空と文字(SEA)

サブページ 1


兵学校の生活


1建物と生活

入校式の思いで:貴様らは映画「海軍」に憧れて兵学校に来た者は去れ。いきなり度肝を抜かれる。いわゆる此処でシャ化け満々の一つがはぎ取られる。 教育参考館には東郷元帥の遺髪。生徒の精神教育に資する物多く、海軍精神、兵学校精神の涵養の場として時間の許す限り参考館詣でのように記憶する。

防風林のを抜けると其処にはダビット〔短艇繋留)があり、雨の日にはあか汲みに走り、部対抗の短艇競技、。 総短艇:寸秒を争い、分隊毎のカッタ−に飛び乗り、沖のブイを一周してダビットへ帰投。カッタ−を上げ終わるまでが各分隊の競争。少しでも遅れよう物なら一層の短艇訓練になり、ストッパ−は血だらけ。

課業点検。写真は分隊毎に整列し、服装etcの点検。それぞれ教班毎に講堂へ。普通学講堂にて英語、代数、物理化学の勉強。英語は中学では普通程度、初めから終わりまで英語でしゃべられては皆目分からずじまいだった。
平素は殴られどうしの三号生徒も、棒倒し中は公然と一号を殴れる。殴る、蹴る、突く、肩にかけあがり相手方より早く棒を倒すした方が勝ち。其れまで乱闘が繰り返される。
夜間自習やめの5分前、書物を机の中に収め、姿勢を正す。。当番の生徒が【五省」を問いかける。その問いに答えながら今日一日の反省をする。 最後列右端より一号、二号、三号の順。自習時間は一時間半
その日の訓練によっては、眠くなることもある。コックリでもやろう物なら大変。又就寝までが難事業。自習室から二階の寝室までの階段の駆け足でくたくた。つぎが起床動作の二分を切るまでの繰り返し動作で、汗だくだく。巡検ラッパで一日が終わる。
巡検、これで一日が終わる。あすは明日の風が吹く。 表桟橋

自己紹介
姓名申告:エ806分隊望月昭一郎。三重県立津中学校、此の津中学が大変,「ツウ−」と言えば間延びしてる「ツッ」と言えば聞こえんどちらに転んでも、やり直し、此の姓名申告の「津」の
一字を恨めしく思った事はない。


読売新聞1998.11.7朝刊に私の写真と記事がでましたので、趣味を兼ねて紹介しておきます。記事:「加齢なる***能面に魅せられ面打ち五年、パソコンのホ−ムペ−ジでその楽しさを紹介。幽玄の美が世界に開かれる。」(東京。世田谷で、平井実撮影) 1999.2/5−−2/17銀座PICギャラリィ−にて「加齢なる人物」の写真展あり
その他の趣味。イ)兵学校仲間のヨ−ガ同友会ロ)謡曲ハ)能面打ちニ)パソコン通信
ホ−ムペ−ジは「スズメの能面ホ−ムペ−ジ」女面、男面の紹介、又面を通じて能舞台の紹介併せてA450−−六〇ペ−ジの内容物を掲示しております。
注)兵学校関係の写真はエ710平正臣撮影の写真拝借した。:江田島の生活の写真は写真集海軍兵学校江田島より出典。(秋元書房刊)                                                      
sub2,には江田島関連で更に補充したき、映像を挿入の予定。sub3、には海上自衛隊の最近の状況をお知らせしたい。

メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ


空と文字(SEA)