F.エルサレム

[1.城壁と神殿の丘] [2.エルサレム西方] [3.ベツレヘムと南方]

[4.エルサレムの東・ベタニア] [5.オリーブ山周辺] [6.ケデロンの谷]

 [7.シオンの山] [8.旧市街] [9.旧市街の北側]

イスラエル地域別案内の初めに戻る
イスラエル地域別案内の最初に戻る

注意…各地点へ行くバスの路線番号は
変更される場合がありますので現地で確認して下さい。

1−1.城壁

 エルサレムへ行ってまず目に付くのはやはり何と言っても旧市街を囲む城壁です。この城壁は聖書時代のものではなく、大半がオスマン・トルコ時代に作られたもので、さらに近年になってかなりの修復がされ手が加えられています。

 城壁の上に上って歩くことができます。ヤッフォ門を入ってすぐ左側に入口があり、有料です。3百円位です。また、糞門とシオン門の間には普通の道路との接続点があって、無料で部分的に城壁の上を歩くことができます。

西側から見下ろす旧市街
西側から見下ろす旧市街
黄金のドームがある周辺が神殿の丘
その向こうに見える高い尖塔のある小山がオリーブ山
丘と山の間にはケデロンの谷がある。

 壁の上からは旧市街に住む一般庶民の家の裏側が見え、なかなか興味深いものです。また、旧市街の土地の高低の関係が良くわかります。

 ダマスカス門とヘロデ門の間の城壁寄りに「ゼデキアの洞窟」と呼ばれる巨大な洞窟があります。時間があったら覗いてみてください。


1−2.「神殿の丘」

神殿の丘 図11 神殿の丘と付近の城門

 1.ライオン門(ステパノ門)

 2.北東の入口

 3.黄金門

 4.南西の入口

 5.糞門

 旧市街の東側の少し高くなっている土地が神殿の丘です。

 ダビデの時代以前のエルサレムの集落は現在の城壁の南東部の斜面にあり、そこから北に向かって斜面を上りきった頂上がこの神殿の丘となります。当時はまだ現在のような高い建物や城壁は無く、モリヤの「山」と呼ぶにふさわしい地形であったと思います。

 第二神殿の時代まで(紀元70年まで)ここに真の神様の神殿がありました。現在は、その中心に黄金のドームを持つイスラームのモスクが建っています。これは、ムハンマド(マホメット)が昇天した岩の上に立てられているのだと言われていて、「岩のドーム」と呼ばれています。私は偶像礼拝の場所にはできるだけ入らないようにしているので、中がどうなっているのかわかりません。外側から見るとたいへん立派な美しい建物で、現在はその黄金の巨大なドームがエルサレムのシンボルになっています。

 もともとこのドームは灰色の石でできていましたが、東京オリンピックの年1964年、現在の金メッキを施されたアルミ板で覆われました。

 イスラーム教徒にとって「岩のドーム」は一つの記念の場所にすぎず、神聖かつ最も重要な礼拝を行う寺院は、隣にある黒いドームの「エル・アクサ寺院」です。この寺院はその重要さの故に幾多の血なまぐさい事件の起きた場所でもあります。

 エル・アクサ寺院の手前にイスラム考古学博物館があります。

 神殿の丘は現在はイスラーム教徒によって管理されています。イスラームの聖日金曜日を除いて出入りは自由です。土曜日は西に隣接する「西の壁(嘆きの壁)」のユダヤ教が聖日となるため、ライオン門(ステパノ門)の近くの北東の入口から出入りする方が無難です。

 神殿の丘は自由に歩き回ることができますが、建物の中に入るには入場券が必要で、中ではイスラームの習慣に従う必要があります。

 神殿の丘の東の隅に行くと、黄金門を内側から見ることのできる場所があります。そのあたりからはオリーブ山を最も美しく見上げることができます。

 聖書時代の神殿の跡は、現在は西の壁以外には残っていません。そしてこの「西の壁」(またの名「嘆きの壁」)がユダヤ教の最高の聖地となっています。「西の壁」は神殿の丘の南西、糞門を入った右側となります。この「西の壁」もエルサレムのシンボルのような風景で、しばしばテレビや雑誌に出てきます。左側が男の祈祷区域、右側が女の祈祷区域です。立ち入りは自由ですが、頭を覆うものを必ず付けて入らなければなりません。帽子または入口で貸してくれる紙のキッパーを付けて入ります。

 左側にトンネルの入口のような所があり、ここを入って行くと、ユダヤ教の集会所になっています。ここでもたくさんのユダヤ教徒が祈っており、またたくさんのタナハ(ユダヤ教の聖書=旧約聖書)やその他のユダヤ教文書が貸し出し用に並べられています。 その近くでさらに地底に埋もれている神殿の壁の部分を見ることができます。深い穴が空いていて、照明で地底深くまで見えます。現在の壁の上の方は大半がオスマン・トルコ時代のもので、「本物」のほとんどは地下部分です。

 西の壁(嘆きの壁)と黄金のドームを手に取るように展望できる穴場があります。北西の検問所から左側に曲がって、ユダヤ人地区の路地の中に入って行くと、西の壁の地面の高さから4階建ての建物の屋上の高さの位置にたいへん小さな広場があります。その東端から眺める西の壁、神殿の丘、オリーブ山の展望は幻想的です。あまり人通りのない入り組んだ路地なのでわかりにくいかもしれませんが試してみてください。

 西の壁に近づく場合、どの方角から行っても金属探知器を必ず通らなければなりません。また、最近はかなり緩やかになって行わない場合が多いのですが、手荷物検査がある場合もあります。尚、安息日とユダヤ教の祭日は写真撮影厳禁です。

 聖書時代の神殿およびエルサレムは、後に出てくるホーリーランド・ホテルの詳細な模型があるので、それを見るとほぼ正確に形状を把握できます。

エルサレムの初めに戻る

  2.エルサレム西方


 アイン・カレム

「そのころ、マリアは出かけて、急いで山里に向かい、ユダの町に行った。そして、ザカリアの家に入ってエリザべトに挨拶した。」 (ルカ1−39,40)

 マリアが訪問した山里のユダの町はアイン・カレムだと言われています。アイン・カレムには、訪問教会、マリアの井戸などがあります。山間の静かな美しい集落です。

 アイン・カレムには、エルサレムの市内バス17番に乗ります。西の終点がアイン・カレムです。

 ヤッド・バシェム

 聖書とは関係ありませんが、ヤッド・バシェム(虐殺記念館)はエルサレムではぜひ一度訪れたい場所です。バスは多数の路線が通っています。

 第二神殿時代の模型(ホーリーランド・ホテル)

 ホーリーランド・ホテルには、聖書時代=第二神殿時代の正確な50分の1の模型があります。ひじょうに精巧な模型で、材料の石も厳選されていて正確に当時のエルサレムを再現しています。

 ホーリーランド・ホテルへ行くバスは21番です。

 イスラエル博物館

 多数の展示館がある中で、聖書と深く関係のあるのは、死海写本館です。玉ねぎの頭のような形をした白い独特な建物が目を引きます。ここに写本が展示されています。

 バスは9,17,24番が通っています。

エルサレムの初めに戻る

  3.エルサレム南方

 ベツレヘム

「エフラタのベツレヘムよ。お前はユダの氏族の中でいと小さい者。お前の中から、わたしのために、イスラエルを治めるものが出る。彼の出生は古く、永遠の昔にさかのぼる。」 (ミカ5−1)

「イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。」 (マタイ2−1)

「その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。『 … 今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそメシアである。・・・」 (ルカ2−8〜)

 ベツレヘムはもちろん降誕の地としてあまりにも有名な所です。現在の町の中央部に「降誕教会」、街の外れ1km位の所に「羊飼いの野」と呼ばれる野原があり、小さな教会が建っています。

 また、ベツレヘムに向かう途中、ベツレヘムの手前2km位の街道の右側に「ラケルの墓」とされているユダヤ教の聖所があります。

 ラケルの墓から少し先から南はパレスチナ暫定自治区となります。ベツレヘムへはエルサレム旧市街北のダマスカス門近くからアラブのバス、または乗合タクシー(シェールート)で行きます。検問が無ければ30分程度で着きます。

 ヘブロン

「アブラハムは天幕を移し、ヘブロンにあるマムレの樫の木のところにきて住み、そこに主のために祭壇を築いた。」 (創世記13−18)

「その後アブラハムは、カナンの地方のヘブロンにあるマムレの前のマクペラの畑の洞穴に妻のサラを葬った。その畑とそこの洞穴は、こうして、ヘトの人々からアブラハムが買い取り、墓地として所有することになった。」 (創世記23−19)

 ベツレヘムからさらに南に15km程の所にヘブロンがあります。ヘブロンにはアブラハム、ヤコブ、イサクらの墓「マクペラの洞窟」があります。実は正確な場所は不明なのですが、地下に洞窟のあるとされる場所に大きな記念の建物が建てられています。ユダヤ教とイスラーム教両方の聖地で、周辺のヘブロンの居住問題も絡み、時々衝突が起こっています。

エルサレムの初めに戻る

   4.ベタニア (図12)

 ベタニアは日本語のガイドブックには全く載っていません。少し大きな地図を添えます。

「さて、イエスがベタニアでらい病の人シモンの家におられたとき、一人の女が、極めて高価な香油の入った石膏の壷を持って近寄り、食事の席に着いておられるイエスの頭に香油を注ぎかけた。」 (マタイ26−6//マルコ14−3),ヨハネ12−3

「一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山のふもとにあるベトファゲとベタニアにさしかかったとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして言われた。『向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだ誰も乗ったことがない子ろばがつないであるのが見つかる。それをほどいて、連れて来なさい。もし、誰かが、《なぜ゜そんなことをするのか》と言ったら、《主がお入り用なのです。すぐにここにお返しになります。》と言いなさい。』」 (マルコ11−1//ルカ19−28/マタイ21−1)

「ある病人がいた。マリアとその姉妹マルタの村、ベタニアの出身でラザロといった。」 (ヨハネ11−1)

「『ラザロ、出て来なさい。』と大声で叫ばれた。」 (ヨハネ11−43)

「イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。」 (ルカ24−50,51)

 ベタニアは、マリアとマルタの町、ラザロを生き返らせた町、そして、十字架にかかるためにエルサレムに向かったイエス様が多くの貴重な言葉を残した場所です。

 現在ベタニアには「ラザロの墓」「ラザロ教会」があります。(図12−8,9)

 ベタニアはオリーブ山の東側のふもとにある町です。エルサレム旧市街の東端から約3kmの道のりです。アラブのバスまたはシェールートでも行けますが、オリーブ山の頂からは2km程度なので、徒歩でも行けます。

 「主の祈りの教会」と小さい方の「昇天教会」の間に、普通車がやっとすれ違える程度の狭くて急な坂道が東へ下っていきます。図12の6番と7番の間です。カーブしている道の両側は高い塀があって見通しはききませんが、これがオリーブ山からベトファゲを通ってベタニアに向かう最短の道路です。下りなので、まっすぐ行けばベタニアへは30分はかかりません。

 ベタニアとオリーブ山の山頂との間にベトファゲ(べテパゲ)の集落があります。ベトファゲにも「ベトファゲ修道院(図12−12)」が建っていて、見学可能です。ベトファゲはベタニアとオリーブ山の頂との間の道路沿いにあり、バスは通っていません。上記の道を徒歩またはタクシーで行くことになります。

図12 ベタニアとオリーブ山
ベタニア・オリーブ山地図

1.ライオン門(ステパノ門) 2.ステパノ教会 3.ゲッセマネの教会(万国民教会) 
4.マグダラのマリア教会 5.涙の教会 6.主の祈りの教会 7.昇天教会 
8.ラザロ教会 9.ラザロの墓 11.オリーブ山展望台
12.ベテファゲ修道院 13.ヘロデ門 14.糞門

エルサレムの初めに戻る

   5.オリーブ山周辺 (上の図12参照)

「ダビデは頭を覆い、はだしでオリーブ山の坂道を泣きながら上って行った。同行した兵士たちも皆、それぞれ頭を覆い、泣きながら上って行った。」 (サムエル下15−30)

「その日、主は御足をもってエルサレムの東にあるオリーブの山の上に立たれる。オリーブ山は東と西に半分に裂け、非常に大きな谷ができる。山の半分は北に退き、半分は南に退く。」 (ゼカリア14−4)

「エルサレムに近づき、都が見えたとき、イエスはその都のために泣いて、言われた。『もしこの日に、お前も平和への道をわきまえていたなら……。しかし今は、それがお前には見えない。やがて時が来て、敵が周りに保塁を築き、お前を取り巻いて四方から攻め寄せ、お前とそこにいるお前の子らを地にたたきつけ、お前の中の石を残らず崩してしまうだろう。それは、神の訪れてくださる時をわきまえなかったからだ。』」 (ルカ19−41〜)

「こうして、イエスはエルサレムに着いて、神殿の境内に入り、辺りの様子を見て回った後、もはや夕方になったので、十二人を連れて、ベタニアへ出て行かれた。」 (マルコ11−11//マタイ21−17)

「それからイエスは、日中は神殿の境内で教え、夜は出ていって『オリーブ畑』と呼ばれる山で過ごされた。」 (ルカ21−37)

「イエスがオリーブ山で座っておられると、弟子たちがやって来てひそかに言った。『おっしゃってください。そのことはいつ起こるのですか。また、あなたが来られて世の終るときには、どんな徴があるのですか。』…・ (マタイ24−3//マルコ13,ルカ21)

「それから、イエスは弟子たちと一緒にゲッセマネという所に来て、『わたしが向こうへ行って祈っている間、ここに座っていなさい。』と言われた。ペトロおよびゼベタイの子二人を伴なわれたが、そのとき、悲しみもだえ始められた。そして、彼らに言われた。『わたしは死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、わたしとともに目を覚ましていなさい。』すこし進んで行って、うつぶせになり、祈って言われた。『父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。』…さらに二度目に向こうへ行って祈られた。『父よ、わたしが飲まないかぎりこの杯が過ぎ去らないのでしたら、あなたの御心が行われますように。』…三度目も同じ言葉で祈られた。…『…時が近づいた。人の子は罪人たちの手に引き渡される。立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た。』 (マタイ26−36〜//マルコ14−32〜,ルカ22−39〜)

 ベタニアとベトファゲを通ってろばに乗ってのエルサレム入場、過ぎ越し祭の間の夕方と夜の滞在、そしてゲッセマネの祈りと逮捕… オリーブ山は、十字架直前の多くの重要なことがあった場所です。

 また、使徒1−12にはこの山からの復活のイエス様の昇天が記され、ゼカリア書14章と黙示録14章の記事からはこの山が地上への再臨の場所と読み取ることができます。

 オリーブ山はエルサレムの東の800m位の高さのなだらかな山です。エルサレム旧市街の平均標高は700mと少しですから、エルサレムの町の中から見ると小高い丘に見えます。オリーブ山のエルサレム側斜面(西斜面)にはいくつもの教会が建てられ、山肌はオリーブの木で緑色に覆われています。山頂はアラブ人の町が広がっています。

 山の尾根を北へ向かって町を抜けて行くと、右に高い塔のあるオーガスタ・ビクトリア病院、さらに行くとヨルダン渓谷から死海、モアブの山々を展望できる展望台に出ます。さらに北へ行くと尾根はスコープス山に続き、ヘブライ大学に着きます。さらに北に進むとハダサ病院、それを抜けるとフレンチ・ヒルの住宅街です。ここにエルサレム日本人教会があります。この教会については別記していますのでイスラエルの目次に戻ってください。

 オリーブ山は旧市街からそれほど遠くないので歩いて行けます。ライオン門(図12の1番)を出ると眼前にオリーブ山が広がります。門の前から続く下り坂を下り、交通の激しい広い通りに出ると、ゲッセマネ方面が見えてきます。ゲッセマネの万国民教会(図12の3番)の北隣の道を登って行くと、オリーブ山です。

 ライオン門を下ったところからゲッセマネまではたいへん交通が激しいので、車に十分注意してください。ゲッセマネからオリーブ山の展望台まではたいへん急な坂道なので、心臓の弱い方などはゆっくり登ってください。山頂や展望場までタクシーも利用可能です。

オリーブ山
図12左部分

1.ライオン門(ステパノ門) 2.ステパノ教会 

3.ゲッセマネの教会(万国民教会)

4.マグダラのマリア教会 

5.涙の教会 6.主の祈りの教会 

7.昇天教会 

11.オリーブ山展望台

13.ヘロデ門  14.糞門

 山頂の町の南の外れに二つの昇天教会があります。一つはロシア正教会のもので、一番目立つ高い尖塔のある教会です。もう一つは丸い石のドームの小さなもので、現在はイスラーム教徒の管理となっている建物です。図12の7番。

 昇天教会から南に少し下った角にあるのが主の祈りの教会です。図12の6番。壁には日本語を含む60か国語で主の祈りが書かれています。日本語のものは室外の大きな壁ではなく、室内の奥の壁に小さく書かれていますので、見落とさないようにしてください。

 主の祈りの教会を出て道路を南に200m程下ると左手にホテルが見えてきます。その前には大型バスの止まれる広さの広場があり、そのすぐ近くの西斜面にエルサレム旧市街を見下ろす展望場があります。図12の11番。たいへん眺望の良い所ですが、ここは団体の観光客であふれ、土産物売りやラクダ引きがしつこく声をかけてくるので、落ち着ける場所ではありません。エルサレム旧市街を見下ろす最適の場所は、次の涙の教会です。

 展望台から北へ少し戻ると、西のエルサレム城壁側に下る石段があって、それを降りたところこから、ゲッセマネまでの急な道路が続いています。この道はバスは通れませんが乗用車は通れます。100m程下ると右側に主の涙の教会があります。(図12の5番)涙をかたどった独特の形のドームの建物です。この教会の中庭からはエルサレム旧市街が大変良く見えます。またドームの礼拝堂作られた大きなガラス窓からは旧市街中心部が幻想的に見えるようになっています。
 教会の敷地内ですから土産物売りなどはいません。静かに落ち着いて旧市街を展望することができます。

 その下にはマグダラのマリア教会があります。(図12の4番)ロシア正教会独特の建物です。

 坂道を降りた所から南のオリーブ山のふもとの一帯がゲッセマネです。ここにはゲッセマネ・万国民教会があります。(図12の3番)

エルサレムの初めに戻る

   6.ケデロンの谷方向

ケデロンの谷 図13ケデロンの谷

 ゲッセマネのエリコへ向かう道路と旧市街の城壁東端の下の道路の間が深い谷になっています。

 これがケデロンの谷です。1がギホンの泉、2がシロアムの池、この間に人が1人通れる位の水道トンネルがあります。

3.アブサロムの碑 

4.へジル家の子らの墓

5.ゼカリアの墓

「こう言ってから、イエスは地面に唾をし、唾で土をこねてその人の目にお塗りになった。そして、『シロアム(遣わされたものという意味)の池に行って洗いなさい』と言われた。」 (ヨハネ9−6)

「ヒゼキヤの他の事績、彼の功績のすべて、貯水池と水道を造って都に水道を引いたことは、『ユダの王の歴代誌』に記されている。」 (列王記下20−20)

「上の方にあるギホンの湧き水をせき止め、ダビデの町の西側に向かって、流れ下るようにしたのも、このヒゼキヤであった。」 (歴代下32−30)

 エルサレムの聖書記事の場所で位置が特定できる数少ない場所の一つがシロアムの池です。聖書の記事と同一の場所に現在もシロアムの池があります。聖書の時代には現在よりも広い池で周囲の様子も異なっていましたが、位置は同一です。

 この水はギホンの泉からトンネルを通って流れてきます。これが列王記20−20のヒゼキアの作ったものです。

 ケデロンの谷の西側、現在の城壁を見上げる斜面と狭い尾根がダビデの時代のエルサレムの集落でした。

 ケデロンの谷へはゲッセマネからも城壁の南東のあたりからも歩いて降りて行けます。ゴミやガレキの散乱する汚い地区で、アラブ人のスラムという感じです。私は知らずに谷底に下り、ギホンの泉からシロアムまで歩きましたが、後で現地のガイドの人に聞いたところでは、治安が悪いので一人で谷には下りて行かない方が良い、とのことでした。

エルサレムの初めに戻る

   7.シオンの山周辺

「人々はイエスを捕らえると、大祭司カイアファのところへ連れて行った。…ペトロは遠く離れてイエスに従い、大祭司の屋敷の中庭まで行き、事の成り行きを見ようと、中に入って下役たちと一緒に座っていた。」 (マタイ26−57〜//マルコ14,ルカ22,ヨハネ18)

「ペトロは外にいて中庭に座っていた。そこへ一人の女中が近寄ってきて、『あなたもガリラヤのイエスと一緒にいた』と言った。ペトロは皆の前でそれを打ち消して、『何のことを言っているのか、わたしには分からない』と言った。…
         …『この人はナザレのイエスと一緒にいました。』…
   …ペトロは再び、『そんな人は知らない』と誓って打ち消した。…
    …『確かにお前もあの連中の仲間だ。言葉遣いでそれが分かる。』…
そのとき、ペトロは呪いの言葉さえ口にしながら『そんな人は知らない』と誓い始めた。するとすぐ鶏が鳴いた。ペトロは『鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう』と言われたイエスの言葉を思い出した。そして外に出て激しく泣いた。」 (マタイ26−59〜//マルコ14,ルカ22,ヨハネ18)

 現在のシオン門の南側は城壁の中から続く高い土地となっています。ここがシオンの山(丘)です。南はヒンノムの谷に下ります。第二神殿時代の「上の町」で、祭司の家などがありました。この地域に大祭司カイアファ(カヤパ)の家もあったと思われます。正確な位置はわかりませんが、現在一つの可能性のある場所に鶏鳴教会が建てられています。鶏鳴とはペトロが三度否認した後の鶏の鳴き声から取られたものです。

 この教会の脇に2千年前の石段が発掘されています。この石段を通ってイエス様は連行されてきたのかもしれません。

 シオンの丘にはこの他、エルサレムで最も大きくて目立つマリア永眠教会があります。その隣に「ダビデの墓」とされている場所があります。また、その2回に「最後の晩餐の部屋」という所がありますが、聖書の記事とは一致しない代物です。

エルサレムの初めに戻る

   8.旧市街

「夜が明けると、祭司長たちと民の長老たち一同は、イエスを殺そうと相談した。そして、イエスを縛って引いて行き、総督ピラトに渡した。」 (マタイ27−1,2)

「それから、総督の兵士たちはイエスを総督官邸に連れて行き、部隊の全員をイエスの周りに集めた。」「…イエスを侮辱したあげく、外套を脱がせて元の服を着せ、十字架につけるために引いて行った。「そしてゴルゴダという所、すなわち『されこうべの場所』に着くと、苦いものを混ぜたぶどう酒を飲ませようとしたが、イエスはなめただけで飲もうとされなかった。彼らはイエスを十字架につけると、くじを引いてその服を分け合い、そこに座って見張りをしていた。」 (マタイ27章、//マルコ15,ルカ23,ヨハネ19)

 大祭司カイアファの家に一晩留置された後、イエス様はピラトの前に出され、裁判を受けます。この朝ピラトがどこにいたかはわかりません。そして十字架刑が確定し、総督官邸の中に連れて行かれます。聖書に「総督官邸」と記されているエルサレムの総督の居城がどこだったのか、これも確定的なものはありません。アントニア要塞(図14−2)かまたはヘロデの宮殿(城砦と呼ばれる現在のヤッフォ門の近くの建物・図14に記入)のいずれかであろうと考えられています。この2つのいずれだったかによって「十字架の道」は大きく変わります。

 ゴルゴダの位置も正確には分かりませんが、最近の考古学の結論では、現在の聖墳墓教会付近のどこかであることがほぼ確定的となっています。

 以上のような不確定な要素と、2千年前のエルサレムの地表は現在のエルサレムの地表よりも数メートル下に埋もれていることにより、「十字架の道」が果たしてどこだったのかは不明となっています。

十字架の道    図14 十字架の道
1.聖墳墓教会 2.アントニア要塞のあった場所 3.エッケ・ホモ教会 4.鞭打ちの教会

 灰色の道がヴィア・ドロローサ(悲しみの道)として定められているものです。
 実際の十字架の道は、現在の地表よりも数メートル下にあります。黄緑色でおおよその概形の線を引いたルートです。
 総督官邸がどこであったかによって1へ向かう
90度の違いのある2つの十字架の道が考えられます。

 

 ヴィア・ドロローサ(悲しみの道)

 ライオン門から入ってしばらく進むと右手にアンナ教会があります。この教会の奥にべテスダの池の発掘された場所があります。これがヨハネ5章に出てくるべテスダの池です。エルサレムで数少ない聖書記事の場所のはっきり確定できる場所のひとつです。

 アンナ教会の隣が鞭打ちの教会(図14の4)。ここからヴィア・ドロローサが西に向かって始まります。その隣がエッケ・ホモ教会(図14の3)です。
 エッケ・ホモ教会の3階4階は宿泊施設(クリスチャン・ホスビス)になっています。私はここに3泊してみました。エッケ・ホモ教会の屋上からは、神殿の丘、旧市街、オリーブ山が良く見渡せ、また旧市街を歩くのには好都合の宿泊地でした。

 ヴィア・ドロローサの両側は土産物屋等が並び、かなり騒々しくなっています。昼間は団体客が列をなして歩き、金曜日の午後にはフランシスコ会の主催する十字架の行進にたくさんの人々が参加して歩きます。

 ヴィア・ドロローサの終点聖墳墓教会は、大きな建物のつなぎあわせで、世界中のたくさんの教派が管理しています。ローマ・カトリックやギリシァ正教会はもちろん、アルメニア、コプト、エチオビアなどのキリスト単性論の立場の教会も含まれています。聖墳墓教会の内部の説明は大体のガイドブックに載っています。

 聖墳墓教会の位置はゴルゴダに近似していますが、当時のゴルゴダの丘とは全く違った雰囲気に作り変えられてしまっています。当時のゴルゴダの雰囲気に近いのは、次の「園の墓」のある場所です。

エルサレムの初めに戻る

   9.旧市街の北側

「イエスが十字架につけられた所には園があり、そこには、まだだれも葬られたことのない新しい墓があった。その日はユダヤ人の準備の日であり、この墓が近かったので、そこにイエスを収めた。」 (ヨハネ19−41)

「…あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。…」 (ルカ24−6)

 旧市街の北側に東西に走る道路がスレイマン通りです。ダマスカス門を出てこのスレイマン通りを横切り、人が群がっている方へ歩いて行くと、アラブのバスステーションに行き着きます。その北側に見えるどくろのような丘が「ゴードンのカルバリ」という場所です。(カルバリとはラテン語でゴルゴダ。どくろ、されこうべという意味)ここは1883年にイギリスのゴードン将軍が「ここが十字架と埋葬の場所だ」と指摘したところです。

 丘の近くには墓の跡があって、近くには聖書に記されているような園があり、「園の墓」と名付けられています。イギリスのプロテスタント教会によって管理されています。緑豊かな静かな園で、礼拝用のベンチと説教台のセットが多数並べられています。世界中から来るクリスチャン(主にプロテスタント)の団体がここで礼拝の時を持っています。

 残念ながらここは中世の石切り場の跡であることが判明しましたが、ゴルゴダと埋葬された墓の雰囲気をそのままに残す場所として極めて有意義な場所です。

 園の墓へはダマスカス門から徒歩で5分、アラブのバスステーションの西の道を進んで右側に、目立たない入口があります。

 中にはイギリス人の宣教師がいて、ガイド(説教)をしてもらえます。宣教ですからもちろん無料です。エルサレムには多くの教会その他の訪問場所がありますが、いずれも喧騒の中にあり、また、旅行者を相手にする詐欺まがいのガイドや商売人で溢れています。しかし、この「園の墓」はそれらとは関係ない落ち着ける場所です。
 また、「園の墓」の売店には普通の土産物の他に資料も売っていますので、「園の墓」は時間の余裕をもって訪問することを勧めます。


エルサレムの初めに戻る
エルサレムの初めに戻る

イスラエルの初めに戻る
イスラエルの初めに戻る

first       top-page         Homepage
中東案内初めに戻る     「エリシァの泉」Top page       「エリシァの泉」総合目次