ClockLauncher 置き場(miki's Hom Page)

Windows98 から開発をはじめ Windows7 に仮対応した状態のままですが、作者自身 Windows10 でも現役で使用できています。
今後、開発再開があるのか、ないのか作者にもわかりせんが、せっかく世に出したものなので閉じずに置いておこうと思います。

プロフィール


miki ♂
2月6日生
A型
静岡市葵区(現在)
静岡県焼津市(出身)
プログラマ
犬飼い
(ジャックラッセルテリア)
LINEスタンプ


リンクについて

リンクはフリーです。


PC歴

並べてみると結構なペースで買い換えてるな、と思います。PC買い替えと同時に、古いのは何らかの形で処分してるので同時に何台も所有しているというわけではありませんが…

(11) 2013年. 東芝 「dynabook KIRA V832」

Windows 8 Pro 64bit、CPU Core i7-3537U(2.00 GHz)2コア/4スレッド、メモリ 8GB、SSD 256GB、タッチパネル付 13.3型ワイド(2,560×1,440)、インテル HD グラフィックス4000、東芝 Direct 2013春 Webオリジナルモデル 。13インチでWQHDという超高解像度に惹かれ、ついポチりました。

(10) 2010年. SONY 「VAIO VPCF11AGJ」

Windows 7 Pro 64bit、Core i7-720QM(1.60 GHz)、メモリ 4GB、ハードディスク 500GB、16.4型ワイド(1920×1080)[VAIOディスプレイ](Full HD 1080)、NVIDIA GeForce 310M GPU(512MB)、ブルーレイディスクドライブ(DVDスーパーマルチ機能搭載)、地上デジタル×2と、VAIOオーダメイドモデルでハイスペック仕様に。。

(9) 2006年. SONY 「VAIO VGN-SZ81PS」

Windows XP Pro SP2、Core Duo プロセッサー T2600(2.16 GHz)、メモリ 2GB、ハードディスク 120GB、13.3型ワイドWXGA(1280×800) TFTカラー液晶[クリアブラック液晶](多層ARコート)、NVIDIA GeForce Go 7400 with NVIDIA TurboCache、DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層記録対応)と、VAIOオーダメイドモデルでハイスペック仕様に。サイズはスリムで軽量。

(8) 2004年. SONY 「VAIO PCG-GRT92V/P」

Windows XP Pro、VAIO PCG-GRV99G/P の後継モデル。HT対応 M Pentium4 2.80GHz、16.1型 UXGA対応 クリアブラック液晶、NVIDIA GeForce FX Go5600、Giga Pocket Engine M(TVチューナー内蔵、テレビ録画機能搭載、AV入力対応)、DVD±RWドライブ搭載とハイスペックなやつ。ノートのくせにとても巨大。VAIO VGN-SZ81PS 購入後、兄貴に譲る。

(7) 2003年. SONY 「VAIO PCG-GRV99G/P」

Windows XP Pro、Pentium4 2.60GHz、16.1型 UXGA対応 広視野角 TFTカラー液晶、MOBILITY RADEON 9000、MPEG2ハードウェアエンコーダー MPEG2 R-Engine(AV入力対応、テレビ録画機能搭載)、DVD±RWドライブ搭載とハイスペックなやつ。ノートのくせにとても巨大。あんまり使い込まないうちに後輩に売却。

(6) 2001年. SONY 「VAIO PCG-FX77G/BP」

Windows Me、初ノート。以前は、家のパソコンはデスクトップで十分と思ってたが、考えが変わった。VAIO PCG-GRV99G/P 購入後、親父にあげた。

(5) 1999年. SONY 「VAIO MX1TV7」

Windows 98 SE。パソコンなんだけど、TV、DVD、MDなどイロイロ付いててお得なマシン。ClockLauncherはこいつで産声をあげた。ノートPC購入後の用途はテレビのみという悲しいやつ。2006年末、REGZA 37Z2000購入後、廃棄。

(4) 1997年. FUJITSU 「FMV-DESKPOWER」

Windows 95 → 98。あんまし思い出のないパソコン。VAIO MXの購入と同時に親戚にあげた。

(3) 1996年. NEC 「PC98 VALUE STAR」

TOWNSの販売が終わり、何かと辛くなってきたので購入したWin95パソコン。こいつでプレイしたYU-NOは、忘れられない名作。

(2) 1994年. FUJITSU 「FM-TOWNS II Fresh・E」

パソコンといえばNEC PC98が一般的な時代、なぜかまわりの友人にはTOWNSユーザーが多かった(笑)デスクトップカスタマイズ、ゲーム、フリーソフト、パソコン通信など、こいつでパソコンの楽しさを学んだ。TOWNS-OS、良いOSだった。

(1) 1994年. NEC 「PC-9801 NS/A」

専門学校で無理やり?購入させられたやつ、メモリ640K、HD無し、モノクロディスプレイ、MS-DOS、…はっきり言って使えなかった。

このホームページについて

当初は Geoph というゲーム製作サークルのホームページでした。
現在では Geoph としての活動はしておらず、私個人のホームページとなっております。


Geophについて

1996年8月頃に発足された、ゲーム制作サークルです。
メンバーは、sim・SASH・私の3人、当時3人ともFM-TOWNSのユーザーであり「なんかゲーム作りたいなあ…」という安直な理由でゲーム制作を開始。
担当は、趣味でCGを描いていた私がグラフィック、BASICをちょっとだけ知っていたsimがプログラム、DTMをやってたSASHが音楽、と、まあそのまんま決まる。
最初は、FM-TOWNSのアドベンチャーツクールやシューティングタウンズを使ってゲームを作ったりしていたが、そのうちF-BASICコンパイラをネットで安く購入し、新たなゲームを制作を開始。
途中、ゴウ☆セイジが参加しメンバーが4人となり、その後、TOWNSに見切りをつけてWindowsに移行し、いくつかゲームを制作。
2000年に入り、各々プライベートでも忙しくなり、直接会う時間が取れないことや生活の場も変わったことで活動を続けていくのが困難になり、解散にいたる。


ページのトップへ戻る