検索結果詳細


 『蜻蛉(大島本)

 と言ふ。心も深く知らぬ男にて、詳しう問はで参りぬ。
 「かくなむ」と申させたるに、とおぼえて、
 「いとあやし。いたくわづらふとも聞かず。日ごろ、悩ましとのみありしかど、昨日の返り事はさりげもなくて、常よりもをかしげなりしものを」

 20/462 21/462 22/462

  第一章 浮舟の物語 浮舟失踪後の人びとの動転  [第二段 匂宮から宇治へ使者派遣]

  [Index]