『鏡花小説・戯曲選』 全12巻 岩波書店  


 1 伝奇篇一 

冠弥左衛門 乱菊 黒百合 [解説]寺田透


 2 伝奇篇二 

風流線 続風流線 [解説]寺田透


 3 伝奇篇三 

芍薬の歌 [解説]寺田透


 4 伝奇篇四 

まるめろに目鼻のつく話 貝の穴に河童の居る事 山海評判記 [解説]寺田透


 5 怪異篇一 

龍潭譚 清心庵 高野聖 註文帳 女仙前記 きぬぎぬ川 春昼 春昼後刻 [解説]寺田透


 6 怪異篇二 

草迷宮 沼夫人 朱日記 陽炎座 第二菎弱本 眉かくしの霊 [解説]寺田透


 7 芸能篇 

歌行燈 五大力 白金之絵図 朝湯 卵塔場の天女 木の子説法 [解説]村松定孝


 8 風俗篇一 

金時計 貧民倶楽部 X蟷螂鰒鉄道 なゝもと桜 辰巳巷談 通夜物語 [解説]村松定孝


 9 風俗篇二 

湯島詣 葛飾砂子 白鷺 売色鴨南蛮 [解説]村松定孝


10 懐旧篇 

一之巻 二之巻 三之巻 四之巻 五之巻 六之巻 誓之巻 照葉狂言 笈摺草紙 薬草取 女客 縁結び 縷紅新草 [解説]村松定孝


11 戯曲篇一 

愛火 夜叉ヶ池 海神別荘 恋女房 [解説]寺田透


12 戯曲篇二 

湯島の境内 錦染瀧白糸 日本橋 天守物語 戦国茶漬 かきぬき 年譜・作品年表 [解説]村松定孝


1981.6.25-1982.5.25 刊 1994.4.7-1995.3.7 再刊





泉鏡花を読む