胡蝶蘭の株分けに挑戦したい方はこんな方法を試してみてくださいね!

株が20℃以下の低温にあたると、花芽が出てきます
花芽がある程度上がったら、25℃以上の高温にあてます。
すると、花芽の途中で葉っぱが出てきます。
葉がある程度大きくなったら、根が出てきます。
(ただし、必ず根が出てくるとは限りませんので、そこは腕の見せ所です。)
根が出てきたら、葉と根を花芽から切りとります。
根の部分を水苔で包み、3号程度の素焼き鉢に植えます。
これで、株分けのできあがりです。

    Point! このとき、水苔はしっかりと巻いて、硬めに植え込むのがコツです。
植え替えた鉢は約1ヶ月、水を控えめに管理した後、水と液肥を与えていきます。