検索結果詳細


 『玉鬘(大島本)

 とすこし笑ひたまふ。げにとおぼゆる御まみの恥づかしげさなり。いささかも異人と隔てあるさまにものたまひなさず、いみじく親めきて、
 「年ごろ御行方を知らで、心にかけぬ隙なく嘆きはべるを、かうて見たてまつるにつけても、の心地して、過ぎにし方のことども取り添へ、忍びがたきに、えなむ聞こえられざりける」

 357/430 358/430 359/430

  第四章 光る源氏の物語 玉鬘を養女とする物語  [第七段 源氏、玉鬘に対面する]

  [Index]