『新編 泉鏡花集』 全10巻 別巻1 岩波書店  



第1巻 金沢一 

妙の宮 化鳥 凱旋祭 さゝ蟹 清心庵 髯題目 笈摺草紙 鶯花径 湖のほとり 名媛記 海の鳴る時 女仙前記 きぬぎぬ川 北国空


第2巻 金沢二 

薬草取 国貞ゑがく 朱日記 時雨の姿 卯辰新地 茸の舞姫 伯爵の釵 瓜の涙 鷭狩 小春の狐 傘 夫人利生記 河伯令嬢 縷紅新草 幼い頃の記憶


第3巻 東京一 

夜行巡査 外科室 玄武朱雀 葛飾砂子 政談十二社 註文帳 袖屏風 祝盃 親子そば三人客 酸漿 爪びき 二三羽―十二三羽


第4巻 東京二 

遊行車 陽炎座 菎蒻本 人魚の祠 黒髪 売色鴨南蛮 薺 楓と白鳩 仮宅話 深川浅景 海異記 貝の穴に河童の居る事


第5巻 相州 伊豆 

星あかり 千歳之鉢 二世の契 逗子より 春昼 春昼後刻 草迷宮 海の使者 紅葛 山吹 甲乙


第6巻 京阪 

瓔珞品 笹色紅 南地心中 峰茶屋心中 天守物語 紫障子 鎧 城崎を憶ふ


第7巻 伊勢 名古屋 

伊勢之巻 紅雪録 無憂樹 歌行燈 森の中 浮舟


第8巻 信州 飛騨 

高野聖 神鑿 袙奇譚 木曾の紅蝶 唄立山心中一曲 眉かくしの霊 麻を刈る


第9巻 北陸 

処方秘箋 蛇くひ 黒百合 怪語 山中哲学 鷺の灯 銀短冊 夜叉ヶ池 雪霊記事 雪霊続記 栃の実


第10巻 東北 

白羽箭 柳小島 銀鼎 続銀鼎 黒髪 怪力 遠野の奇聞 甲冑堂 七宝の柱 飯坂行き 十和田湖


別巻 

年譜 著作年表 単行本目録



   秋山稔・須田千里・田中励儀・吉田昌志編 2003.10-2004 刊行





泉鏡花を読む