フライングジーメン



宣 言




ニュージーランド南島のブラウントラウト


 フライングジーメンは今ここに重い腰を上げて立ち上がった。我々は一億総活躍社会の一億分の一として活躍することを断乎として拒否し、生産性のないただの一個人として自分勝手に好きなことをして好きなように活躍することを高らかに宣言する。
 あるものは飛んでる爺メンとして、またあるものは常にフライングをおかす爺メンとして、またあるものはフライフィッシングに憂き身をやつす爺メンとして、社会の税金泥棒と言われてもひるまず、そういうおまえたちこそ国民の税金を無駄遣いしているくせにと言い返し、なにが社会のためだ、国際貢献だと、そんなものは屁でもないと豪語し、毎日楽しく平和に生きてゆくことをここに高らかに宣言する。
 フライングジーメンは、贅沢を求めてはならない、便利な生活を求めてはならない、人を差別してはならない、収入によって人の価値を決めてはならない、社会的地位によって人を見てはならない、金は必要なだけあればよいと思って生きなくてはならない。それらを実現できてこそ、はじめて幸福で豊かな生き方が出来るということを身上としなくてはならない。
 フライングジーメンの共通項はフライフィッシングをこの上なく愛好するという点である。自然を畏敬し、自然のサイクルに随って、自然と共に生きる生活の大切さを忘れずに、魚を通じて自然からさまざまな知恵を学ぼうというのが我々の信条である。まあ、そんな堅苦しいことは抜きにして、フライフィッシングは奥が深くておもしろく、楽しいものなのですよ。


★フライングジーメンの宣言の趣旨に賛同される方で、フライフィッシングをはじめてみようと思われる方に初歩からご教授します。道具の選び方、フライの巻き方・選び方、実際の釣りまで教えます。希望者は「ニュース・寄稿文」欄のメールでご連絡ください。ただし、営業が目的ではないので、教授の日時はこちらの都合を優先とします。ニュージーランド釣行のガイドの紹介なども行います。委細はお問い合わせください★





北海道道東の湖で釣れたアメマス(55cm)




ニュージーランド秘密の川のレインボートラウト(60cm)


釣り随筆

(今後は気が向いた時に更新していきます)2019年5月1日更新しました!

 釣りに興味を持ちはじめたのは小学校の低学年の頃だった。隣の中学生のお兄さんが、近くの川でクチボソという魚を釣ってくる。それも何匹も。洗面器に泳がせているのを眺めていて、僕もクチボソが釣りたくなった。

 お兄さんに場所を教えてもらい、出かけることにした。道具を持っていなかったので、川の近くの釣り道具屋でつなぎ竿と糸、浮きと鉤、それに餌を買って釣り場に向かった。その日は日がな一日浮きとにらめっこしたが、浮きはピクリともしなかった。その後も何度も場所を変えて粘ってみたがだめだった。どうしたら釣れるようになるのか皆目見当がつかなかった。

 それから数十年、僕は釣りに向いていないと思い、釣りのことはすっかり忘れていた。すぐに、懲りてしまうタイプなのだ。釣りを再びするようになったいま思うと、釣れなかった原因はいくつかあった、ということがわかる。でも、当時はわからなかった。釣りというものは、ものすごく難しいもので、たくさん釣れる人の存在は、何か、とてもまぶしい存在のように感じられた。自分がそういう存在になりたいなどとは少しも思わなかった。

 ふたたび釣りに興味を抱きはじめたきっかけは、実は、釣りそのものとはほとんど無関係なことからだった。その後僕は高校の教員になり、元来不向きな仕事だということはわかっていたものの、十年ほど続けたある日、どうも、ストレスを感じている自分を発見した。このまま教員を続けていると、精神的におかしくなってしまう予感がした。その時、少年時代の釣れなかったクチボソ釣りのことを思い出した。魚は釣れなかったものの、一日中何も考えずに水面を眺め、水の流れる音を聞いて魚が釣れることばかり願っていると、とても無心になれた。学校の勉強のことも、嫌なことはすっかり忘れてしまう。そうだ、また釣りをはじめてみよう。

 そんなふうに思いはじめたある日、旅行中に立ち寄った芦ノ湖で、リールを付けた竿の先に金属のきらきら光る鉤を付けて魚を釣っている人を見た。バスのなかからだったので、車を止めて何の魚を釣っているのか、竿の先に付けたきらきら光るものはいったい何なのか、あんなもので魚がはたして釣れるものなのか、尋ねることができなかった。餌を付けてさえ釣れなかったのに、餌も付けずに魚が釣れるものなのか?

 やがて、それがルアー釣りというもので、対象魚はブラックバス、というものだということがわかった。おもしろそうだ、僕もやってみたい。根性はないくせに好奇心だけは人一倍強い僕は、すぐにはじめてみる気になった。手引き書を買い求め、道具を購入し、夏に家族で出かける山中湖で試してみることにした。そして、ブラックバスという魚を初めて釣ったのだ。まさに、ビギナーズラック、というあれである。(続)


トップへ戻る 編集者の著作一覧へ