山根家の人々

「山根」は鳥取ではポピュラーな名字で、クラス(44名)で4人の山根姓がいたこともあるくらい。
山根家の写真(古いですが。。。)
和行
恵子



和行(かずゆき)
このページの作者。
大学4年の研究室時代に「ブヒ」と呼ばれるようになった。由来は本人も良く解っていない。
1962/01/30生まれ
鳥取で、高校まで生活。
中学の頃からのドラゴンズファンであり、ドラゴンズを近くで応援したく、名工大へ進学。おかげで、学生時代球場に出かけた時の勝率は10割!(中日及び相手チームの先発投手ローテーションを読み切っていたという説も)
大学院修士課程終了後、呉羽化学工業株式会社(現 株式会社クレハ)に入社。以来、高分子関係の研究に従事している。
ポリグリコール酸の世界初の工業化技術開発において、H23年度高分子学会賞を受賞。
高機能生分解性樹脂ポリグリコール酸の開発において、第5回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞を受賞。

学生時代はバイクで駅を宿とする野宿(駅宿?)ツーリングを良くやった。
その後、バイクの自由度を効率的に活かすにはキャンプツーリングが良いと思い続けている。
97/5、大型二輪免許を取得。
97-04まで YAMAHAの750cc BigOFF XTZ750 SuperTenere を所有。
04-14までYAMAHAの660cc デュアルパーパス XT660R を所有なう。関連Blogあり。(更新停滞中)
10Valvesで【極東】イベントを主催。最近は開店休業気味か。。。

山根のトップへ


恵子(けいこ)
旧姓、軍司(ぐんじ)。「ぐんちゃん」の通称がいまでも有効に使われている。軍司は茨城県にルーツがある。
1965/06/16生まれ。
和行と結婚して山根の性となった。
子育て、家事、パートにでたりと大変な毎日をがんばってくれている。
子供二人が自宅を離れて学生生活を始めたことで、親のほうも生活習慣が変わってきそう

山根のトップへ


 旭(あさひ)
長女である。
1992/07/21生まれ。
絵を描いたり、工作したりが好き。
97年4月から、いわき市立西小名浜幼稚園に通う。
友達も出来たようで、まずは安心。光(ひかり)ちゃんと言うそうな。

工作系では先生も一目おいているらしい。親ばかか、うれしい(^^)

99年4月よりいわき市立西小名浜小学校一年生。朝7時10分には家を出ていく。ようやく起きる頃の自分は「おはよう」の挨拶するくらいの朝の風景。

2002/4、小学4年生。工作系では相変わらず非凡なところを見せている。将来美術系の進路を希望するので有れば協力してやろう。

2004/6、小学6年生。現在、絵の個人教授を受けさせている。

2005/4、小名浜第一中学、1年。絵の個人教授の先生は結婚され関西へ嫁いで行ってしまったが学校では美術部へ。趣味では漫画書きに熱中。

2006/4、中2。児童福祉文化賞を受賞した事のある菊地澄子さん作の「わたしのかあさん」が子供の未来を考える出版社 北水 より「わたしの母さん」とリメイクされて新刊される。その表紙、挿絵などイラスト部分をすべて旭が担当。絵が好きな中学生が一般の出版社の本の絵を担当して完成させるまでにはいろんな人との出会い、その方達の協力・支援などいろんな人の手を借りて作品という物ができて行く様を実体験していくことができ,絵に関する分野で将来仕事をしたいと思っているらしい娘にはとても貴重な体験をさせてもらったと思います。親としてもとても感謝しております。

2009/4、磐城桜が丘高校に進学し美術部に所属。2年生時では部長も務める一方、美術系学校への進学を目指し、関東の美大予備校に通いだす。普段は無理なので週末と長期休暇だけだが、週末はビジネスホテルに泊まり、長期休暇は予備校のアパートに住み込んでと、フリーの時間は殆どを絵に費やす。

2011/3、震災で卒業式なし。東京の美大予備校で1年間の浪人生を経験する。

2012/4、一浪後、武蔵野美術大学にご縁があって、日本画学科に入学。芸祭の執行部に入ったりしながら大学生生活を満喫中。
2014/4、大学生も3年目。将来に向けて精進してください。

山根のトップへ


 昇(のぼる)
長男である。長女の「旭」と併せて、「あさひのぼる」。そう、「Sun Rise」なのである。三人目が生まれ、お兄ちゃんと呼ばれて悪い気はしないようである。
1994/06/03生まれ。
指しゃぶりと、座布団が欠かせない坊主。
1997/3、ようやく昇君に春が来た!
うんちがトイレで出来るようになった。3才と9ヶ月出来るようになればなんて事無いんですよね。
臆病な所がある。これから鍛えてやらねば。
ようやく、反抗期が終わりつつあるようだ。うんちの件でも、自信みたいなものが出来てきたみたいで、これからの彼が楽しみである。

1999/4、いわき市立西小名浜幼稚園児。友人もできたようである。けんかもしっかりやっているようで悩んだり、楽しんだり色々経験しているようだ。他人と接触することの大変さと重要さを学んでくれれば良いと思う。

2002/4、昇ももう小学2年生。成績も良く、長距離走でも学年2番になるなど努力家。自分にも自信が出てきて、周りの友人からも認められるようになり、成長が著しい。
そうえいば、小さい頃プールで溺れかけて水嫌いだったが今では泳ぐことも出来る。

2004/6、 小学4年生。体格もでかくなり、口も達者になってきた。MacでSafariの扱いがかなり習熟してきた。ネット社会が身近なところにきていることを実感させられる。

2005/6、 小学5年。突然、ミニバスケをやりたいと言い出した。背も大きいので周りの期待も大きく、本人も練習が楽しくてしょうがないといった感じ。努力家でもある。何はともあれ、熱中できる物があるというのは幸せだと思う。応援してやろう。

2006/4、 小学6年。ますますバスケに熱中。今年のチームはかなり実力有りそうで今後さらに練習を続けてどこまで行けるか、楽しみ。

2007/4 - 2010/3、 小名浜第二中学。バスケ。昇の世代はいわき市内の3つの中学校のレベルが高く、いずれかが県大会レベルでも優勝争いに絡むほど。昇達のチームも新人戦、春期大会と県3位になっている。

2010/4 - 2013/3、 磐城高校でもバスケ部に。最終学年ではキャプテンをつとめた。いわき市内では強豪の私立にはかなわなかったが2位の座を維持し、県大会には何度も出場した。高校3年生時、高体連が終わり部活を引退してから受験勉強開始。

2013/4、 縁があって東京理科大に。基礎工学部は1年時全員が全寮制で北海道の長万部で学ぶシステム。貴重な長万部生活を経験中。
2014/4、 大学2年生。東京の葛飾区で一人暮らし。

山根のトップへ


 輝(ひかる)
次男登場!
1997/11/25生まれ。
3734gの大きな赤ちゃん。元気に育ってほしい。ただ、それだけである。親は、誰もが最初はこの思いだけだと思う。しかし、成長して行くにつれ、いろいろ注文が付いてくる。社会の中で生きて行くには仕方ないのだが。。。
一ヶ月検診で、4900gをオーバー。大きい...(^^)

1997/12/30、乳児肥厚性幽門狭窄症という病気で緊急入院。31日に手術は無事終了。胃と十二指腸をつなぐ管(幽門)が回りの筋肉に圧迫され、胃袋から先に食べ物が流れなくなる病気。以前なら助からないが、今は手術で簡単に直るそうだ。やはり、医学の進歩は偉大である。1日(元旦)から少しずつおっぱいを飲めるようになった。2日になり、一度に許されているおっぱいの量も増えてきた。4日、点滴がはずされた。おっぱいの飲む量が制限なしとなり、それまでの100mlからいきなり190mlも飲んだりして、妻の母乳の供給能力を超える始末。順調すぎる回復(笑)で7日抜糸、8日無事退院しました。入院時よりも体重を増やしての退院でまずは一安心。(1/8記)

お見舞いのメールをいただきました。どうもありがとうございました。

1998/3、ぶくぶく太った輝は、今度は軽い肺炎だそうな。。。
入院とかはして無くて、薬を飲んでます。しかし、元気でぶくぶく太り続けている。

1998/11,今年も風邪をひいたりはしょっちゅうでしたが、一歳となり元気に育ってくれています。もうすぐ歩きそうです。

1999/11、彼も二歳。片言に話す言葉も出てきた。大人の会話はかなり理解しているようだ。三人目となると親にも余裕が出来てかわいい。

2000/2、祖父母と輝だけで温泉旅館にお泊まりに行った。泣くこともなく過ごしたようである。たいしたもんだ。

2002/4、ついに年中さんで幼稚園に入園。シャイなとこあるけど、少しずつ友達も出来ていくだろう。水嫌いな輝には夏休み、特訓か。

2003/2、何とか顔を水につけられるようにはなったみたい。

2004/6、小名浜西小学校1年生。いつの間にか小学生だ。まだまだ子供だけど、ずいぶんと成長したもんだ。

2005/6、小2。相変わらず落ち着かない性格だ。学校でも人の話しを良く聞かないようである。それでいて、気が利く所もあって可愛くて面白い奴である。輝も何か熱中できる物が見つかると良いが、まだ先のようである。

2005/11、お兄ちゃんの影響でミニバスケを始める。まだ熱中しているというよりも遊びに行っている感じだが、何かのきっかけになれば。

2006/4、昨年秋少しだけ参加したミニバスケに参加すると本人から言い出した。本人が言い出した事がとてもうれしい。そろばんも水泳もこれまでは兄弟がやっているから輝にもという所があったが、ミニバスケはチームプレーだし、結構練習もきついので強制はしない事にしてきたのだが。言い出したからにはいい加減にはやって欲しくないな。つらい時も有るだろうが続ける事がとても大事だと思う。

2010/4、小名浜第一中学。バスケ中心。中体連では県3位まで行く事が出来た。選手層も厚くレギュラーになるのも大変なチームの中で、努力してきたことはこれからの人生の中でも自信になったと思う。身長も親父を抜いた。

2013/4、いわき秀英高校に進学。勉学に勤しむとのこと、精進してください。バスケはクラブチームの練習に時々混ぜてもらって続けている。
2014/4、理系クラスに。

山根家のトップへ

Homeへ戻る