検索結果詳細


 『若菜上(明融臨模本)

 「年の積もりに、世の中のありさまを、とかく思ひ知りゆくままに、あやしく恋しく思ひ出でらるる人の御ありさまなれば、深き契りの仲らひは、いかにあはれならむ」
 などのたまふついでに、「この語りも思し合はすることもや」と思ひて、
 「いとあやしき梵字とかいふやうなる跡にはべめれど、御覧じとどむべき節もや混じりはべるとてなむ。今はとて別れはべりにしかど、なほこそ、あはれは残りはべるものなりけれ」

 721/887 722/887 723/887

  第十二章 明石の物語 一族の宿世  [第五段 源氏の感想]

  [Index]