検索結果詳細


 『葵(大島本)

 年ごろ、よろづに思ひ残すことなく過ぐしつれど、かうしも砕けぬを、はかなきことの折に、人の思ひ消ち、なきものにもてなすさまなりし御禊の後、ひとふしに思し浮かれにし心、鎮まりがたう思さるるけにや、すこしうちまどろみたまふには、かの姫君とおぼしき人の、いときよらにてある所に行きて、とかく引きまさぐり、うつつにも似ず、たけくいかきひたぶる心出で来て、うちかなぐるなど見えたまふこと、度かさなりにけり。

 125/392 126/392 127/392

  第二章 葵の上の物語 六条御息所がもののけとなってとり憑く物語  [第三段 葵の上に御息所のもののけ出現する]

  [Index]