宮武外骨解剖



★★★

参考文献リスト(2017年5月改訂)



「古新聞と暮らした三十年」 木村毅 1949年11月「サンデー毎日」所収

「三十六人の好色家」 斎藤昌三 1951年2月 創芸社

「書国畸人伝」 岡野他家夫 1957年6月 桃源社

「アウトロウ」ドキュメント日本人6 上笙一郎 1968年10月 学藝書林

「明治新聞雑誌文庫の思い出」 西田長寿 1971年12月〜73年5月「みすず」所収

「柳田泉自伝」 柳田泉 1972年6月 広文庫

「宮武外骨解剖」 吉野孝雄編 1〜16号 1977〜89年 崙書房

「宮武外骨とパロディジャーナリズム」 赤瀬川原平 1977年3月「出版ニュース」所収

「枠外の人々」平野威馬雄 1978年5月 白夜書房

「漂白の生涯」人物昭和史8 青地晨 1978年6月 筑摩書房

「宮武外骨翁のこと」 中野好夫 1978年11月「宮武外骨解剖」所収

「古書街を歩く」 紀田順一郎 1979年 新潮社

「明治まんが遊覧船」清水勲 1980年5月 文藝春秋

「宮武外骨」 吉野孝雄 1980年7月 河出書房新社

「反骨」夏堀正元 1980年10月 実業の日本社

「埋もれた精神」河原淳 1981年7月 思想の科学社

「武器としてのスキャンダル」岡留安則 1982年3月 パシフィカ

「過激にして愛嬌あり」 ー「滑稽新聞」と宮武外骨ー 吉野孝雄 1983年 筑摩書房

「評伝 宮武外骨」 木本 至 1984年 社会思想社

「学術小説・外骨という人がいた!」 赤瀬川原平 1985年 白水社

「予は危険人物なり 宮武外骨自叙伝」 吉野孝雄編 1985年 筑摩書房

「宮武外骨著作集」 全8巻 谷沢永一・吉野孝雄編 1985年〜 河出書房新社

「滑稽新聞」全6巻・別巻「絵葉書世界」 赤瀬川原平・吉野孝雄編 1985年〜 筑摩書房

「学術小説・外骨という人がいた!」 赤瀬川原平 1991年 ちくま文庫

「宮武外骨」 吉野孝雄 1992年 河出文庫

「予は危険人物なり 宮武外骨自叙伝」 吉野孝雄編 1992年 ちくま文庫

「雑誌集成 宮武外骨此の中にあり」 全26巻 吉野孝雄監修 1993年〜 ゆまに書房

「遍路国往還記」 早坂 暁 1994年 朝日新聞社

「滑稽漫画館」 宮武外骨 1994年 河出文庫

「面白半分」 宮武外骨 1995年 河出文庫

「猥褻風俗辞典」 宮武外骨 1996年 河出文庫

「明治奇聞」 宮武外骨 1997年 河出文庫

「刑罰・賭博奇談」 宮武外骨 1998年 河出文庫

「宮武外骨絵葉書コレクション」 金丸弘美編 1997年 無明舎出版

「宮武外骨−民権へのこだわり」 吉野孝雄 2000年 吉川弘文館

「慶応三年生まれ七人の旋毛曲りー漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代」 坪内祐三 2001年 マガジンハウス

「宮武外骨の熊楠宛書簡」 吉野孝雄 2002年3月 「熊楠研究」4号
 
「外骨みたいに生きてみたい」 佐古口早苗 2007年 現代書館

「初公開!宮武外骨の『柳樽絵解』」 吉野孝雄 2008年12月3日 「東京人」261号

「大阪ジャーナリズムの系譜」 永井芳和 2009年3月 フォーラム・A

「明治の大阪 滑稽爆弾炸裂!」 吉野孝雄 2011年11月 「上方芸能」182号所収

「宮武外骨伝」 吉野孝雄 2012年3月 河出文庫(「宮武外骨」の新装版)

「震災画報」 宮武外骨 2013年8月 ちくま学芸文庫

「アメリカ様」 宮武外骨 2014年2月 ちくま学芸文庫(「筆禍史」抄を含む)

「博報堂120年史」 2015年10月 博報堂

「外骨戦中日記」 吉野孝雄 2016年5月 河出書房新社

「雑誌表現者としての宮武外骨」 吉野孝雄 集英社「kotoba」2016年秋号所収

「パロディは権力をわらう 宮武外骨の反骨」 吉野孝雄 「東京人」2017年3月号

別冊太陽「宮武外骨」 2017年5月 平凡社


★以上、単行本を中心に戦後発行の代表的なものをリストアップしました。ただし、「宮武外骨解剖」など絶版になってしまったものも多いです。現在、新刊で入手可能なのは、吉野孝雄「宮武外骨ー民権へのこだわり」(吉川弘文館)、吉野孝雄「宮武外骨伝」(河出文庫)、「外骨戦中日記」(河出書房新社)と 「震災画報」、「アメリカ様」(ちくま学芸文庫)、それに「刑罰・賭博奇談」以外の河出文庫4冊、別冊太陽「宮武外骨」(平凡社)は、書店店頭あるいは注文で購入できます。
2015年12月に、雑誌所収の必読文、および2015年以降に出版された主なものを新たに追加しました。

★これら以外、ここに掲載されていないもの、あるいは、編集者が把握できていないものも多数存在しますので、より詳しく知りたい方は国会図書館などの検索で確認することをおすすめします。


★宮武外骨『一円本流行の害毒と其裏面談』を「青空文庫」で公開しています。



★編集 吉野孝雄 ★

Copyright 2007.All right reserved.

ニュース・寄稿へ 外骨の雑誌へ トップへ戻る