*よみ)して堀河の五蔵と稱す。
〔仁齋門人〕 (*頭書)
北邨可昌
字は伊平、篤所と号す。仁齋の門人。洛下に講學す。嘗て
上皇に侍講す。勅して深衣道服及び名硯を賜ふ。七十三にして卒す。
小河茂七
名は成章、字は伯逹、立所と号す。仁齋の門に入て茂七を通して字とす。父は○小川吉亨。人間を厭ふて北野に隱る。茂七はその季子なり。
荒川敬元
名は秀、字は景元。洛の人。少して才名あり。年十六、紀藩に聘せらる。仁齋の門人なり。仁齋つねに稱するに千里駒(*原文{馬+勺})を以てす。
林九成
名は義端、字は九成、稱九兵衞。平安の書肆。仁齋の門に學ぶ。扁して文會堂と号す。嘗て東涯この堂の記を作るに、徃々九成が為人を賞す。
著述
 扶纐シ賢詩文集  詩林良材  文林良材
瀬尾維賢
名は維賢、字は俊夫、稱源兵衞、用拙齋と号す。平安の書肆。仁齋の門に學ぶ。詩を以て入江若水と交る。用拙齋集・忠義雜説等を著す。併せ載す。此外書肆にして學を好むもの○澤重淵、字は文拱、一齋と号す。風月堂を以て通稱とす。○葛西市郎兵衞、名は應禎、字は田卿。○中西敬房、字は如環。暦算の學に俄≠キ。暦學法數原を著す。三子とも京師の人なり。
中嶌義方
字は正佐。仁齋の門人。京師に講學す。論語古義をし、四書及び古文等に一家の訓点をなして梓にす。
中江平八
名は一貫、字は平八、岷山と号す。伊賀の人。理氣辨論を著す。仁齋門人。
〔東涯門人〕 (*頭書)
晁世美
字はコ濟、玖珂と号す。稱善次郎。東涯の門人。華音に通じ、小説を觧す。
陶冕
本姓は陶山、名は冕、南濤と号し、尚善と稱す。土佐州の産。東涯の門人。華音に通じ、小説を觧す。初め宮津に仕ふ。後京師及び浪華に隱る。
著述
 水滸傳解  傷寒後條辨鈔譯
奧田士亨
字は喜甫、蘭汀と号す。一に三角と稱す。伊勢櫛田の人。東涯門人。藤堂の文學。著述 三角集
谷鸞
字は子詳、左仲と号す。阿波人。東涯門人。
穗積以貫
字は以助。東涯門人。播州人移て浪華に教授す。生質放浪不羈なり。著ところ経學要字箋・四書國字解・五経國字解・世説國字解、其外何の書にても門人の請にしたがつて國字解を作る。仍て寫本にて行はるゝもの數部あり。
原田温夫
本姓は酒田氏なり。出て原田氏を冐す。日出の世臣なり。名は直、字は温夫、通名吉右衞門、東岳と号す。経を東涯に受て、古文辞を南郭に學ぶ。後故ありて日出を去つて中津に客たり。卒する年五十五。
著述
 臥游漫抄  詩學新論  経説拾遺
 唐詩正聲箋註  東岳筆疇  東岳學的
並河天民
名は亮、字は簡亮、天民は号なり。丹州の人。初め仁齋に學ぶ。后に一家をなして仁齋及び徂来を駁して天民遺言を著す。
並河五一
名は永崇、字は永父、五一居士と号す。天民の家兄。嘗て一統志を擬して日本輿地志を著さんとす。忌諱を犯せること多して、業五畿内志にて止り。
物徂徠
本姓は物部、氏は荻生、名は雙松、字は茂卿。公子の諱をさけて字を以て行はる。父は方菴と号して、
憲廟の侍醫なり。移て南總に住す。徂來五歳にしてよく字を識り、十五歳よく文を屬す。家きはめて貧しく東都に出て力學す。業成て甲斐の興るに遇ひ、祿五百石を賜り、編修惣裁となる。我邦慶元以来の儒風いまだ香火の氣消せず。議論を高するのみにて、所謂る孤單なるものをまぬかれず。徂来初めて復古の學を唱て、夫子の道、先王の道なることを述て、礼學刑政を以て教道となすことをさとし、肯て瑣々の議論にかゝはらず。才學ともに富み経濟尤も長じ、雅樂・象胥・軍旅・法律よりして百家のこと画Iせざるなし。其古文辞のごとき好奇の癖多きを以て大にコを損す。よつて後世より誹譏するもの甚だ多しといへども、實に東方の一偉人なり。享保中に教を奉じて六諭衍義をす。則ち官刻あり。卒する年六十三。著述南郭集に載るところ三十六部百九十巻あり。なを宇氏が撰するところの徂来著書辨によりてこゝに詳記す。
著述
 辨道辨名  論語徴  學庸解
 明詩絶句解  同拾遺  四家雋
 古文矩  文變  孫子國字解
 政談  ツ録  同附録
 明律國字解  太平策  度量考
 葬(*原文{/(タ+匕)/廾})禮畧考  幽蘭譜抄  南留別志
 和歌世詁  琉球聘使記  答問書
 琴學大意抄  廣象碁譜  同圖解
 徂来集 詩文尺牘  讀呂氏春秋  讀荀子
 讀韓非子  學則  譯文筌蹄 少年作(*原文「釋文筌蹄」)
 射書類聚  同國字解  園隨筆 少年作
 唐後詩
これ元と唐詩典刑と名て十集あり。享保年中失火にかゝりし故、再び撰んで唐後詩と号く。
世に徂来の作と稱して刊布するもの
 詩題苑  呉子國字解  素書國字解
寫本にて家に秘するもの
 徂來先生外書〔三十六巻〕(*割注)  樂制篇  樂律考
 紀効新書抄  満文考  韻
 譯則  經史要覽  柏梁余材
 歌題集  孟浪之篇  草堂客話
 孟子刪
緒を起して易簀し業を卒ざるもの
 左傳古義  國策剿註
 詩書古傳一巻太宰(*原文「大宰」)徳夫紹て之を落成す。
名を剽して贋作にかゝるもの
 徂來國字牘
譯筌の題言をぬすみて刊布する、これ贋作なり。
 訓譯示蒙
譯筌の後編、別に寫本あり刊行するもの、狡児贋作なり。
 可成談
南留別志未だ刊布にあはざるまへ漫に坊間に刻するものなり。
 文罫
此火災にかゝりて世に傳はらず。近来書肆の手に寫本にて行はるゝは、園隨筆の附録にのせたる文戒を寫本にして利を射るものゝ標題をぬすみたるなり。
物叔逹
名は觀、惣七郎と稱す。徂来の家弟。殿中侍講となる。衡考、并に七經孟子考文を著す。
物道濟
字は大寧、金谷と号す。東都に産す。徂來の男なり。郡山の記室。克く家學を受て遺書をす。
〔徂來門人〕 (*頭書)
藤東野
本姓安藤、名は煥圖、字は東壁。野州の人。稱仁右衞門、東野と号す。初め中野ヒ謙に學ぶ。後に徂來に就て學び、詩文ともに州を追慕す。はじめ柳澤の書記となる。致仕して武州白山に隱る。三十七にして卒す。没後徂來二三子に命じて詩文を集めしむ。東野遺稿これなり。
縣孝孺
名は孝孺、字は次公、一の字は少助。周防の南鄙に生る。仍て周南を以て号とす。父の名は○良齋。萩府の文學なり。濂洛の學を士夫に倡ふ。周南幼とき樓上に書を讀しむ。梯を去て故なければ下すことを許さず。家教このごとく嚴獅ネれば、學ぶところもまた謹厚なり。長ずるに及んで東都に游び、徂來に學ぶこと三年、業なつて州に歸る時に萩府の國君學宮を剏め、釋菜の禮を興す。周南をして明倫館祭酒たらしむ。卒る年六十三。著述
著述(*重複)
 周南文集  爲學初問  作文初問
太宰春臺
諱は純、字はコ夫、俗稱弥右衞門、紫芝園と号す。本姓は平手氏なり。太宰謙翁に養れて太宰氏を冐す。信州の人なり。初め中野ヒ謙に性理の學をきく。徂來復古を唱るに及んで、就て業を受け、徂来の説を主張して書數部を著す。晩年古文辞を喜ばず。やゝ見識徂来の右に出ることあり。且つ古文孝経孔傳の彼土に絶て我邦に遺れるをして上木す。後来C人鮑廷博此本を翻刻して知不足齋叢書第一集に收む。實に藝苑の一大功と云べし。王に喜遇せらるゝといへども肯て游官せずして東都に隱る。卒する年六十八。
著述
 論語古訓  同外傳  家語増註
 詩書古傳  朱氏詩傳膏肓  易道撥亂
 周易反正  易占要畧  六經畧説
 律呂通考  産語  獨語
 弁道書  斥非  聖學問答
 親族正名  和揩正訛  和讀要領
 經濟録  和漢帝王年表  文論詩論
 春秋暦  古文孝經  孝經正文
 近体詩韻  論語正文  新撰六体集
 春臺文集一号紫芝園稿
服南郭
本姓は服部、名は元喬、字子遷、俗稱は小右衞門、南郭と号す。其先尾州の人。越中に移り、京師に住す。年十四、徂来に見えて業を受け、就て甲斐に仕ふること三年、致仕して古文辞を脩す。盖し徂来没して後、人みな經義は太宰を推し、詩文は南郭を推す。自らも又肯て講説をこととせず。唐詩選を鑒定して作家の模範となし、大東世語を著して瑯の風流に比するなど雅致を以て自ら居る。卒る年七十三。
著述
 南郭文集(*入力者依拠本、朱字で「四編」と注する。)  遺契  燈下書
 大東世語  文筌小言
嫡惟良
字は温卿。幼より羸弱にして官婚を肯んぜず。惟恭に次て没す。
次子惟恭
字は愿卿。少して詩名あり。不幸にして夭折す。遺編鍾情集あり。
三子雄
字は仲英。本姓は西村氏。攝州西宮の人。笈を負て門下に游ぶ。惟良没後に義子となり、服氏を冐す。詩文を輯めて踏海集と号く。
平子和
本姓は平野、名は玄仲、字は子和。東奧の人。よつて金華と号す。少して游侠を事とし、放蕩無頼なり。産盡て東都に来り、方技を以てゥに遇す(*ママ)。徂来に見ゆるに及んで、刀圭を擲て儒を學び、守山の記室となる。沒後、守山親手ら詩文を刪して金華文集を刊布し玉ふ。
蘭亭
本姓は高野、名は維馨、字は子式、蘭亭と号す。一に東里と稱す。東都の人。六歳書を善し、十歳にして徂来に學ぶ。十七にして明を喪ひ、百事廢す。たゞ歌詩に耽り、尤も滄溟を刻意して近體に長ず。書もまた一家の風流あり。鎌倉の山水を愛して圓覺寺の傍らに松濤舘をいとなみて住す。卒る年五十四。
著述
 蘭亭詩集
越君端
本姓越智、氏は曲直瀬、名は正珪、字は君端、雲夢と号し、養安院と号す。東都の醫官にして徂来の門人。
秋子帥(*原文「師」)
本姓は秋元、名は以正、字は子帥(*原文「師」)、稱は喜内。嵎夷又淡園等の号あり。徂来の門人。岡嵜の文學となる。著述淡園初稿。
平子彬
姓は三浦、字は子彬、名は義質、竹溪と号す。ともに徂来の門人なり。
鷹子方
本姓は鷹見氏、名は正長、字は子方、俗称三郎兵衞、爽鳩子と号。田原の上大夫。業を徂来に受く。初め田原國用乏しくて士俸をんとす。子方これを患て、入を量て出るを省き、節儉を行て國を冨しむ。卒る年四十六。
著述
 爽鳩遺稿  詩筌  (*入力者依拠本、この後に「掌中詩語」と朱書。)
吉巨哉
本姓は吉田、名は有隣、字巨哉、孤山と号す。俗稱は孫兵衞。森川の上太夫なり。徂来年少の頃より随身して譯筌をして上木す。
石叔潭
本姓は石川、名は之C、字は叔潭、大山人と号す。稱重次郎。東都侍衞の臣。共に徂来の門人。
山君彜
本姓は山井、名は鼎、字は君彜、崑崙と号す。徂來の門人にして、紀藩の書室となる。七經孟子考文を著す。
根伯修
本姓は根本、名は遜志、字は伯修、祢八郎右衞門或は武夷と号す。山君彜とゝもに七經孟子考文を著す。且つ論語皇侃義疏を校正・上木す。共に徂来の門人。六十六にして卒す。
板美仲
本姓は板倉、名は安世、字は美仲、溪と号す。東都の産。共に物門の人。著述帆丘集あり。
岡仲錫
本姓は岡井、名は孝先、字は仲錫、州と号す。郡大夫と稱す。讃岐の記室なり。共に物門の人。
菅大佐
姓は菅原、氏は山田、名は正朝、後に弘嗣と更む。字は大佐、号は麟嶼。幼にして徂来に學び、八九歳にしてよく詩を賦す。年十三、神童の聞ありて博士に擧られて二百石を賜る。痘を病んで夭折す。
島歸コ
本姓は鳴嶌、名は鳳卿、字は歸コ、稱は道筑。東都の秘書監なり。徂来門人。
著述
 詩題苑
晁文淵
本姓は朝比奈、名は文淵、字は涵徳、号は玄洲、甚右衞門と稱す。尾藩(*原文「」以下同じ。)の世臣。物門の人。
木逹夫
本姓は木下、名實聞、字は公逹、字を以て行る。仍て名を逹夫と更む。蘭皐と号す。或は玉壺山人の号あり。尾藩の世臣にして徂来に學ぶ。
著述
 玉壺詩稿  客館粲集
土伯曄
本姓は土屋、名は伯曄、藍洲と号す。豊前中津の人。其母賢明にして、徃て徂来に學しむ。州に歸りて後、故ありて方技を以て小倉に仕ふ。
田中子舒
名は良暢、子舒は字なり。蘭陵と号す。武州の人。共に徂来に學んで蘭陵集を著す。
滕維迪
本姓は伊藤、名は元啓、維迪は字なり。南昌と号す。稱一臈。共に徂来の門人。
松崎子允
名は堯臣、字は子允。笹山の世臣。幼にして聰慧、長じて世子の侍臣となる。中野ヒ謙に學び、後來徂來の門に入る。
著述
 窓のすさみ  同拾遺  要抄
 正言  乾坤小説  觀瀾紀事
 五論
男維時
字は子黙、一の字は君脩、通名才蔵、觀海と号す。業を太宰に受く。笹山に仕ふ。
著述
 觀海集
源京國
姓は源、氏は久津美、名は義治、京國は字なり。華岳と号す。參州苅谷の世臣。徂来の門人。
宇子迪
本姓は宇佐美、名は惠といふ。子迪は字なり。俗稱は惠助。上總の人。水と号す。或は優游舘と稱す。徂来に學んで、出雲之文學となる。
著述
 絶句解考證  拾遺考證  輔儲編
 南留別志  古文矩  四家雋
入江南溟
名は忠囿、字は子園、稱幸八、南溟は号なり。滄浪居と稱す。武州の人。徂来に學んで帳を東都に下し、終身仕へず。
著述
 大學養老解  唐詩句解
〔徂來詩友〕 (*頭書)
田省吾
姓は田中、名は省、字は省吾、一の字は宗魯、雪華道人と号す。初め徂来とゝもに柳澤に仕ふ。後に致仕して京攝に游び、晩年姓を富、名を逸、字を春叟、号を桐江と更へて洛に游ぶ。所謂富春山人これなりと。或は曰、詩纂(*歴朝詩纂か。)に田省吾と富逸と別人なりとす。守山は親く徂来に遇し玉ふ。故に省吾のことに於ること、訛なかるべし(*と)云り。余然るや否をしらず。しばらく後人の是正を俟つ。
著述
 東海漫游稿  樵漁余滴
釋大潮
名は元皓。肥前松浦人なり。詩を以て徂来と交る。著ところ、
 魯寮文集  魯寮詩偈  西溟餘稾
 松浦詩集
釋無隱
名は道費。加賀の人。金龍沙門と稱し、雜華室と号す。大潮と交り、頗る詩に巧なり。
著述
 心學典論  無孔笛  金龍尺牘集
 無隱語録  雜華集
釋萬菴
名は原資、芙蓉と号す。幼にして宋元の体を刻意して、詩を作るに妙を得たり。人みな文珠小僧と呼ぶ。後に徂来及び南郭に學んで詩風を變んず。東都の芝東禪寺に住す。著述
 江陵集
〔周南門人〕 (*頭書)
和棣卿
本姓は藤原、氏は和智、字は子萼、通稱は九郎右衞門、号は東郊。萩府の世臣なり。周南に學び、少年のとき詩を徂来に寄するに、徂来も海内の才なる哉と歎稱す。六十三にして卒す。東郊文集を著す。
津士雅
本姓は津田、名は泰、字士雅、稱忠助、東陽と号す。萩府の人。周南に學ぶ。
田子恭
姓は田坂、名は長温、字は子恭、山と号す。周南の門人。共に萩府の臣。山詩集を著す。
曾子泉
姓は増野、名は有原、字は子泉、号は雲門。萩府世臣。周南の門人。雲門遺藁を著す。
林義卿
字は周文、東溟と号す。萩府の人。周南に學んで京師に游ぶ。
著述
 明詩礎  詩則  明官古名考
山根子濯
名はC、字は子濯。周防華浦の人。仍て華陽と号す。周南に學んで、萩府の書記となる。華陽文集を著す。長門甚だ才俊多し。業を周南に受て名の人、○小田村伊助、名は望之、字は公望、山と号す。○小倉彦平、名は實廉、鹿門と号す。○奈古屋以忠、字は大慶、号は大原。○仲子文右衞門、名は由基、字は子路、号は岐陽。○窪井良祐、名惟忠、号は鶴汀。○素兼虎、字は子熊、号は嵩山。○泰守節、字は貞夫。○縣魯彦、字は子祺、稱季八、洙川と号す。○長井英賀、字は俊卿等、枚擧すべからず。
瀧長ト
名は長ト、字は彌八。萩府人。その家鶴江臺のMなる、よつて自ら寉臺と号す。先世藝州の人。本藩の封を移にしたがつて長門に住す。本姓は引頭氏なり。同卿の醫師瀧養正に養れて瀧氏を冐す。年十四、學に入て酒倉氏に學ぶ。周南祭酒に任ぜられて、又就て學ぶ。長ずるに及んで東都に徃て南郭の門に游ぶ。業成て本藩に庸られ、公子に経を授け、兼て明倫舘の祭酒となる。余公の書壹枚を収む。筆力勁、大に愛しつべし。その力を用ゆる處にあらずといへども、汎〃の書家者流の及べきにあらず。卒る年六十五。
著述
 鶴臺遺稿  三乃逕  癸甲問槎

鶴臺の門に、○若月太中、○佐久間常山の數人あり。字号を詳にせざれば、こゝに漏す。
〔太宰門人〕 (*頭書)
稲垣長章
字は穉明、号は白ー。東都の人なり。春臺に業を受く。
宮田明
字は子亮、稱は三右衞門。春臺に學んで本多に仕ふ。この外、○渡邉友節、○小宮山昌世なんどの數子、字号・履歴を詳にせざればこゝに畧す。
無相
名は文雄、字は谿然、蓮社と号す。洛の了蓮寺十七世なり。其寺錦街なるを以自ら尚堂と称す。俗稱は中西氏なり。丹州の人。少して東都に游び、仍て春臺と方外の友をなし、談しばしば音韻の學に及ぶ。後来一家韻學を發明す。晩年浪華の傳光寺に錫をとゞむ。寳暦年間滅をとる。年六十四。
著述
 磨光韻鏡  仝餘論  翻切伐柯編
 三音正僞  廣韻字府  古今韻括
 韻鏡律正  九弄弁  經史荘岳音
 指要録  字彙荘岳音
〔南郭門人〕 (*頭書)
湯淺常山
名は元禎、字は子祥。備前の人。岡山の世臣なり。その居常山に望めるによつて、樓を常山と扁し、通じて号となす。南郭に業を受け、松嵜維時と甚だ善く、忘年の交をなす。卒る年七十四。
著述
 常山樓文集  常山紀談  常山筆餘
 雨夜燈  東行筆記  西歸日録
 文會雜記  備藩典刑  左傳解
 兵車圖
齋必簡
本姓は齋宮、自ら脩して齋とす。名は必簡、字は大禮、靜齋と号す。南郭服子に學んで、京師に講説す。
著述
 靜齋文集  孝經傳  音例
 初學作文

靜齋門人に、姓は満生、名は冕、字は成章あり。泉州の人。靜齋學論語詁を著す。
石嶌仲緑
名は正(*原文「+奇」)、字は仲緑、後に子游と更む。尾張の人。少して游蕩、酒を好み家をなさず、人間を愚弄す。筑波山人、或は荷園等の号あり。詩を南郭に學び、大に作家の名をなす。
著述
 荷園文集
莊子謙
名は允益、本姓は村田なり。自ら脩して荘とす。子謙は字なり。豊後臼杵の人。本藩に仕へて南郭に學ぶ。嘗て富嶽に登て芙蓉の記を作て暴に卒す。人みな岳神の罪を得たりと云。而して富嶽の記を作るもの、秋玉山をはじめ數人あり。みな恙なし。ひとり俗子の譏りを受るは、子謙の不幸と云べし。著述豊城集あり。南郭の門人數人あり。字号詳にせざれば、こゝに畧す。
〔蘭亭門人〕 (*頭書)
谷友信
本姓は横谷、自ら脩して谷とす。字は文卿、号は藍水、或は玄圃と稱す。詩を蘭亭に學ぶ。
宇士新
本姓は宇野、名は鼎、字は士新、稱三平、明霞と号す。近江の人。移て洛に住す。初め徂来の學を慕ひて弟士朗を遣して學ばしむ。後に一家をなさんとして苦學す。性質多病にして、業半にして卒す。
著述
 論語考  姓氏解  名字解
 語字解  滄溟近體集解  明霞遺稿
 唐詩集註  名公四序評
弟士朗
名は、士朗は字なり。遺稿五巻あり、世につたはらず。
籔震庵
名は弘篤、字は震菴、後に慎庵と更む。稱久右衞門。隈本の世臣。慎庵遺稿を著す。
字は子厚、孤山と号す。稱茂次郎。隈本府の祭酒となる。樂集を撰す。
墨君徽
姓は墨江、名は昭猷、君徽は字なり。滄浪と号す。旁ら画を善す。隈本の儒臣。
水屏山
本姓は水足、名は斯立、屏山は号なり。平之進と稱す。
男博泉
名は業元、字は安方。博泉幼にして敏悟、神童の聞あり。十六にして尺牘(*原文「尺」の下に「日」あり。)を徂来に寄す。徂来集に水秀才と稱するはこの人なり。
秋玉山
本姓は秋山、名は儀、字は子羽、玉山は号なり。通称儀右衞門。時習館と号す。隈本の世臣なり。
著述
 玉山詩集  玉山遺稿
堀南湖
姓は堀、自ら脩して屈とす。名は正脩、字は身之、南湖と号す。一に習齋と号す。強記博學人に絶す。蘇氏易説を演て書數萬言を著す。藝藩の文學なり。
屈景山
名は正超、字は君燕、南湖の従弟。二子ともに屈杏庵の児孫にして、世々藝藩の儒臣なり。
入江若水
名は兼通、字は子徹、号は若水。攝州冨田邑の人。酒を醸して業とす。少時侠を好んで家産を蕩盡す。こゝにおいて憤りを發して書を讀み詩を作り、山人の服を穿ち詩を携へ、四方に游ぶ。後に洛の西山に盧を結んで櫟谷山人と号す。西山樵唱集を著す。
唐金興
字は某、梅所と号す。泉南岸和田の豪族。一時の名公と交り、韓人と唱和す。梅所詩稿を著す。
松井元
字は某、東庵と号す。南京の墨工なり。頗る文雅を好む。名家と交る。家造の墨譜を作り、雅客文人の序文もしくは詩を乞ふて冊とす。世々古梅園を以て通称とす。
中野ヒ謙
名は繼善、字は完翁、ヒ謙と号す。林道榮の姪にして長嵜の産なり。林氏に句讀を受く。程朱の學を聞く。長じて東都に游び、牧野に仕ふ。卒る年六十四。
田文瑟
本姓は田中、名は、字は文瑟、書室を大歡と号す。父は○田眞、術を以て聞ふ(*ママ)。文瑟もまたよく術に通ず。自ら苦學して天文に奄オ。華音に通じ、よく俗語を解す。経傳におけるもまた發明多し。書未だ成らずして卒。年二十有六。その學師承するところなしと雖(*原文「隹」なし。)も、意徂来を慕ふといへり。天経或問解を著す。
澤村琴所
名は維顯、字は伯陽、号は琴所。彦根の世臣なり。病を以て致仕し、閉戸して性理の書を讀む。出て東涯及び徂来の書を讀み、宋學を廢すといへども、又一發明するところあり。洛の松寺村松雨亭に隱る。経義を講説して業とす。
著述
 八陳本義  冨強録  桓公問對
 琴所稿刪
岡嶌冠山
姓は岡嶌、名は明敬、後に璞と更む。字は援之、後に玉成と更む。稱は弥太夫、冠山は号なり。長嵜の人。初め舌官を以て崎陽の府尹に仕ふ。後辞して京攝の間に游び、後に東都に住す。華音小説の學行るゝこと、專ら此人よりはじまる。卒年五十五。
著述
 唐話纂要  唐譯便覽  雅俗語類
 唐話便用  太平記演義  通俗水滸傳
 康熈帝遺話  尺牘辨解  字海便覽
男順
字は忠甫、竹舘と号す。東都に住す。國語訂字古尺牘等を著す。
岡白駒
名は白駒、字は千里、太仲は稱なり。龍洲と号す。播州の人。京攝の間に教授す。蓮池の文學となる。その學詩賦を喜ばず、経義を折衷す。旁ら稗官の學を倡ふ。卒る年七十六。
著述
 周易解  書經二典解  補註家語
 詩經毛傳補義  孟子解  左傳
 世説  史記  本歟録
 助字譯通  開口新語  列婦七首
 蒙求箋註  小説煙セ  小説奇言
 小説粹言
男子龍
字は伯潜、恕齋と号す。稱は忠右衞門。故あつて河野氏を冒す。蓮池に仕へて藩邸守護となる。書もまた東坡・米を宗として一家をなす。印刻に樂生論あり。甚だ愛すべし。
星野龍
名は龍、字は子雲、稱は小平太。宇津宮の世臣。凌雲樓集を著す。
三宅萬年
名は石菴、字は萬年。京師の人。浪華に教授す。書もまた顔魯公を追慕して一家をなす。實に三宅觀瀾の家兄なり。良知の學を以て浪華に黌社を剏む。
男春樓
名は正誼、稱才次郎。浪華のク(*に)教授す。
一井鳳梧
名は光宜、字は桐助。出雲の人。羅山先生に學んで、浪華に教授す。享保中に没す。
五井持軒
名守仁、字は加助。程朱の學を尊信す。家に日本記の學を傳へ、兼て國風を咏ずることを好む。郡山本多の文學となる。浪華に住し、教授す。
男純禎
持軒の季子。名は純禎、字は子祥、号は蘭洲、稱は藤九郎。初め津に仕へ、後に浪華郷教授となる。書を著して徂来を駁す。
著述
 源語詁  蘭洲茗話  古今通
 非物編  質疑篇  瑣語
中井甃菴
名は誠之、字は叔貴、稱忠蔵。播州龍野の人。程朱の學を宗とし、浪華の郷(*に)教授す。旁ら和文を以て不問語を著す。
菅少善
名は晨耀、字は子旭、稱は小善(*ママ)。徂来の門人。はじめ屈南喬と号す。徠學を浪華に唱ふ、此人をはじめとす。著述甘谷遺藁あり。
阮東郭
本姓は菅沼、名は大簡、字は子行、東郭と号す。東都の人。浪華に教授す。大學闡・東郭文集・鳴鳳集を著す。
冨永仲基
字は某。俗稱道明寺屋吉右衞門。浪華の賈人なり。初め三宅萬年に學ぶ。後説蔽を著して、儒及び諸子を誹る。よつて萬年と絶す。且出定後語を著して浮屠氏を論ず。その序文中に、願くは胡地に及して牟尼降神の地に傳んと云云。余これを閲るごとに其志を慨嘆す。説蔽いまだ梓に發らず。大意は此人著ところの翁の文に存す。
井通熈
本姓は井上、名は通熈、字は蘭臺と号す。岡山の儒臣。七才子詩集解・圖南稿を著す。
泰熈載
氏は松室、名は熈載、字は虞臣、号は松峽、式部と稱す。洛西松尾の廟祝なり。稗官の學を善す。
武欽
初めは篠田氏、名は元亮、字は子明、南陽と号す。後に武田氏、名は欣、字は聖謨、号を梅龍とす。濃州の人。俗稱三弥。はじめ武を習て儒を知ず。後来憤を起して書を讀み、洛に来て講説す。
著述
 感喩  滄溟尺牘解  梅龍遺稿
道昂
字は伯起、道昂は名なり。号は葛陂、稱嘉右衞門。京師に講説す。州尺牘國字解・杜集を著す。
服天游
名は天游、字は伯和、嘯翁と号す。一に蘇門居士の号あり。京師の人。家織造を以て業とす。伯和多病を以て其業を服せず、講説を以て生徒に授く。
著述
 碧巖(*原文「嚴」)方語解  燃犀録  蘇門文抄
 赤
生駒山人
本姓は森、自ら孔と更む。名は文雄、字は世傑、通名龍蔵。河内の農豪なり。よつて生駒山人と号す。詩を以て聞ゆ。生駒山人集を著す。
芥川養軒
名は煥、字は彦章、丹丘と号す。丹丘詩話・薔薇舘詩集を著す。
三浦安貞
名は鼎、字安貞、号は洞仙、一に梅園と稱す。豊後杵築の世臣なり。
著述
 詩轍  寓意  梅園詩集
 教證
片猷
姓は片山、名は猷、字は孝秩、北海と号す。越後の産なり。江州に徃て、宇士新に從ひ業を受く。その為人太だ剛毅にして、仕へを肯んぜず、著述を喜ばず。浪華に教授し、寛政中沒す。
龍草盧
名は公美、字は子明、後に君玉と更む。衞門と通稱す。城州伏水の人なり。草盧又は松菊主人、呉竹翁の号あり。はじめ彦に奉仕し、後に京師に隱れ、書及び詩を以て聞ゆ。寛政四年二月没す。歳七十七。子孫に才子多く、門人有名の士ありと雖(*原文「隹」なし。)も、こゝに畧して後編に出す。
著述
 帝京篇  節儉論  生駒山人傳
 金蘭詩集  典詮  名詮
 草盧文集  草盧詩集


[TOP]

○醫家部

見♂・
見♂・、始めの名は道芥、後に正温と更む。字は桂庵、一に壽仙坊と号す。堂を見%ーと扁す。よつて世の人見≠以て通称とす。播州餝磨の人。其先赤松氏に出づ。黒田及び板倉に値遇せらる。老年浪花に隱る。嘗て醫學入門を閲して曰、醫の學たる、博なり。此書や實にその門を得て入るに足りと。よつて入門を校正・訓点して上木す。明暦年中に永訣す。年七十九。兒孫みな夭折し、末子某女古林立庵に嫁す。詳に門人松下見林撰する處の行状に讓りてこゝに畧す。
著述
 日記中揀方  譯雲林神穀  撮要方
 正温方  眞方
名古屋玄醫
名は玄醫、字は閲甫、¥t庵と号す。或は丹水子と号す。醫を業として洛下に隱る。その學喩嘉言の書によつて始めて仲景を尊信し、温補の劑を以て主とす。
著述
 難經注疏  金匱要畧注解  醫方問餘
香月牛山
名は則真、字は啓益、牛山と号す。豊前中津の人。後に筑前に移て、學を貝原翁に受く。卒する年八十五。
著述〔南郭集に、此子の著述二十三部あるよしを記せり。今梓に行はるゝもののみを記す。〕(*原文割注)
 牛山方考  同活套  老人養艸
 小兒必用  婦人壽艸  習醫先入
 螢雪餘話  藥籠本草  國字醫叢
 巻懷食鏡  遊豊司命録
後藤養庵
名は達、字は有成、左一郎と稱し、養庵と号す。姓は後藤。江戸の人。頻年火災にかゝりて家産を失ひ、京師に來つて、醫を以て業とす。宋明の諸醫甘補を主とするは空論なりとして、百病は一氣の溜滯より生ずると發明し、艾灸・熊膽・湯泉を用ひて、深痼の久滯せるを活暢させしめんこと(*ママ)を求む。固り見たゞ實用に充るにあれば、書を著すことを喜ばず、たゞ灸・熊膽・蕃椒等の諸説并に遺教等の僅に數篇あるのみなり。塾中の人輯めて艮山文集といふ。
男仲庵
名は省庵、字は身之、椿庵は号なり。俗稱仲助。克く家學を受て、才學の聞えあり。不幸にして夭折す。
著述
 傷風約言  芥灸通説  一家稿
 病因考 〔艮山子の遺書なり。〕
香川太冲
名は修コ(*原文「修」のが彳に。)、字は太冲、秀庵と号す。播州の人。京師に住す。一本堂と稱す。醫を艮山に學び、業を東涯に受く。
著述
 一本堂藥選  行餘遺言  醫事説約
北山友松子
姓は北山、名は壽安、友松子と号す。崎陽の人。我邦においてはじめて明醫の窩屈を出て、長沙を宗とす。或は曰、此翁傍ら佛理を好んで參禪す。ゆへに(*ママ)方法におけるも拘泥することなしといへり。
著述
 北山醫案  同醫話  刪補衆方規矩
 方考評議  醫方口决集頭書  方考繩愆
東洋
山脇氏、其先道朔と稱して、世々東都の官醫にして、京師に遷り住して養壽院と号す。東洋名は尚コまた道作と稱す。東洋は其号なり。少して才敏なり。力學して古方を發明し、教を奉じて外臺秘要を蔵刻す。
著述
 養壽院醫則  臓志
獨嘯庵
姓は永冨、名は鳳、字朝陽、嘯庵と号す。或は獨嘯庵と号す。長門萩府の人。少して奇才あり。医を東洋に學んで、四方に游び、後浪花に住す。不幸にして夭折す。
著述
 漫游雜記  吐方考  
東洞
姓は吉益、名為則、字は周助。藝州の人。京師に来て醫を以て鳴る。其術長沙を宗とすれども、寒凉の劑を用ひ、攻撃を主として張子和が汗吐下の三法による。その手(*手段)峻烈なりといへども、また大に奇効をあらはす。
著述
 類聚方  方極  醫事或問
 醫斷  建殊録  藥徴
 醫事古言
望三英
本姓は望月、名は三英、字は某、鹿門山人と号す。東都の官醫なり。業を南郭に受く。
著述
 醫官玄稿  又玄餘草  明醫小史
 醫門多疾  三世方  古今方彙
稻若水
名は宜義、字は彰信、若水は号なり。はじめて物産の學を倡ふ。本草綱目を正す。
著述
 結髦居別集  炮炙全書
松岡玄逹
名は玄逹、字は成章、恕庵と号す。はじめ神學を唱へ、後物産の學を以名聲甚籍く。
著述
 千金方藥註  食療正要  廣參品
 廣大和本草  本草一家言  用藥須知
 ・々言  蘭品  梅品
 櫻品  菌品  介品
 結
戸田旭山
通名齋宮、字は旭山、旡子を以て号とす。備後の人。移て浪華に住す。物産の學に委し。
著述
 醫學名數  非藥選
平賀鳩溪
名は國倫、字は士彜、俗稱は源内、鳩溪は号なり。東讃の産なり。東都に出て物産を○田村元雄、名は登、号は藍水に學んで、出藍の譽あり。種人參を植ゑ、砂糖を制し、石綿を以て火浣布を織るなど、此人の工夫なること世よく知る處なり。或曰、鳩溪の行ひ侠にちかし。物産のごときはその緒餘のみと云り。余未だその始末を詳にせず。戯著の書數部あり。識者の看にあつべきものあらざれば、目を省す。物産の書のごときは物類品隲あり。
岡本一抱子
名爲竹、字一抱子と号す。京師の人。
著述
 素問諺解  七部書諺解  和語本草
 阿是要决  醫學至要抄  蔵腑經畧詳解

諸家人物誌 上 (*了)

  諸家人物考題辞   上 目録   下 目録   儒家部   医家部   歌学国学家部   書画家部   補遺
[INDEX] [NEXT]