Let's Try CGI
CGIを使ってみよう

 

What is CGI ? 


CGI(Common Gateway Interface)・・・パソコン、特にインターネットであちこちのWEBをサーフィンしたことがある方はどこかで聞いたことのある言葉かもしれません。
聞いたことがあるというよりは、どこかへのリンクをクリックした時に、ブラウザの下の部分に「・・・cgi・・・」などという記号が現れることがありますが、これは全てCGIを使った仕組みです。簡単に表現をするとアクセスカウンタや掲示板という機能を使う場合にお世話になるプログラムの一種です。普通のHTML(ホームページを記述する言語の一種)は文字や画像を配置して定義することがメインになりますが、CGIはサーバ内であらかじめ定義された処理を実行してその結果を出力します。

ホームページ上の掲示板への書き込み、アクセスカウンタ、チャットやアンケートという双方向な処理の実現が可能となり、インタラクティブなコンテンツ作りに不可欠なものとなっています。(イメージ図参照)

 

通常の閲覧ではブラウザからhttpプロコトル命令で指定したURLのホームページのデータがブラウザに送信され、それをダウンロードしたブラウザがHTMLを解読して画面に表示します

CGIを用いた場合は、ブラウザからhttpプロコトル命令で指定したCGIプログラムが実行され独自にサーバ内にホームページ形式のHTMLが出力されます。出力されたHTMLがブラウザに送信され、それをダウンロードしたブラウザがHTMLを解読して画面に表示します

 

 あなたのプロバイダはCGIを許可していますか? 

CGIがホームページを楽しいものにしてくれることは前述したとおりですが、CGIの使用は加入しているプロバイダがCGIの使用を許可しているかどうかが大きな問題になります。掲示板やカウンタなどのために必要な仕組みだったら全てのプロバイダが使用を許可して当然と考えられるかもしれませんが、CGIというプログラムが送信されたプロバイダのサーバの中で動くという仕組みであるため、プロバイダのサーバに大きな負荷がかかることになります。また、ユーザが製作したCGIプログラムのバグのためにサーバがダウンするという事例もあるため全てのプロバイダがCGIの設置を許可している訳ではありません。

中にはCGIは使えるがあらかじめプロバイダが提供するものだけという制限を設けているプロバイダもありますので設置にあたっては、何が許可されて何が許可されないかを調べておくことが大切になります。
ちなみに、このサイトの管理者が加入しているBIGLOBEは、
CGIはユーザが作成したものも許可していますが、アクセスカウンタの設置に不可欠なSSIというプログラムは設置が許可されていません。これからホームページを開設して楽しみたいという方はCGIが設置できるサーバかどうかを確認してからホームページを製作されることをお勧めいたします。
(万一
CGIを許可しないという場合でも、他のサイトで提供している掲示板やアクセスカウンタにリンクをはってレンタルで使用することが可能です。ただ、レンタルの場合の多くは広告が表示されレンタルであることが一目瞭然ですし、自分でオリジナルのものに加工することができませんのでCGIを作ったり加工したりして楽しむことができません)

 

 Perlという言語 

さて、CGIとその設置環境について説明を進めてきましたが、CGIの難しさは日頃私たちが慣れ親しんだWINDOWS環境(失礼!MACの方もおられます)では動かすことができないということです。
現在、日本のプロバイダの殆どが
UNIXというサーバを使用しています。(マイクロソフトはWINDOWSサーバの普及に必死のようですが)サーバに送信されて動くCGIは必然的にUNIXというOSの上で動く必要がある訳で、そのためCGIプログラムはUNIXが認識するPerlという言語で記述されています。
言語というと大変難しそうですが、Perlはコンパイル(人間が認識できる言語を機械が認識できる言語に翻訳すること)の必要がないインタプリンタ言語と呼ばれているもので、特別なソフトも不要のため手軽に編集を楽しむことができます。

 

 Let's Try CGI 

ここまで、あれこれ理屈を並べてきましたが、百聞は一見にしかず、関心のある方は是非CGIプログラミングにトライしてみることをお勧めいたします。自己啓発にもお勧めです。

CGIプログラミングはその情報量からホームページに掲載して説明することに無理がありますので、関心のある方はネットサーフレスキューウェブ裏技から必要な情報を取得することをお勧めいたします。プログラム言語だけあって全てを理解することが難しいので、当サイトの管理者はCGIスプリクトファイルをダウンロードしてカスタマイズして利用しています。

なお、ダウンロードと加工に必要な環境は下記のとおりですので参考にして下さい。

(ここではWINDOWS環境について説明していますのでご了承ください)

  • インターネットに接続できるパソコン

  • ブラウザ
    一般的なIEやNNのことです。

  • メモ帳(WINDOWSのアクセサリに標準で入っています)
    一度も使ったことがない方も多いかもしれませんが、必需品です。他のワープロソフトやHTMLエディタは勝手に付加情報を追加したりコメントを削除することがありますがメモ帳には余計な機能がありません。プログラムを作成したり編集する場合には大変貴重なソフトです。

  • ファイルアクセスマーク(ファイル属性)変更機能をもつFTPソフト
    雑誌の付録にも無料のものがついていますが、
    WINDOWS用であれば窓の杜などのサイトからダウンロードできます。ファイルアクセスマーク変更機能は殆どのFTPソフトが備えていると思います。

 CGI Program  

このサイトではたくさんのCGIプログラムを使用していますが、実用的と思われるCGIのプログラムのパーツと施工方法をまとめてみました。CGIカウンタはいわゆるSSIというインターフェイスが許可されないサーバで動いてくれるアクセスカウンタです。メール送信プログラムは携帯電話のインターネット機能を使う時にアドレス入力が面倒なので定型文(アドレス)等を通知するメールを送信するプログラムです。最初は掲示板施行あたりから入門することをお勧めしますが、役に立ちそうと思ったら使ってみてください。使用は無料です。(^^)

詳しい説明と施工方法やサンプルはそれぞれのページにまとめてあります。


| CGIカウンタ | メール送信プログラム |

 

If you need  other contents then please click Home↓

| Home |


Copyright©2001,Banchan. All right reserved.
mailto:banchan@mti.biglobe.ne.jp