2003年度(第10回)志鳥音楽賞

2004年2月21日 (日本出版クラブ会館(東京都新宿区)における授賞式のリーフレットより)


2003年度(第10回)志鳥音楽賞受賞団体紹介(五十音順)

●小さな小さな音楽会 (代表:市橋邦彦氏)

 ボランティアによるスタッフ20名弱で運営にあたり、1972年から、一時期の中断はあるものの、2003年までに通算28回、「身近な場所で低料金ながら良質な音楽を提供する」ことを目的に、東京・三鷹市を中心とした地域のホールで音楽会を開催している。

 コンサートは毎回テーマを設けて、親しみやすい作品をとりあげ、オーケストラを中心にアンサンブルによる演奏もおこなっている。オーケストラは2管編成で30〜40名のプロ級の奏者を確保している。メンバーは年に1回この日のために組織されるが、音楽会の理念に共鳴して交通費程度のギャラで全国から駆けつけて参加している。また演奏の合間にその作品や作曲者のエピソードも織り込んだ楽しい解説を交え、照明、舞台装置、映像にも工夫を凝らしているのもコンサートの特徴。そんなコンサートが聴衆に支持され、回を重ねるごとに増え続けている。悩みは赤字で、目下代表者が負担している。

●松井クラシックのつどい (代表:米田 稔氏)

 1990年2月に発足以来、20名ほどの会員の自主企画、運営により、8月を除く毎月第2土曜、埼玉県所沢市の松井公民館ホールを会場のみ提供を受け、会員料金1,200円、一般当日料金1,500円程度の低料金の音楽会を、現在まで150回以上開催してきた。

 会員は音楽を専門としないアマチュアばかりだが、一般演奏会で好印象を受けた演奏家に直接出演交渉をおこなうことから始まり、チラシやプログラム制作、印刷物の発注、会場受付にいたるまですべて作業を分担し、独力で手作りのコンサートを続けている。また、公演後には会員と聴衆で出演家を囲む懇親会も持ち、その後も彼らの成長と活躍を温かく見守っている。最近は年に一度出演者をオーディションも実施して、若手演奏家へのさらなる演奏機会の提供もはかっている。近年は常連の聴衆も増え、地元の高等学校芸術科では、生徒の一定回数の来聴が音楽鑑賞授業の一環として単位認定になるなど、その活動は確実に地域に密着している。


志鳥音楽賞について

 全国各地で、クラシック音楽の幅広い普及と愛好家の裾野拡大のための活動を営利目的とせず、5年以上にわたっておこなってきた個人または団体の努力や功績をたたえ、毎年、慎重な審査のうえ顕彰するもの。賞金は1回につき最高 100万円。

選考委員長
佐々木 行綱 (声楽家、音楽評論家)
選考委員
三善 清達 (音楽評論家、元 東京音楽大学学長)
宇野 功芳 (音楽評論家、指揮者)
萩谷 由喜子 (音楽ジャーナリスト、音楽評論家)
梅川 兼良 (クラシック音楽興隆会常務理事、元 音楽之友社取締役編集部長)

志鳥音楽賞歴代受賞者

第1回(1992年) 弘前オペラ (弘前市)
邦人オペラ作品に光を当て、手作りステージで継続的に上演するとともに地域にオペラ・ファンを育成してきた
第2回(1993年) 藤井京子氏 (静岡市)
静岡県の山間部で、長年学校巡回コンサートを実施し、多くの児童生徒に生演奏鑑賞の機会を提供してきた
第3回(1994年) 守屋澄子氏 (岡山市)
「若い芽を育てる会」を主宰、オーディション形式による音楽会を開催して、若手演奏家を育成した
第4回(1995年) 滝昇氏 (神戸市)
ジュニア・オーケストラを指揮・育成して、震災復興支援のためのコンサートも実施した
第5回(1996年) 松田木綿子氏 (町田市)
自宅サロンほかを会場にして継続的にコンサートを開催して音楽愛好家の層を広げ、また若手演奏家に出演機会を提供してきた
第6回(1997年) 高坂知甫氏 (山形市)
私財を投じて山形フィルハーモニー交響楽団(アマチュア)を創設、自宅敷地内に練習場も建設するなど、40年にわたって育成してきた
第7回(1998年) 小山貞子氏 (東松山市)
複数の合唱団を長年指導・育成、またしばしば自宅ホールを練習場、演奏会場に提供してのコンサートも開催している
第8回(1999年) 高橋亮仁氏とせせらぎ合唱団(北海道清水町)
音楽とは無縁の酪農の町に合唱団を誕生させ、自宅を練習場に開放して全国に「第九の町」の名を知らしめる
第9回(2000年) 佐藤慶子氏 (東京都)
聾唖者も体感できる音楽の開発に当たり、ワークショップ開催を通じて聾唖者児童を指導している

特定非営利活動法人
クラシック音楽興隆会

〒160-004 東京都新宿区四谷 2-13 久保田ビル2階
電話 03-3356-2377


[TOP PAGEへ戻る]

[e-mail] このサイトへのご意見、ご感想は 小さな小さな音楽会 事務局<chiisana@mtd.biglobe.ne.jp> までお送りください。
Last Updated: 2004/02/22
Copyright (c); 1998-2004 小さな小さな音楽会. All rights reserved. URL=http://www2s.biglobe.ne.jp/~chiisana/