検索結果詳細


 『蛍(大島本)

 と、常にのたまひ出づ。中ごろなどはさしもあらず、うち忘れたまひけるを、人の、さまざまにつけて、女子かしづきたまへるたぐひどもに、わが思ほすにしもかなはぬが、いと心憂く、本意なく思すなりけり。
 見たまひて、いとよく合はする者召して、合はせたまひけるに、
 「もし、年ごろ御心に知られたまはぬ御子を、人のものになして、聞こしめし出づることや」

 165/170 166/170 167/170

  第三章 光る源氏の物語 光る源氏の物語論  [第五段 内大臣、娘たちを思う]

  [Index]