『お薬手帳』は、お持ちですか?

※お薬をより安心して使えるように、できれば、ご自身でこれだけは記入しておいて下さい。
 医師・歯科医師・薬剤師は, よりあなたに合ったお薬を選ぶことができます。

・既往症(現在や以前にかかった病気)の有無
・薬に対するアレルギーの有無とその症状
・食物に対するアレルギーの有無とその症状
・薬を飲んだあとの体調の変化
・よく飲んでいる一般用医薬品(市販薬)や健康食品

『お薬手帳』は、あなたがいつも持ち歩くカバン等とともに、いつも一緒に持ち歩きましょう!

1。病院・医院・歯科医院・薬局に行ったときには、毎回、提出しましょう。
2。入院する時も、携帯しましょう。
3。薬局で市販のお薬を買った場合にも、記録しましょう。
4。お薬について、わからないこと、困ったことがあるときには、記録しましょう。



◎『お薬手帳』は一度に何冊も持つのではなく、ひとつの『お薬手帳』にまとめて記録をするようにしましょう!
いっぱいになったら、新しい『お薬手帳』をもらって下さい。

*電子お薬手帳の普及も進んでいます!
ご興味のある方はホームページをチェックしてみて下さい。
ヘルスケア手帳