トピックス

 

---------------------------------------------------------------

YAMATO PAGE LINK

SOLAR DATA    LINK

 INDEX   LINK


 

★Win10 最新  2019/08/14   バージョン:1903 OSビルド18362.295

      
6月初め一般向けの上記アップグレードの案内が来たが、問題発生の可能性が有るか様子見していたが
                    自作2台20日に 問題なくアップグレードが完了した。
      アップグレード作業前に実施したことは

              ★ 管理者コマンドプロンプトのよる、”sfc /scannow” 
              ★ 
デフラグ
              ★ 
必要のないUSB接続の機器は取り外し(何れも念の為という意味で実施した)
                 メジャーアップグレードなので ネット上には アップグレード時の不具合発生などが記載されているので
      念の為調べた上で作業をした。
        


★2019/02/01 
Philadelphia cheesecake (レア−チーズケーキ)
      昨年末からまたケーキ作り(遊び)に・・・。
      ほとんどが 
レア−チーズケーキだが 抹茶、イチゴ、ブルーベリーで作っている。
      クリームチーズ、ヨーグルト、グラニュー糖、生クリームの配合具合
      とゼライスの配合具合を色々試したが やっとこれでという感じになった。

 

 

★2017/11/23
                                   


                    
手持ち自作パソコン2台更新プログラム経由では更新が出来ず 以前のバージョンに戻る現象が
           
2回続けて発生2台のパソコン共
           色々原因を探ること約一週間!
           原因は 
NTT提供のセキュリティー対策ツール(トレンドマイクロ製)と思われ
           この
プログラム削除の上”Windows10更新アシスタント”にて アップグレード完了。
 
           
いずれにしても現在契約している
NTT回線の種類によって 対策済のバージョン
           手当てする必要がある。
           対策済みのバージョンがすでにインストールされている場合は 1709の更新では
           
私が経験した状況は発生しないとの事である(スムーズにアップグレードが出来る)
           ・・・詳しくはNTT以下ページに!

              http://f-security.jp/v6/support/information/100166.html
                      年2回のメジャーアップデートの度に不具合発生している模様。
           これではユーザーがたまらない。
           かつ
内容変更はあまり無く、使い勝手が変更になりユーザーメリットは少ない
           この内容であるなら年1回のアップデートでも十分ではないかと思ってしまう。
 

 

 

★2017/04/07       Windows10 メジャーアップデート (Windows10 Creators Update)
                                
最新 2017/10/11 バージョン:1703  OSビルド:15063.674
aaaaaaaaaaa
以前のバージョン:1607   OSビルド:14393.969 から変更
更新作業は手動で実施、作業時間 約30分
例によって
バージョンアップ後に”
システムの保護”  が無効になってしまうので”有効”への変更が必要
その他 念のため 設定項目の総チェックを実施する。

 

2017/04/09現在 手動での更新は別の手法に変更されている。
自動更新は2017/04/11から順次実施の模様。

         


★2016/10/01 
   - NVMe版SSD SAMSUNG SM951を使ってみる-  

        11/13
構成部品変更
     最新機材を使用し ”使用目的に合わせ 速くて安いパソコンを作る”                                             

 
 チップセット/マザーボードがIntelの第6世代CPU「Skylake」のデスクトップ Core i5, ソケット形状はLGA1151
 ・ Skylake-SではDDR4メモリが主流になっており、DDR4メモリでは1.2Vと省電力になっている
 ・ PCIExpress3.0x4に M2 NVMe対応SSD Samsng SM951 を使う
 ・ 出来るだけ小サイズのデスクトップにするため ケースはフラクタルデザインの「Node 202」 (Mini-ITX規格)
 ・ ITXマザーボードの使用、但し電源はゴールドクラス使用

 
使用機材
CPU
 INTEL
 Core i5 6500 SKYLAKE
マザーボード 
 ASUS
 B150I PRO GAMING/AURA
メモリーDDR-4
 CORSAIR
 VENGEANCE LPX DDR-4 2133MHz 8GBX2
SSD Cシステム起動 
 SAMSUNG 
 SAMSUNG MZVPV256HDGL-00000 256.0GB NVMe対応
SSD Dドライブデーター
 CRUCIAL
 CT240BX200SSD1 240.0GB
CPUクーラー
 RAIJINTEC
 Raijintek 44mm OR100003(ZEROS)
PCケース
 FRACTAL 
 FRACTAL DESIGN  NODE 202
グラフィック
 
 最終CPU内蔵
電源
 SIVER STONE 
 SST-ST45SF-G
OS
 AMAZON
 Win10 Pro オンラインコード購入で Ver1607のクリーンインストール実施

  画像


SAMSUNG MZVPV256HDGL-00000 256.0GB NVMe対応 TYPE2280


PCI-E 3.0x16 Slot M2. 
SM951の熱対策に
チップ用ヒートシンク+70mmファン取り付け

組み立て完了
FRACTAL DESIGN  NODE 202

内臓DVDを設計からはずした事、PCIEx16 
L字ライザーカードにより 隣のブロックに
最大 
310x145x47mm (LxHxD)のカードが
取り付け可能になっている事など
Mini‐ITX
仕様としては最大限の自作自由度が
確保されている。

もっとも今回は 上写真の通り
PCI-E 3.0x16 Slot M2+SM951+ファン
取り付けた為 グラフィックカードは
諦める事になった。


FRACTAL DESIGN  NODE 202
詳細ページ以下
http://www.fractal-design.jp/home/products/cases/node-series/node-202

 データー

Crystal DiskMark 2016/9/30 C-drive OS
SAMSUNG SM951

Crystal DiskMark 2016/10/01 D-drive DATA
CRUCIAL CT240BX200SSD1 


SAMSUNG SM951
使用しての感想
Crystal DiskMarkの数値では過去経験のない
数値である。
起動時間は通常SSD使用から更に向上がみられる
BootRacer計測 Windowsブート 時間 電源オンから
ようこそ画面まで5秒

最も大きく向上するのはPhotshop等の重いソフト起動
大きなファイルの読み書きに大きく効果が出ている。
費用対効果の点から見ると どうしても使いたいと
言う程の気持ちにはなれない(現時点では)が
これを経験してしまうと・・・・。
各誌上にも記載されているが このNVMe対応SSD
取り付け場所と温度対策が重要。
ファン及びチップヒートシンク取り付けは必須項目と感じた。




Crystal DiskInfo
NVMe対応SSDは発熱量が大きい為
ファン及びヒートシンク取り付けで温度低下を目指した
 
 
TEST
       ・Intel Extreme Tuning Utility    
     
CPU Stress test running
      
Package Temperature : max 65°C (室温28°C)
      SAMSUNG SM951 Temperature :
31°C

      
OCCT 実施
       ・BootRacer計測 Windowsブート 時間5秒

 







★2016/09/14
   
バージョン 1607  OSビルド 14393.187 更新
 
★2016/09/07
  Win10 アニバーサリー
最新1台の自作分 KB3176493 (OSビルド14393)アニバーサリーアップデート完了、
  わずか約1時間半の作業でした。
     その後 一旦アップグレード完了後 通常の更新作業で 
バージョン:1607 OSビルド:14939.105で終了!
        (BIOS上のUEFI、セキュアーブート、ファーストブート共に設定が確認されており また各種設定も
         引き継がれている)
   ただし例によって”
システムの保護”が無効になっているので ”有効”に変更する作業が必要。
  ・これで手持ち自作パソコン3台 バージョン:1607 OSビルド:14939.105 アニバーサリーアップデート完了。
    (元Win7から、元Win8.1から、Win10OS購入の上"Build
10586-545"新規インストール分から)
  ・いずれも思ったより短時間で完了、不具合は一切なく稼働している。




 Windows 10 バージョン 1511 最新OS Build 10586-545 (2016/08/10) 
  ・手持ちの自作パソコン3台(用途違い、性能違い、Pro、Home)非常に快適に動いている。
  ・更新作業のエラーも皆無で 非常に良いOSと評価している。

 

 

 

★2016/04/19 マリーンライト(松本船舶照明

  
・自宅入り口階段部に夜間照明設置。
    (9年前取り付けた建屋上部からの照明が庭木の成長に従い役に立たなくなっていた)
  ・マリーンライト
      
R2BRG(R2号ブラケット ゴールド) 松本船舶照明器具 屋外灯
      R2号ブラケット ゴールド 屋内屋外兼用 LEDランプ装着モデル
      装着ランプLED6.4w 電球色(白熱電球40w相当)
      サイズ 幅135mm 高215mm
      本体材質 真鍮・青銅鋳物(仕上処理無)
      グローブ 透明ガラス
      本体重量 1.5kg
  ・結線、アース取り付け、セメント塗り、盗難防止金具等すべて自前で施工、材料購入から1週間かかった。





★2016/01/16 
TAMIYA RCカー  CR-01 トヨタ・ランドクルーザー40
   
  1/10電動RC4X4オフロードカー トヨタランドクルーザー40を組み立てた。
  当ページ下部(2015/05/23) でご紹介の”
競技用ツーリングカー”とは全く性格の違うRCカーで
  スピードは出ないものの 
階段、野山、河原を駆け回る
  力強さと同時に 滑りながらも山の斜面を駆け上がる姿はかわいらしい!
  基本サイズは
全長435mm、全幅265mm、全高274mm、重量3.5s と大型だ。
  当初は4WD+2WSだが最終的には4WD+4WS(4ホイールステアリング)にした。

自宅石階段で


4WS化 Anti Phase(逆位相) 2016/3/2


これでCR-01の回転半径は劇的に小さくなった。

順位相前輪後輪共に同じ方向に切れる(上記写真右側後輪が前輪と同じ方向に切れる)
ものだが 正にカニの斜め前歩きになり 使うことはないと思う。
尚 後輪側のガードは初心者マークのようなもので動作に慣れるまで取り付けておくつもり。
当然オリジナルではなく 別途部品購入の上取り付けたもの

 



★2015/12/4  x64 ベース システム用 Windows 10 バージョン 1511 の累積的な更新プログラム (KB3116908)
   ・OSビルド 10586‐17 に!






★2015/11/20 Win10最新アップデート実行 (Win10 Build 10586
Threshold 2) 完了・・・・重要
   
・ただしこれはWindows 10にアップグレードした場合、以前のバージョンに戻せる31日の猶予期間が
   経過するまではTH2(
Threshold 2)のインストールは行えないとのことです。


 
無料ダウンロードのWindows10で発生する不具合(機器により内容が違うが)解消と音声認識機能を入れた
 メジャーアップデートが行われた。

 今回のメジャーアップデートは従来の
Service Packと言われる規模のもの。
 
Windowsのビルドを「10240」から「10586」に更新、不具合の修正や新機能の追加がされている。

 
音声認識「Cortana」が日本語に対応した!・・・・現在は未使用のため使い勝手は判らない。

 アップデート作業は初めてWindows10をダウンロード、インストールした時と同様に少々時間がかかり
 更にアップデート完了後はあらためて各設定などのチェック、更新作業が必要になる。
 (
まったく新しいOS新規インストールと同様に 過去の復元ポイント、更新履歴などは消去されている為、但し
  既インストールソフトは一部を除く大部分が引き継がれている


 復元ポイント、システムイメージの作成、SSD使用にかかる仕様変更などは是非ともチェック、更新作業が必要だ。
 
 アップデート完了後は 気持早く(サクサク動く)なったような印象(起動は明らかに早くなった)がする。
 これはアップデートに伴い設定見直しなど実行した事によるのか 今回のアップデートによるものか
 その関係は判明しないが 全体的に好印象だ
 また更新作業に伴い 新たに”Windows.old”フォルダーが自動で作成されている。
 今後とも 
メジャーアップデート(従来のService Pack)このような形で実施されるのかもしれない
 
Windows.old”が作成されると言う事は 少々の期間ではあるが気に入らなければ元に戻すことが可能だ。
 

 追記
   
今回のWindowsのビルド10586インストールに伴い プロダクトキーの問題がはっきりした
    ”
Windows7 またはWindows8.1からアップグレードする場合や、Windows10を再インストールする場合、
     プロダクトキーの入力は必要ありません。
”となっております。



★2015/09/17
 
自作パソコンWindows7 64bit Pro を Windows10 64bit Pro にアップグレード完了(2015/9/17)。
 使用感は OS自体が軽くなり 起動速度、アプリケーションの操作性ともに向上している感じがする。
 インストール後のエラーは皆無であった。
 
 
★問題は Windws8.1 64bit PRO 自作2台のアップグレードで すでに3回失敗しているがマイクロソフト任せなので
 
原因は全く判明していない。・・・・このWindows8.1は快適に使用しているのでアップグレードの必要性は感じていないし
 放置したいが マイクロソフト側でたびたびトライしている様子だ。
 ”
アップグレードの準備が完了しました”とのサインが出てトライしたがインストール失敗の原因の報告もなく
 ユーザーとしては手の打ちようがない。
 2015/9/23 再度挑戦・・・インストールまで行ったが Win10の使用中のエラー続出で使用を断念した。
 その後Win8.1への復帰を試みたが 
今度はここで失敗、改善策がないままWin10の初期化を4時間ほどかけて実施
 理屈は判明しないものの初期化が成功(結果論)し
クリーンインストールと同様の結果が出た。
 現在(9/24)アプリケーション再インストール中だがエラーは皆無で一応アップグレード完成とした。


完成までの作業状況
・デバイス関係
     ・マザーボード関連は 3台ともWin10対応のドライバーが入手可能なものについては
      事前に入手の上 Win10インストール後適用した。
 
     ・グラフィックボード、サウンドカード等は 事前にWin10用をメーカーよりダウンドーロし
      別ドライブ(D:¥)に保存しておいた。
     ・いずれにしても Win10インストール直後は”デバイスマネージャー”でチェックした結果
      
大部分は対応していたが不足、または保存しておいたメーカーのデバイス用のものを
      ”
デバイスマネージャーのデバイス更新機能”を使いインストール実行。
     ・結果として まったく問題もなく機能している。
     ・
Win7でのデバイス(マザーボード関連含め)がいちばん古く(2011年Sandy Bridge)
      少々心配していたが 結果としては一番手数がかからなかった。
     
・プリンターについてはWin10対応デバイス、ソフトをインストールで完了。

 

・ソフト関係
     ・いかにも古い 
Phptoshop6、Illstrator10は利用頻度が多いので心配していたが
      ともにAutorun.exeが作動不可のため それぞれ
ソフトの実行ファイルから
            インストールをした結果(Win8.1の時も同様)問題なく使っている。
     ・自作ホームページ作成上必須の”
Macromedia Flash MX"は特に問題なく
            インストール完了。
     ・その他のソフトも 一部WEB上からWin10対応に切り替えたものがあるが    
            手間はかからない。
     ・また古いオフィス2000の一部は再インストールを実行した。
      


     上記のようにいったんWin10のインストールが完了したものについては 通常の     
     OS各種設定と同様に時間はかかるが
問題発生は一切なかった。





自作パソコンWindows7 64bit Pro を Windows10 64bit Pro にアップグレード

 


自作パソコンWindows8.1 64bit Pro を Windows10 64bit Pro にアップグレード、
BIOS上では
セキュアーブート、ファーストブート、UEFIの組み合わせは保持されている。

現在手持ちの自作3台とも Windows10への移行が完了し快調に動いているが
よくよく考えるに Win8.1のセキュアーブート対応のために散々苦労した昨年の数か月は
いったい何だったんだろうと思うのだが・・・。
このページ下部記載の”
2台作っての使用感(1台目から4か月経ってみて)”の苦労

作業の感想
WIN7からのアップグレードはすぐに完了、WIN8.1からのアップグレードは足掛け1週間の作業
結果オーライとはいえ マイクロソフトのサポートもないままでのこの
無償アップグレード
やってみなければわからない世界、その原因、対策が判明しないままで非常に不安が残り 
サポート作業にも支障がある。

一方
2015/10/05現在アップグレード失敗例の頻発の所為か 対策ページなど徐々に整ってきた。
これも過去のWINDOWSの変更の度に見られた現象なので
根気よく対応していくしかない。
Win10のOSそのものは
従来に比して軽くサクサク動き ”One Drive"等も使い勝手も更によくなり
便利な機能も多い。

結果として我々ユーザーは長所を使いこなし マイクロソフト曰くの”これが
最後のOS”を信じて
長期使用を目指すのがBESTかもしれない。
Windows10 アップグレード完了後 安定した状態での対応必須項目
今回のWin10のインストールはダウンロードで実行されている為 通常のインストールディスクが手元にない
インストールメディアをマイクロソフトページから作るのも一つの手だが 手っ取り早くひとまず
USBに回復ディスクを作成し 更にシステムイメージ・バックアップを実行しておく事をお勧めする。
万一起動不可能な事態が発生した時にもこれで対応復旧できる。
プロダクトキーの確認方法
 
Windows10のインストール・メディアを作り クリーンインストールする場合には必ず
実行中ののWindows10の
プロダクトキーが必要になる(プロダクトIDではない)。
(2015/10/17現在 このキーの必要性については未だはっきりしていないようだが)
そこでプロダクトキーを調べるために”winproductkey.exe”を無料入手して実行し
Product Key Viewerからプロダクトキーを調べる。
ダウンロード・ページは以下から 
Windows Product Key Viewerを実行
http://www.rjlsoftware.com/software/utility/winproductkey/download.shtml
また他に”Piriform Speccy”でも見る事が出来る。無料ソフト入手、ダウンロードは以下ページから。
このソフト上では オペレーティングシステムの項目の中、
シリアル番号との表記になっている。
http://www.piriform.com/speccy/download/standard

こちらのソフトは現在組み込まれたデバイス全てのスペック、温度なども表記され
パソコンの全体状況把握、管理面からもとても
便利でお勧めだ!

 

 

 


★2015/08/18
 
予てからの計画で 8月15日から17日 広島で宮島岩国錦帯橋に行ってきた。




★2015/05/23
YOKOMO BD-7 RS Ver2

初のブラシレスモーター LiPoバッテリ搭載のレース用ツーリング車

その他の画像 LINK

 

本格的競技用ツーリングカーながらリーズナブルな価格設定のBD7 ver.RSにファインチューンを施し、
より高い性能を手に入れたハイスペックモデル"
BD7 ver.RS2"が新登場!
 バルクヘッドキャップやモーターマウント、ステアリングベルクランク周りなど、
マシンの性能に大きくかかわる要の部分にアルミ製パーツを多数採用。
ダンパーステーもカーボン製を奢り、各部の剛性と精度を高め、マシンの動きをよりシャープに仕上げています。
特にコーナーリング特性を左右する、アッパーアームとダンパーまわりのの保持力、
そしてステアリングワイパーの剛性向上でステアリングレスポンスも高まり、セッティングに対しても
確実に反応するレーシーなシャーシ特性です。(以上YOKOMO ホームページより)
全長:367mm 全幅:189mm 全高:78mm ホイールベース:256.5mm

(ボディー取り付け突起、受信アンテナ除く)
主な仕様
4WDベルトドライブ ツーリングカー
・左右対称のパーツ構成でシャーシのねじれを最適化
・2.25mm厚 グラファイト メインシャーシ
・従来に比べ9.5mmモーターを中央寄りに搭載
・フロント ソリッドアクスル
・リヤ ギヤデファレンシャル
・軽量樹脂製ベルトテンションカム
・ハイエンドマシン"BD7"と共通のコンポーネンツを使用
・アルミ製 センターリンク
・アルミ製 ベルクランクブリッジ
・アルミ製 ステアリング ベルクランク
・グラファイト製 フロント/リヤ ショックタワー
・アルミ製 フロント バルクヘッドキャップ
・アルミ製 リヤ バルクヘッドキャップ
・アルミ製 センターバルクヘッド
・アルミ製 モーターマウント
・アルミ製 モーターマウントサポート
以下キット追加部品
・YOKOMO 超硬プレシジョン ピニオンギヤ64ピッチ 35T
・YOKOMO 
BL-S3135G/BL-SP3 ブラシレス 13.5T コンボ
OPTION No.1 ADS-660DTG/デジタルロープロサーボ(アルミケース)
・YOKOMO レーシングタイヤ 
ZR-YG2011

・バッテリ YOKOMO
7.4V4000mAp 2セル YB-P240BD
・充電器 Li-poバッテリ用 GCH-0002V2
・送受信機 サンワ/MX-V(PC)2.4GHz 3チャンネルプロポ



★2015/04/14   
TA05、M05のセッティング 試運転完了
 

A B

 

M05ver.II PROシャーシ (画像右)

シャーシは実車と同じ前輪駆動のM-05。軽量・スリムで強度があり、
組み立てやすさも追求した樹脂製セミモノコックフレームは、前からギヤボックス、モーター、走行用バッテリー、
受信機、サーボ、ESCを配置。重量配分を最適化するとともに、低重心化も実現しました。
サスペンションは接地性にすぐれた4輪ダブルウィッシュボーン。ステアリングは3分割ワイパー。
フロントサスペンションのジオメトリーともあいまってコーナリング時も高い安定性を発揮します。
また、8本スポークデザインのホイールにはトレッドパターンが刻まれたMシャーシラジアルタイヤを装着し、
インナースポンジも内蔵しました。(タミヤ ホームページより)
●シャーシ長S:300mm M・L:307mm ●全幅165mm ●ホイールベース S:210mm M:225mm L:239mm 
●トレッド=前後とも138mm ●フレーム=モノコックタイプ ●駆動方式=フロントミドシップモーター・前輪駆動


TA05ver.IIシャーシ (画像左)
高効率の等長2ベルトドライブ4WD、TA05シャーシの進化バーション。
メインフレームの幅はぎりぎりまで狭められ、ロール時の路面とのクリアランスを確保。
また、片持ちセンターシャフトを採用した一体型モーターマウントの採用により、重量物である走行用バッテリーを
中央に近い位置に移設。これにより重量バランスが最適化され、いっそうの運動性能の向上を実現している。
サスペンションはIFS仕様の4輪ダブルウィッシュボーン形式で、ショートリバーシブルサスアームと
1050ベアリング仕様のアップライトを採用(フルベアリング仕様)、ダンパー=F/R共 CVAオイルダンパースーパーミニ。
サスマウントは左右分割式としてメンテナンス性を高めるなど、レースでの使用を意識したブラッシュアップが
なされている・・・・(タミヤ ホームページより)
このままで
タミヤ公認レースへのエントリーが可能なそうだが・・・・最初に選ぶ機材ではなかったかも!
●シャーシ長363mm、全幅187mm ●ホイールベース 257mm ●トレッド F:160mm R:158mm 
●駆動方式=横置きモーター等長2ベルトドライブ4WD

追加、変更部品
RS-540スポーツチューンモーター、スタビライザー、OP-664 TT-01 アルミモーターヒートシンク
OP.1076 TB03  OP.500  SP.1092 46mm、TA05IFSTA05Ver.2アルミバルクヘッド(F−R)
タミヤTA05Ver.2用オイルダンパー、OP.1196 TA05 ver.II カーボン強化K部品 (ステフナー)
OP-569 クランプ式アルミホイールハブ、OP.846 TA05カーボンダンパーステー( リヤ )
組み立てにはノギスも使い細心の注意(パソコン組み立ての方が遥かに楽)がいる。
また組み立て専用の工具をそろえるのにもコストがかかる。
色々な面で当初の予想をはるかに超えていた。
特にTA05の方は 上記の部品交換などでセッティング後の微調整に時間がかかったが
お蔭でかなりの時間を試運転にかけ少々腕が上がった。
 

★2014/10/24
  
10月15日から17日 予てからの想いでした広島県 呉を訪れた。

  
・呉では 大和ミュージアム海上自衛隊呉史料館(愛称てつのくじら館)入船山記念館
   
海上自衛隊呉地方総監部庁舎旧呉鎮守府庁舎
  ・江田島 
海上自衛隊の幹部候補生学校や第一術科学校(旧海軍兵学校)


  
それぞれ膨大な資料含め展示され 大いに勉強になった。・・・・順次写真でご紹介予定

 

大和ミュージアム 展示品の数々


 
 
★2014/8/07 タミヤ 1/350 日本戦艦大和 製作開始

  
・1979年 タミヤ 1/350 日本戦艦大和 初回キット発売。(NO15 税込6825円)
  ・2011年 戦艦大和の考証結果、多くの新発見 新戦艦大和キットが発売された。(NO25 税込24150円)
  
   0.3mmの極細サイズの穴明け、細かい部品の接合、細かい部品の筆塗装等々
  手が震える、目が霞む、集中力が続かない・・・。
  コンピューター製作とは比較ににならない苦労。
   (コンピューターは4時間ほどで組立つ、もっとも後の設定、インストールで時間がかかるが・・・・。)
  これが最後の大型プラモデルの製作かもしれない。
  このリニューアルされたタミヤ 1/350 日本戦艦大和は1500に及ぶ膨大なパーツと 標準装備の
  エッチングパーツ、その他数々の
別売りアフターパーツ塗料群からなっている。
  もっとも標準装備(塗料は別)だけでも十分製作できる構成となっている。
  製作に当たっては それなりの専門の道具が必要(別に購入)・・・・専用ニッパー、ピンバイス・ドリル等々。
  一番大事な道具は ルーペかもしれない(笑)
  キットの部品精度は非常に高く 製作マニュアルで丁寧に作る限りは現在まで修正はほとんどない。
  キットの
仕上がりは 全長:752mm 全幅:111mm

一応 形は出来上がったが・・・9/2現在。
(デッキ上の主要パーツは未固定のままで手摺取り付け作業時は撤去できるようにしてある)

問題は残る”1/350ハンドレールセットA”を使っての手摺を付けるかだ。
艦船外周の手摺支柱の穴明け(0.3mm)、取り付け、2段の金属線の張りなど
しばらく休憩して再開しようと思います。
アマゾンコメントによれば
この作業は”
これは技術云々ではなく、精神修養、精神鍛錬です”だそうです。


  とにかく細かい作業の連続で塗装別に 二か月ほど予定している。
  キットに添付の小冊子など歴史を読みながら楽しむことに。

製作に熱中するあまりついつい写真がおろそかになりますが
少し間となった所で・・・以下リンクから

トータル一か月半でほぼ完成
(私の実力内での完成とします)

詳細別ページリンク
10/04更新
完成写真




★2014/6/16 刈込ばさみ、剪定ばさみ、のこぎり
  
植木の手入れは 外注でお願いするのが良いのは判り切った話ですが
  帰郷してからは自前で何とか格闘中・・・(もっとも難しい木だけはプロにお願いしている)。
                              
  親父の代から数えて20年弱使ってきた 刈込ばさみ、剪定ばさみ、のこぎり。
  素人ながら刃を研いだりしながら使ってきたが流石に体力含め限界。
  ご近所さんから”そろそろ買ったら・・・”と言われ 一気に取り替えた。
  いずれも 見事な切れ味です(早く買えばよかった)。
  
 

写真左
岡恒7742ai”刈込ばさみ
写真中
岡恒NO.103 200mm”剪定ばさみ(父の日)  
写真右
神沢精工330mm C-330-LH 一撃
神沢精工240mm GCM-240-MH チャレンジ
 神沢精工ホームページ・リンク






★2014/5/22   WINDOWS 8.1で2台目自作完了しての使用感など
 
・まず2台目の構成は通常使用を目指し 比較的安価な構成で作った。
   
   
2台目  
            Windows8.1 64bit DSP Update適用版
             CPU AMD A8 6500FM2 3.5GHzx4
TDP65W GPU HD8570D AD6500OKHL BOX
             MSI A88XM-E45 microATX (Kaveri  Richland)
             Crucial M400 128GB SSD + HITACHDesKstar 500GB
             Patriot DDR3-1333 U-DIMM 4GBx2
            
Scythe BIG SHURIKEN2
             PIONEER BDR-209BK/WS                                      

             Scythe SPGT2 PLUG-IN  500W                            の構成で作った

    今回のグラフィック機能はCPU付属のHD8570Dを使い外部グラフィックボードは使ってない。
    前回の苦労が何だったのかと思う位あっさりと
[Genuine UEFI+SECURE-BOOT]が完成!
        Win8.1 2台目で要領も解っていたのでOSインストール含め4時間ほどで完成、快適に動いている。
   参考1台目
       Windows8.1 Pro 64bit DSP
       CPU Intel Core i5-4670K Haswell  3.4GHzx4 4.0GHz作動中 TDP84W HD Graphics 4600
       MSI Z87-G45 GAMING
       
Samsung840 EVO 120GB + WD5000AZDX Caviar Green
       ASUS
RADEON R7 260X-DC2OC-2GD5 (下記)
       Corsair CMZ8GX3M2A1600C9B X 2 16GB  VENGERNCE
       ASUS DSX PCIE 7.1 Audio Card
       Corsair Liquid CPU Cooler  H100
       PIONEER BDR-206BK
       ANTEC25 EARTHWATTS 650W
 2台作っての使用感(1台目から4か月経ってみて)
    
一言で言うと 本体起動、ソフト起動など含め非常に快適に作動する(Windows7には戻れない)
      ・本体の起動は下記1台目が8.9秒、上記2台目が約12秒、(いずれも組立直後測定)かなり速いスピードだが
       起動時間よりむしろ重いソフト(Photshop、Illustlater)でも非常にサクサク動くことが助かる点だ。
      ・製作2台目と言う事もあるが 構成時の部品選択、インストール時のローカルアカウント設定など
       
Win8.1独特の注意点の数々は必ず守る必要がある。
      ・外部グラフィックボード選定時のUEFI対応問題は4か月前と市場の変化はなく 十分な注意がいる。
         (但し
Genuine UEFI+SECURE-BOOTに拘らず Regacy+UEFIモードでの使用なら可能)
      ・OS初期の不評の所為か Windows8.1 Updateに至る過程で 数々の修正がされ
       現在はかなり使い勝手が良くなっていると思う。
      ・自作での注意点はNET上に数々記載されているので これを守ればよいと言われてしまうが
       Win7に比較するとやはり柔軟性は少ない。
       その分 得れる快適感はWin7を圧倒すると思う。
      ・自作泣かせと言われても 楽しんで作ることにしている。
 ・追記
    Windows 8.1 Update(KB2919355) 887.6MB
    これはサイズも大きくUpdate1との表記もあるぐらいで今までのサービスパック?相当とも思える。
    この作業自体はコントロールパネルの更新から選定し特に作業に時間がかかるほどではないが
    やはり事前の注意事項があるようで 特に独自のシステムアプリなどインストールしていた場合 不具合が
    発生する(起動しなくなる)との情報がある・・・事前アンインストールが必要か。
    ネット上にある
注意事項の対策を事前に実施復元ポイントの作業前作成など慎重に作業しよう。
 
★2014/1/19   WINDOWS 8.1 Pro
 
・Windows 8.1 Pro新規インストールした。
  最終的にはマザーボードとCPUは 
LGA1050に交換、その他の機材はSSDを除き Windows7使用分を使った。
  SSDについては
Intel 60GBでは容量心もとなく 新規にSamsung840 EVO 120GBにインストールした。
  このSSDは事前に
GTP初期化UEFI FastBootにはGPTフォーマットのドライブに OSをインストールする必要が)

  噂の通り 非常に厄介なOSであるWindows8.1、BIOS操作含めトータルで
20時間ほどかかった。
      (半分以上の時間はWin7使用のLGA1155マザー、CPUでの8.1セットの為の時間だったが結果失敗)

  詳しくは別途記載したいが インターネット上にあふれている問題点の記載の通り 新規インストール
  ともかくWindows8 からの
アップグレードは可能なら避けたいところ。
  各ハードの認識具合、ドライバーのインストール、適合性などなど問題点を出すときりがない。
  ある意味で 
自作には不向きなOSであり現時点でドライバーの供給も間に合っていない物がある事からも考えると
  
Service Packが出てからの方が良いように思う(現時点では色々な面で不完全OSとは言い過ぎか!)。
  マザーボードメーカーからもお勧めではないとの言葉をもらい唖然となったが BIOS初期化、再インストールなど
  試行錯誤の末グラフィックボードはUEFI対応品が少なく(お金もなく)取り付けを断念 CPU付属機能で賄い 
  結果 グラフィックボード抜きの
BIOS-OS-ハード-ソフト[Genuine UEFI+SECURE-BOOT]の組み合わせが出来た。
  但し 
SECURE-BOOTを無効にしBOOT Modeの変更をBIOSに加えれば R7770のグラフィック使用が可能になるが
  その状態での稼働がPCにどう影響するのかは理解が出来ていない。
  本音一言 ”
マイクロソフトらしくなく 何をしたいのかさっぱり解らない
  LAPLINKがこんなところで活躍するとは・・・・もっともサポート側も暗中模索状況(笑)。
     参考 Windows 8発売1年目アンケート調査の結果・・・・リンク
  それにしても Win8、8.1用UEFI-VBIOS対応のグラフィックボードと明確に記載された商品の
  発売が遅いのは何か理由があるのか勘ぐりたくなる。・・・・売りたくないのか!
  サポートをしている身としては 上記のように難しい設定など有るし WEB上にも”上手く動かない”との声も多いが
  それだけに解り易いベンダー情報がほしいと思う。
  もっとも自作専門店のBTOでも人気のゲーム用含めほとんどが
Windows7対応 なのも現実。
  これでは Windows8は中々認知されず XP終了前の移行も方向性が定まらないと思う。


↓↓
 ・2014/2/19 WINDOWS 8.1 Pro
     UEFI SECURE-BOOT FAST-BOOTすべてクリアーしたグラフィック・ボードを取り付け今回の自作は完了。
  選択したボードは ASUS RADEON R7
260X-DC2OC-2GD5
                


     ASUS英文ページに小さく UEFI  BIOS Support”と記載があった。
  ASUS正規代理店 テックウィンド(株)様のご協力を得て 実験はASUSマザーボードを使用し
  この購入予定のボードをセットの上 BOOTの状況を実験してもらった。
  結果すべてオーケーであったことから一抹の不安(当方MSIマザー)はあったが購入セットした。
  約ひと月間 探した結果だが あっけなくOK・・・当面
D-MODEで作動とした。

 

★2014/1/7
 
・ボランティア活動、個人事業として 遠隔地へのパソコンサポートを始めました。
  方法としては 
interCOM LAPLINK 13 を使って直接両者のパソコンを接続、
  両者とも画面を見ながらの遠隔操作を可能にしました。
  従来の
電話での対応だけでは厄介な再インストール後のデバイスドライバー、アップデート、
  アプリインストール、各設定なども可能になります。
  尚 ご質問、LAPLINKの詳細などは お電話またメールを戴ければと思います。
DIGMAN SATUDIO あてメールはここをクリックください!
事業所につきましてはお手数ですが Google MapDIGMANSTUDIO”で御検索ください!
  また 今後自作パソコンをご購入されてご希望の方につきましては
  
LAPLINKのホストをインストール(シリアル番号固定)の上お届けといたします。


★2014/1/6
 
・予てからご要望の多かったLANケーブルの必要寸法での自作を始めました、ご利用ください!
 

主としてカテゴリ5Eカテゴリ6の製作を始めました


★2013/10/20
   
・10月4日から2泊、黒川温泉”のし湯”に行ってきた。
   落ち着いた雰囲気、料理の素晴らしさ等 湯布院より気に入りました。
   毎月数枚の写真をご紹介します。
 

お宿 のし湯  熊本県阿蘇郡南小国町大字万願寺






★2013/09/11
  
・”パソコンでテレビを3倍楽しむ!”の言葉につられて ”地上/BS/110度CSデジタル放送対応テレビチューナー
   と”室内用アンテナ”をBAFFALOから購入し使ってみた。


   購入前さまざまな機種を調べて このバッファロのDT-H70/PCIEにした。
   これは製品名記載のように 
マザーボードのPCIEにセットして使う。

   ダビング10、ブルーレイDVDムーブ、iPhoneムーブ、フルハイビジョン録画等々あらゆる事に対応している。
   使用しての感想は 
添付ソフトの使い勝手があまり良くないが テレビを見ることについては上出来と思う。
   問題はこの家の電波受信環境(山の中腹)があまり良くなく 上記写真左上の
室内アンテナ
   (BUFFALO ブースター機能搭載 地デジ対応機器専用 室内アンテナ DT-OP-RA) で角度を調整するが
   力不足で映らないところがある。
   ただし 今まで使用のアンテナケーブルをセットすればまったく問題はない。
   せっかくなので さらに
強力な室内アンテナを探している(安物買の何とか・・・と反省)
 
   まだ使い始めたばかりで 録画、画像編集などは 今後ゆっくりとやってみたいと思っている。




★2013/05/06
毎年恒例の”ジャム”を作った!

  ・イチゴジャムは 熊本産、農家直送で安く買えるイチゴパックを4個使ったが出来上がりは
   わずか2瓶しか出来ない。
   瓶自体の湯せん、仕上がり後の空気抜き兼ねた湯せんでかなり時間がかかるが美味しくできた。
  ・梅ジャムは昨年サボって作らなかった。
   今年の梅は昨年5月に梅酒にしたものだったが取り出した時も未だ固く、細かく砕いてから
   作り始めた。(買った梅によるのかもしれない)
   ホワイトリッカーにしっかり浸かっていたが作る時点で アルコールは蒸発、香りと味が残っている。
   素は1kgの梅だったが 御覧のように大きめの瓶一個になってしまう。
   色もあまり良くなく 子供はあまり好まないが私はこのジャムの野生的な味が大好きだ。
 








★2013/05/06
CPU COOLER ZALMAN CNPS9900MAX RED-LED
  ・ケースの都合でCPU‐COOLERを CORSAIR H100 Liquidから上記 ZALMAN CNPS9900MAXに交換した。
   Core‐i7 7770 MSI Z77A-GD65など 他の構成は以前のままで変更していない。
          参考 変更前のご紹介 http://www2s.biglobe.ne.jp/~digman/new_page_15.htm
  ・このクーラーは初めての使用であった。 選定理由は”メモリーに干渉しない””性能”の2点であった。
   この”
メモリーに干渉しない”件は今でこそ8GBの二枚差しが可能だが組んだ時は4GBの4枚差しだった為
   性能面の要求と合わせ含めると意外と対象製品が少ない。





  ・メモリーとの間隙は右側写真のように8oとる事が出来た。
   円形と言う独特の形状であり 且つ高さも
152oと比較的低いサイズを持ちながら300W対応だそうだ。
  ・他仕様詳細は http://www.zalman.com/jpn/product/Product_Read.php?Idx=416

  ・その他
   ZALMANは韓国製だが日本語取扱説明書がない。
   これの所為ではないが バックプレート、本体のネジ締めなど 自作に馴れていてもやりにくい。
   バックプレートからのネジがあと2mmでも長ければと思うが・・・。
   また フィンにサンドイッチされたファンは
135mmFANで市販されていない。従って破損時は
   
全体を再購入となる。
   ノイズレベルもBIOS及びユーティリティーで回転数を調整、結果
満足レベルになった。
  
 冷却性能はかなり高く安定している点 有難い。
 



★2013/03/27
3泊4日で熊本、阿蘇を旅した。

  熊本では 熊本城夏目漱石内坪井旧居ほかを 阿蘇では国造神社阿蘇神社草千里阿蘇中岳火口
  
一心行の大桜白川水源などを写真に。2014-2015のカレンダーで詳細ご報告と致します。


★2012/08/07 
LIAN-LI PITSTOP T60  ATX/M-ATX TEST BENCH

 



2012/11/20

右側
 Core i3 2100 LGA1155 TDP65W
2012/11/16 既製作パソコンを新たなTEST BENCHに組み込んだ。
また Power Supplyを650Wから550Wに変更した。
何故か 同じアルミ製だが黒塗装のほうが無塗装(下)より値段が安かった。
景気が悪くなるとケースなども明るい色が好まれるので値段も高くなるそうだ?
このCore i3 2100 3.1GHzだが非常に安定していてCドライブSSDと相まって
通常使用ではまったくストレスなく使っている。


左側 Core i7 3770 Ivy Bridge TDP77W   下の説明 及び 詳細ページへ。
下に紹介した組み込みを変更して H100の水冷ラジエターをステーの裏側に持って行き、
Power Supplyを750Wから650Wに変更した。

 


A
・仕様
  
・サイズ W350 x H398 x D334mm
  ・重量 1.8kg

  
・本体アルミプレート組み立て式
  ・簡易パソコンケース バラック

  ・ATX / M-ATX  TEST BENCH
  ・ATX電源対応
  ・5インチベイx2
  ・3.5インチベイx3
  ・2.5インチベイx2
  ・8PCIスロットル
  ・オプション
    120mm/140mmx2 FANスロットル
    USB3.0 e-SATA ヘッドホンジャックセット
・使用感
  
・左写真はMSI Z77A-GD65マザーとCore i7-3770
   別ページ記載のIVY-BRIDGE自作完成品組み込だ。
  ・ファンは念の為マザー・チップ部、ハードディスク部に
   80mmFANを 
追加した。
  ・この暑さ続きの中でもCPUは通常温度35度を
   維持している。(室温32度時)
   以下画像は小さくて恐縮ですが・・・。
   室温23度時。

   
             (Piriform Speccyでのデーター)

  ・この事から考えると このバラックは通常使用が
   問題なく可能だと思う。
   このメーカー思想も単なるテストベンチではなく
   通常使用も前提に入っている設計になっている。
  ・ただしオープンなので粉じん対策と手入れは
   通常ケースよりまめに行う必要があるが
   使用時以外はビニールで囲って置けば十分。
   だがコンピューター作動音はオープンの所為か
   ほぼ無音作動と言ってもよい。
  ・軽さ、移動、メンテナンスを考えると
   長所が多いと思われる。
  ・写真は ファンステーに水冷CPUクーラーH100の
   ラジエターを取り付けたもの。
   
アルミ板にドリルで穴をあけ 120oFAN2基を
   吹付方向で設置した。

  
・ここに紹介してから二人のお客様に組んでさしあげた。

・詳細参考ページ
   http://www.dirac.co.jp/lianli/pc-t60.html

A





★2012/07/19  HOME BEKERY

パナソニック
HOME BEKERY SD-BM104 購入、自宅でパンを焼くことに!
              http://panasonic.jp/bakery/
  ・機種選定については 上位機種SD-BMS104、BH104との比較で悩んだが”スチームコース”は
   使用しないことと値段差2500円から 中間機種の
SD-BM104にした。
   使用後の感想としては レーズンの自動投入可能量以外BH104で十分との思い!
      (レーズンの投入も手動で好みの量を投入すれば問題ない)


                                                              

左画像 左上から横に

・本体(上蓋開)(中にパンケースが入っている)
・計量カップ、生種容器、スプーン、麺・餅用羽根
・ミトン
・フランスパンミックス、ドライイースト
・食パンミックス、ドライイースト(計量済小分け)
・取扱説明書(パンの本)
                                                              
  食パンミックスでの焼き上がり!
  4時間かかったが 最後の
焼30分は部屋中が懐かしい良い香りに包まれた!
  味は
外側のカリッとした皮と 中のソフトな感じが何とも言えなく美味しい!
   こうなると店の食パンは食べれない。
  フランスパンミックスが楽しみだ!


食パン(高さ170o)

フランスパン(高さ140o)

フランスパンミックスでの焼き上がり!
投入から5時間かかる、食パンに比べて
発酵、焼き時間が長い。
食感、味ともに期待通り!
食パンと比べるとやや塩分が勝る。
今回は 冷水(5度)と牛乳を半々にしたが 次回は
冷水のみで焼いてみようと思う。
実に美味しいパンだ!
  ・写真は掲載しませんが・・・・。
   食パンミックス、フランスパンミックス共に
冷水5度のみで作ってみました。
   結果どちらも好みによりますが まろやかさは劣るものの”
歯ごたえ、香り”は少し強く、膨らみ
   牛乳半分より少し勝ります。
   どちらが良いかと言うと 私的には冷水のみで作る方が好みです。
   次回は”
ブドウ、ベーコン”入りパンです!
  ・ブドウパン、ベーコン入りパン
   
ブドウパンは 定番らしく簡単になかなか美味いものが出来る。
   ブドウの量は 
50グラムでは足りず やはり100グラム(一斤あたり)はほしい、投入ケースの容量が
   少ない場合 また更に多く入れる場合は”
手動投入”すればよいと思う。
   一方 ベーコンについては 安物の薄っぺらい脂身の多いベーコンでは”混ぜ”で粉々になり 
   焼き上がりは玄米パンかと思うようなものになって黒いぶつぶつがあるだけ。
   更に
ベーコンの油脂が本体の出来に邪魔をする。
   いつに ベーコンを安物にケチった所為で 味は良いのでやはり良いベーコンの使用が必須かと!
  ・購入後一か月、食パンミックス・フランスパンミックス各5個を焼いてみて!
   水のほんのわずかな量、ドライイースト(計量済の状況で入っているが)の分量の増減、部屋の温度
   等で 大きさ含め同じものは一つとして出来なかった。
   また ドライイーストの投入時期、レーズンの投入時期もマイコン制御なんでしょうが 時々により
   微妙に時間が違っている。
   いずれも 美味しく出来ているので安心ですが 気温に左右されるとは難しいものだとの感想!
     (マイコン制御のおかげですが よく研究されていると感心)



高さ150mmのカットガイド
  
  ・食パンカットガイド SCG1 682円 (上写真)

   一番安いカットガイドだけれど やはり熱いうちに切るには
ガイドが必需品
   ナイフは15年前先輩から戴いた”ゾーリンゲン”・・・・この時代は何でもゾーリンゲンと!

     
 このゾーリンゲン パンを切るには少々鈍っていたので ダイヤモンド精密ヤスリで波状部を研磨、
   裏側の刃のない部分は イバリを取る程度に砥石で仕上げ!
   お蔭でキレがよみがえった。
   掲示板には色々方法が有ったが(削ることは不可も含め)この方法でよいかと思う。
   が 何回か削るうちに 波状部がなくなったら終わり(買替え)と言う事に!

   カットガイドの高さは
150mmと200mmがあるが 150mmが良いと思う
  
   (200mmでは上部に隙間ができ 切り始めが上手く出来ないと思う。)
   
と思っていたが 食パンミックスの高さが この秋頃から170mm程になり
   この器具が使えなくなってきている。・・・・外気温の所為か焼きを濃くした所為か判別していない。
   大は小を兼ねる?・・・・200mmを買うか思案中。

  -NEW-
   ゾーリンゲンもカットガイドも一部破損したり使い難いなどで 
   改めて商品選定・・・品物の評価を徹底的に調べた上新規購入した。(購入前の調べ不足)
                  (いずれもアマゾンで購入、価格はアマゾンでのもの)。
         
スライサー  WENGER SWIBO(スイボ) スライサー 25cm 24325     3518円
         カットガイド  スケーター食パンカットガイドDX SCGW3           1400円
         ・スライサー  WENGER SWIBO(スイボ) スライサー 25cm 24325
         ゾーリンゲンの刃渡りは20cm有ったがパンを引き切りする時 ガイドから外れることが
         有ったが これは刃渡り25cmあり より切り易い。
         切れ味はバツグンで 素人が研磨したゾーリンゲンは比較にならない。
         焼き立てのパンでも簡単に切れ、サンドイッチ用10mmもきれいに切れた。
         アマゾンでのカスタマー・レビューの高得点も肯ける。

         ・カットガイド  スケーター食パンカットガイドDX SCGW3
         これも上記(
カットガイドの高さは・・・)の150mmお勧めは反省、またガイドの
         上部が折れる等で 改めて購入を!
         色々な商品のカスタマー・レビュー等も調べこれにした。
         横幅調整、厚み調整可能で高さ無制限(上部の枠がない)!

    

左側が新規購入 DX SCGW3、WENGER SWIBO(スイボ) 
カットガイドは堅牢さ、滑り止め、押さえ部品など明らかに使いやすい。

 

ついでと言っては何ですがパンにはジャム
5年前から
自家製ジャムを作っていた。

左マーマレード 右イチゴ

ブルーベリー
  ・その他 梅ジャム(梅酒の残り)、梨ジャム、リンゴジャム等毎年作っている。
   美味しいのは良いが 作るのは 材料の前処理、計量、湯せん、アク取など 
   それぞれ目が離せず時間も掛かり結構疲れます。
   



★2011/05/02  SHARP SOLAR

自宅屋根に以前から計画していた”
太陽光発電システム”を取り付ける事にした。
  ・シャープ太陽光パネル163W ND-1633AA 21枚(12枚+9枚)
  ・定格出力 3.4230KW
  ・発電量  3347.028kwh/年
 稼働は6月初旬予定、実際の発電量などチェックしてご報告したいと思っております。
参考資料・・・いずれもシャープ・カタログ、資料より
家庭内省エネ生活提案
導入検討シュミレーション
その1   その2 

メーカが所有の膨大なデーターから作られたシュミレーションだそうで
自宅の本年3月分だけの使用電気量、支払金額から年間予想が出ている。
実際の年間での支払金額を計算したところシュミレーションとほとんど差がなかった。
6月3日PM4:40 発電を開始しました。
6月8日九州電力検査完了 売電メーター取付の上売電スタート

SOLAR DATA

施工詳細及び稼働状況及び各データー

シャープ 太陽光発電システム
屋内リモートコントローラー
太陽光発電システム取付
太陽光発電システムの
6月9日データー
重要な天候と発電状況の実データー
重要な電力料金の実データー


導入検討に役立つ資料を掲載しようと思います。

 

★2010/07/27  自作パソコン

自作パソコンのページ

INTEL   IVY BRIDGE  SANDY BRIDGE  LYNNFIELD
AMD  E35M1-I  FM1


                 

IVY BRIDGE

5月1日完成しました。
ページへのリンクは 上の”自作パソコンのページ”リンクから
2012/05/08





DF-85 

 




ASUS Mini ITX Motherboard



★2006/10/07
   9.11 マスターキーから何が見える!
 9.11事件真相究明国際会議in東京より

 はじめに  9.11から 現代日本の課題が見えてきます
「9.11で世界は変わった」とよく言われます。本当にそうでしょうか?
米政府は
「アメリカにつくのか!テロリストにつくのか!」と叫び、アフガニスタンへ
ついでイラクへ侵攻しました。しかしそこには
「9.11の犯人」「大量破壊兵器」
も有りませんでした。現実にあるのは 米軍のやりたい放題。
無差別空爆と殺戮と破壊。劣化ウラン弾やクラスター爆弾、白燐弾など残虐兵器
のばらまき!罪も無い人々が何十万人も殺され、今なお殺されています。
今 米国内をはじめ世界各地で「アメリカは戦争をやめろ」「世界から戦争と軍隊
を無くそう」「核兵器廃絶」の声が巻き起こり
「反米の嵐」が広がっています。
同時に
「9.11」事件の真相究明を求める声が急速に広がっています
世界を揺るがした深刻な事件なのに、あまりにも謎だらけ、疑惑だらけだからです。
しかし、何故か大手マスメディアは、ほとんど報道も究明もしようとしません。
「ネオコン」と言う組織をご存知でしょうか?その中心メンバーが現実にアメリカ政府
の中枢を占めて活動をしています。彼らが描く世界支配の企て
「アメリカ新世紀
プロジェクト」の「設計図」
を読んでください!
地球上の多くの深刻な問題の根源が、そこから発していることがわかります。
今、アメリカを始め、中南米でも、ヨーロッパでも、各地で「9.11真相究明国際
会議」が開かれております。
日本でもきくちゆみさんたちの呼びかけで、国際会議が重ねられてきました。
この真相究明から、現代世界や私たちの暮らし、日本国憲法9条改定の「背景」や
そこにうごめく「おぞましい野望」が見えてきます。
                    
(憲法9条・メッセージ・プロジェクトによる)
DVDとその内容
  ・LOOSE CHENGE 2nd EDITION     911の嘘をくずせ

     
「911」がアメリカへの奇襲攻撃ではなく、アメリカ政府自身によって
     冷徹に、綿密に計画された大虐殺だったとしたら!
  
・911 IN PLANE SITE     911ボーイングを捜せ
     
ボーイング757の残骸はどこにあるのだろう?
     さまざまな疑問を、すでにマスコミや軍が公表した映像、写真をもとに
     検証する。
  
・911 EYEWITNESS     目撃者
     
NISTとFEMAによる公式の報告書は真実を覆い隠すものだ。
  
・CONFRONTING THE EVIDENCE
  ・9/11 PRESS FOR TRUTH   真実を求める遺族たち

     
「9.11調査委員会」という隠蔽の茶番劇
     政府首脳は「テロを事前に知っていた」という証拠
     オサマ・ビンラディンは意図的に逃がされていたと言う証拠

 

参考  米国民には 真実が見え始めた

ごく最近の米CNNの全世界規模の世論調査。
   
「9・11は、アメリカ政府による自作自演だと思うか」
               「イエス」が
75パーセント
               「ノー」が12.7パーセント
トロントスターの世論調査
               「イエス」がカナダ人の63パーセント

ゾグビー・インターナショナルの調査
               
「イエス」が ニューヨーク市民の49パーセント

・またCNNの別の世論調査では93000人のうち
83パーセントが
               「アメリカ政府は
ウソをついていると思う」




★Com Master(ドットコム・マスター)

   2007年10月25日”
.com Master ★ 2007”の資格検定に合格しました。
  一ヶ月それなりの受験勉強・・・・正直言って二度と御免と言う気分です。
  合格率が35パーセントと低く、一度で決めないと二度のチャレンジは
  気力が続かないだろうと思っておりました。
  従って精神的な面でもかなり疲れました。
  この先 この資格で思う事をしようと計画中です。
 
★2007年4月14日九州実家に移転しました。

当日PMより NTT、BIGLOBEにて”
光プレミアム回線”の設定を開始しましたが
大阪で稼動中の設定のまま持ち込んだにもかかわらず 旨く作動しません。
4日間色々実施した結果 Webcaster700と光回線の最終端末CTUとの
ルーター機能が整理されていないことが判明。
CTUのルーター機能を停止して Win-Server、Print-Server、Voip、2台のPC
がやっと正常に。・・・・・苦労しました!
光専用線ですがBESTエフォートで現在の通信速度
             
下り :
79.9Mbps
             上り :
37.6Mbps
下りは 上記のスピード感は余りありません。
上りは以前よりアップして 皆様 SERVERからのダウンロードが楽になった
のではと思っております。

ほか 光専用
に変えての作業は PCの速度にかかわる部分の設定(RWin)を
変更しました。・・・・デフォルトではだめ!
今年の暑さには このパソコン共々参りました。

30度を超える日が多く パソコンの熱対策が深刻で 従って
SERVER
方の稼動も御要望日だけにしたり致しました。
       (ご迷惑おかけしました!)
でもここ暫くは30度以下の日が続き今後は心配なさそうです。
又先月 新しいCPUの ”Core2Duo” が待ちに待った発売になり
これを搭載すると スピード、電気量、発熱量すべて好転することに!
また この所ビデオのエンドードにかなりの時間を割いていることから
新しく一台組み立てようと思っております。
もうここらで ハードの方は打ち止めにしたいところですが 4年前も
同じような事を言って自分を納得させて購入したようで・・・。
Windows Server2003 の稼動はまったく不定期になっております。
SharePoint含めご意見がございましたらご連絡ください!
   (土曜日、日曜日は出来るだけ稼動するようにしておりますが
    Web Serverが主体となっております。)
久し振りに良い映画に会いました。
”彼は空港で待ち続けた。約束を果たすために・・・” 
「ターミナル」
スティーブン・スピルバーグ監督&トム・ハンクスの名チームに加え、
キャサリン・ゼタ=ジョーンズがロマンスに花を添える
一生に一度の感動作!・・・・・カバー。



何か公私共に最後までどたばたした2004年でした。
カレンダーも皆さんにお送りし年賀状も遅れずお送りできたし また
しばらく更新をしなかったこのホームページも昨日更新したし 最後にヒヤッとした
ものの 結果皆元気だし 良い年になればと思っております。
今年も宜しくお願いいたします。
★2004年10月20日 通信環境をFTTH マンションタイプに変更。
ルーターは従来のWeb Caster700(実効スループット89Mbps)
を採用、現在の所下り実速度24Mbps 上り速度4.5Mbps(BNR測定)
特にサーバーをたてたことから 上り速度の大幅アップは皆さんに
喜ばれると思います。

従来 7.5Mbpsでしたので最初にADSLを入れた時ほどの感激は
ありませんでしたが 安定感が嬉しいところです。


★2004年7月18日自宅に 念願のWeb-Server Ftp-Serverを開設!
将来は本格的(24時間連続稼動)にしようと思っておりますが 実験をかねて設置。
現在もっぱら土曜、日曜日に稼動中です。
     
不定期ですがご訪問ください!
Ftp-Serverは貯まった遊びのデーターの交換に大いに役に立ちそうです。



★2004年6月26日 二人目の孫が誕生
AM01:46 3008グラム お母さん2ヶ月近く入院してやっと出来た男の子!
名前は『周汰』
長男の和希より少し小さな子ですが 元気な子です。
皆一安心
この間(今もそうですが)我が家は大騒動です。

★2003/11/08かなり長い間の念願であったヘレン・メリルのCDを手に入れました。
      
"HELEN MERRILL IN TOKYO&SINGS FORK"
探した甲斐がありました・・・・・多分学生時代”DIG”で聞いて以来だと思います。
考えてみると30数年振りでしょうか。
特に探していたのが ”
LULLABY OF ITSUKI"(五木の子守唄)!!
このレコード 1963年3月(SINGS FORK)東京での録音です。
ヘレン・メリルの歌はもちろん バックでの
山本邦山師の尺八が何ともいえません。

その他このレコードには”DONNA DONNNA""LULLABY OF CHUGOKU-CHIHO"
"BLOWIN' IN THE WIND""WHAT HAVE THEY DONE TO THE RAIN"
"MOTHERLESS CHILD"等 22曲が入っております。
また この”HELEN MERRILL”で想い出し やはりこのとき一緒に聞いていた
RAVI SHANKAR アジアの出逢い”も手に入れた。
ここにも RAVI SHANKAR はもとより ”
ALLA RAKHA””山本邦山師”が
演奏している。  筝、シタール、タブラ、タンブラー、そして尺八
何ともいえない出逢い! 1978年5月の録音

★2003年03月13日 通信環境をADSL12MBに変更。
ルーターは将来のFTTHのことを考えてWeb Caster700(実効スループット89Mbps)
を採用、現在の所下り実速度7.5Mbps
での環境ではこんな所かもしれません。(NTT局から1.4km 損失19db)

★2003年5月28日IP電話機器(アダプター)到着、セット完了。
3月22日に申し込みましたが 良く待ちました(?)。
早速海外に電話、オーストラリア9円/1分・・・・。
また 九州実家とのやり取りに大いに役立っております。


★2003年8月末念願のもう一台を新調
今回は

Pentium4 2.80CGHz FSB800MHzハイパースレッディング、 インテル875Pのチップ
セット
を PC3200デュアルチャンネルDDR-SDRAM512MB、HD-80GB(7200rpm)の
組み合わせ
で動かしている。
OSは
WindowsXP-Pro、これを以前からのWindows2000-Proと 
上記のルーターでLANに!

このLANを組むに当たりかなりの苦労を!試行錯誤4日間。
TCP-IPでプライベートIPを個別にウイルスバスター・ファイアーウオール対象から削除
これで何とかと思ったが どうしても Pingが飛ばず共有設定に時間がかかった。
最終的には ルーター含めすべてのDHCPをオフ プライベートIPを固定にして完了。

パソコンだけでなくルーターにVoipアダプターが付き ルーター、OS、アプリ含めた
それぞれのファイアーウオールだなんだでややこしくなったものです。
この過程で 以前より念願のプリントサーバー(BUFFALO LPV2-T1)をLAN上に組み 
印刷をどちらのパソコン(別の部屋)からもやり易くした。(9月22日)
★03月20日現在のページ容量・・・7449kbyte 590files!
今回 Main-PageのヘッダーをFLASHに変更、
全体的にFLASHを使って容量、ファイル数ともに更に下がりました。
★2002年5月21日 我が家に”男の子の初孫”誕生 \(^!^)/
AM05:19  3484グラム・・・元気な子供でした。
名前は『和希(かずき)』 


 

 

★1999年7月24日のホームページ開設以来
2004年02月03日で40000アクセスが達成。
たくさんのご訪問誠に有難う御座います!
スタート時のページを見ると恥ずかしい限りですが
時と共にPhotoShop等のソフトの多機能化、
WEB対応、それに何と言っても通信環境の向上
などなど 有りがたい限りです。

今回は ”
FLASH-MX”にお目にかかれ これまた
大変なソフトだと言う事が解ってきました。
このFLASHを使うことで 各ページを
かなり
軽くする事が出来ました。
さらに勉強していこうと思っております。
これからも宜しくお願いいたします!



前から作りたかったレザークラフトの財布!
下から財布(お札のみ用)ライターケース・
タバコケース、靴べら!





HOMEPAGEのINDEXデザイン(左側画像)

00.12.10から
01.06.02

01.06.02
PhotoShop

02.03.10
PhotoShop

02.04.26
FLASH

03.05.01
FLASH
IMAGE-0
IMAGE1
IMAGE-2
IMAGE-3
IMAGE-4

それぞれの”IMAGE”をクリックするとINDEX画像が見れます!
★2002年4月初めてプロの方に ホームページの一部(左側画像)デザインを
お願いしました。
上の「
ウクレレ」のデザインです。(02.04.26)
ハワイ在住の方ですが 数回のメールのやり取りでお気に入りを作って
いただき大満足でした!

下に Dayanさんのページのリンクを張りました。
是非ともご訪問ください!
            
Dayan Computer & Graphics
★今回は一年経って写真にテクスチャーを画けた物を使いました!
★00.12.10以前はデザインが統一していない上に ばらばらな印象でした。
特にアップロードした1999年代は明らかに試行錯誤の繰り返し。
(2000年以前のデーターはなくご紹介が出来ません・・・・悪しからず)

 


 [ INDEX ]