アムトラック/お茶教室
教室/イベント出店 オーナーブログ TOPへ

アンティークとお茶
 
〜暮らしに活かせるアンティークとおいしいお茶〜

 ■台湾茶教室/イベント出店のご案内

「あなたの知らない台湾茶教室」=アンティークを暮らしに活かすご提案としてデミタスカップで愉しむ台湾茶をおススメしています。台湾茶のおいしい入れ方や自宅でも簡単に入れられる茶器(TEAPOT)もご紹介しています。アンティーク食器とお菓子のセットで約2時間ですが、アッという間に過ぎてしまいます。

●イベント出店やコラボ教室など台湾茶の美味しさを皆様に感じていただける機会があればどこへでも伺います。

  • たとえば色彩研究会とのコラボ。台湾茶の繊細な香りをイメージしてカラーパターンを作成するという勉強会。6名の方が当店で煎れた台湾茶の香りをそれぞれのイメージで表現されていました。お茶の種類によって、ある傾向はみられたものの6名様の個性が表れるようで、とても興味深い会でした。何か難しそうですが、3種類のお茶の香りを感じる間は真剣そのもので、予断を与えないように静かに進みますが、最後にはリラックスした雰囲気でおしゃべりも弾み、お菓子と一緒に台湾茶を愉しんでいただきました。

  • 三土市(毎月第三土曜日にシビコ西広場で開催される朝市)に出店
  • 「まちゼミ」での講座
  • 伝道寺での「ガーデン・マルシェ」に出店

お問い合わせやご予約は tel0564-48-2999 またはメールでメール送信

アンティークマーケット。アムトラックロゴ
岡崎/本宿店、アムトラックへどうぞ


アムトラック内「茶楽」

茶楽ロゴ

台湾茶を飲んでいただくコーナーです。

お茶教室 
アウガルテン教室のセット一例

台湾茶教室のご案内 アムトラック内の「茶楽」

■あなたの知らない台湾茶教室

アンティークのデミタスカップ(アウガルテン)で台湾茶をマイセンの皿に季節のお菓子とアイス、シルバースプーンのセットでご賞味いたきます。 オーナーがお茶の煎れ方や特長を実演しながら説明し、3〜4種類の茶葉を飲み比べていただきます。奥深い台湾茶の世界をアンティークと共にお愉しみください。

■1回の教室は2〜5名様まで、約2時間程度

■季節のお菓子とオリジナルアイス付き。(季節やお客さまのご要望にあわせて組み合わせます。)

  • モンクーヘン(ドイツ・ドレスデンの味)
  • エンガティーナ(スイス・エンガディン地方の伝統菓子)
  • こだわりのオリジナルアイス
    • 貴腐ワイン=貴腐ワインをそのまま贅沢に入れました。
    • プーアールとハチミツ=プーアール3種と龍眼ハチミツ
    • 味噌崎くん=三河産にこだわったみりんと酢、八丁味噌を隠し味に。

■初心者でもわかりやすいオリジナルテキスト付き。

■お一人様3,000円の予約制受講料はカード、電子マネー決済はお受けできません。)

■入門編から上級編までお客さまのご要望にあわせて、台湾茶をお愉しみいただいています。ご予約はTel.0564-48-2999まで

おすすめティーポットのPIAOI
ティーポット

お茶の買い付け先の台湾で見つけたティーポットのPIAOI。
熱湯を注いでボタンを押すだけ!
絞らず、茶葉のおいしさを引き出す、理想のポットです。見つけたときはコレだ!っと思いました。販売もしていますので、おたずねください。

サイズは
  • 中(インナーポット215cc)2,800円
  • 大(インナーポット350cc)3,600円の2種類 WEB SHOPでご購入
ピアオー  茶葉を計ります。 茶葉を入れます。
インナーポットに秘密が! /茶葉を計ります。2人分で5g。 /インナーポットに茶葉を入れます。
熱湯を注ぎます。 インナーポットいっぱいに 蒸らします。
/熱湯を注ぎます。
(必ず沸騰したものを)
/いっぱいになるまで。 /ふたをして1分ほど蒸らします。この状態ではアウトポットにお茶は流れません。
突起を押します。 抽出 茶海に移します。
/ボタンを押します。
すると
/抽出されたお茶が
アウトポットに流れます。
/茶海に全部移します。
(移しきってください。)
ヘレンドんのデミタスカップ ヘレンドのデミタスカップ ティープレスのような茶葉を絞ってから注ぐタイプは余分な渋みも出してしまいます。
この点、PIAOはインナーポットでゆったり茶葉を開かせ、アウトポットに流すことでおいしいお茶がいただけます。
アムトラックも日常的に愛用しています。紅茶もコレで入れた方がおいしいですよ。茶殻も捨てやすく、洗いやすいので本当に使い勝手のいい優れものです。
お茶好きな方におすすめします。
/デミタスカップに注ぎます。 ヘレンドのデミタスカップに入れて
撮影してみました。

本宿店での教室と「まちゼミ」での模様です。

まず、テキストなどを見ていただきながらの簡単なお茶や使用するアンティークカップの説明、そして誰でも簡単に美味しく入れる方法を体験してもらいます。面倒な作法はいりません、美味しい台湾茶を知って、気軽に愉しんでください。

アンティークヘレンド 初 台湾茶 メモをとってくださる、うれしい。 手作りテキスト
さぁー体験してみましょう。 PIAOIの使い方 簡単便利PIAO リラックスした雰囲気で
質問もご遠慮なく 茶葉 どれが一番高価でしょう ご予約お待ちしています。

教室/イベント出店 オーナーブログ TOPへ