検索結果詳細


 『紫式部日記(黒川本)

 「などて、かうて過ぐしてはゐたる。いざもろともに」
と、せめたてさせたまひて、心にもあらず参う上りたり。舞姫どもの、いかに苦しからむと見ゆるに、尾張守のぞ、心地悪しがりて往ぬる、のやうに見ゆるものかな。こと果てて下りさせたまひぬ。

 292/533 293/533 294/533

  第一部 敦成親王誕生記  第二章 寛弘五年(一〇〇八)冬の記  【一六 二十一日寅の日、五節の舞姫、御前の試み】

  [Index]