エリシャの泉

《エリシャの泉》は、パレスチナ自治区のエリコという町の郊外、テル・エリコ(テル・エ・スルタン)遺跡の向かい側にある小さな泉の名前です。

 そこには、日本の田舎に行けばどこにでもあるような水源と、そこから流れ出る用水路があるだけです。しかし、その泉を訪れる者は、その泉から湧き出る水に美しさを感じ、慰めを得るのです。

 岩と土ばかりの荒野に囲まれているエリコでは、何の変哲も無いただの用水路を流れる水の流れが、周囲の厳しく険しい自然環境とは別世界の楽園を思わせるからです。荒野の中のオアシスの町エリコ、 そこにあるエリシャの泉からは今日も清水が滾々と湧き出ています。

エリシャの泉1989年12月撮影

 そのエリシャの泉は、旧約聖書「列王記・下」2章21節の記事によって命名されています。
 紀元前850年頃、エリコにあった水源の泉は飲用に適さない水質の悪い泉でした。エリコを訪れていた預言者エリシャは、泉に塩を投げ込み、神の権威を示して水を清めました。この聖書の記事の泉が現在の遺跡の向かいにある泉だと言い伝えられています。

 このホームページにはエリコの「エリシャの泉」と同じ名前を付けました。泉と同様にいつも新鮮な水を湧出し、またかつてのエリシャのように偶像崇拝に対する警告を発し続けることができればと願っています。

( エリコのエリシァの泉についてさらに詳しく知りたい方は下記をクリックしてください。 )

1.Elisha’s Fountain at Jericho

2.Religious Education Archive

3.Joshua 6: Jericho Taken


top-page

「エリシャの泉」Top page へ戻る


   このホームページ[エリシャの泉]は、   

 在日日本人 Elisha Loewith(エリシャ レーヴィット)

   によって1997年11月に開設された。   

Elisha Loewithについては「制作者 E.L.」参照

1999.0715.//2009.10.