[12] KIkabu(ichimoku):株価を一目均衡表で解析 Ver5.12(2017/04/29)

1.概略
・Yahooファイナンスから株価を取得し「一目均衡表」で買い時期を解析。
・一括ダウンロードする銘柄はtxtファイルを指定する同封されている「List見本」を参照し自作)
・このマクロはKIkabu、KIkabu(Z)に入っている「一目均衡表」とグラフは同じですが、こちらの場合は 判定基準を3種類変化させることが出来ます。


2.動作環境
   Windows95/98/2000/XP 日本語版
   このプログラムはExcelVBAで作成しています。Excelの入っていないPCでは使用不可
   Excel2000/2002/2003/2007/2010で実行出来ます

3.このソフトの使用方法

3−1.メニュー表示
・KIkabu(ichimoku).xlsを開くとワークシートメニューに「KIkabu(ichimoku)」メニューが追加される(下図)


3−2.データ取得ダイアログ(メニューの「実行メニュー表示」クリックの場合)


(1)株価を取得する時期を指定
  ・KIkabu(K).xlsを開いた時は本日の指定となっています
  ・過去の株価を取得する場合はその「年」「月」「日」を入力(取得最終日指定)

(2)取得する銘柄リストの指定
  ・List1〜List4 のうち使用するリストにチェックする。
   (銘柄リストは使用者が各人で作成すること。データ記述方法はサンプルとして同封されている「List見本」を参照のこと。
  ・ 自作のファイルはList1〜List4を指定後、「ファイル指定」をクリックするとファイル指定のダイアログが表示されるので、自作のtxtファイル指定し、 「開く」をクリックで指定したList1〜List4にそのファイルが登録せれます。
なお、ファイルは登録されていますが、次回からもそのファイルを同じList番号で使用する場合は「ファイル登録」クリックでそのファイル名が保存されます。

(3)Webから取得
  ・ダウンロード時間を早くする関係で、グラフはローソク足を書きながら実行します。
   (一目均衡表を作成の場合は、「一目均衡表表示」をチェックすること)
  ・取得後の解析は「取得シートの解析」をクリックで実行
  ※1銘柄1シートにデータを記録し、チャートも作成します。銘柄数が多い 場合マクロの動作が不安定になるためNAX500シートに制限しています。

(4)「取得解析同時実行」
  ・前記(3)項の場合は、銘柄数を制限していますが、「取得解析同時実行」で実行の場合は、 銘柄ごとの記録とチャート表示は行わず、解析結果のみ抽出する方式であり銘柄制限はしていません。

(5)「売り」にチェックで売りの解析を行います(Ver0.6)
売り解析の説明は省略しますが、買いの逆に読み替えて下さい。




(5)メインの抽出条件
(5)-1基準線が雲を上抜け(KIkabuで実行の私のソフトの標準)


(5)-2 転換線が基準線を上抜け


(5)-3 終値が雲を上抜け


(5)-4 終値-転換線比較

3−2.メニューのその他の項目



4.ダウンロード
KIkabu(ichimoku)ダウンロ−ド(132kb)

(マクロは「McAfee VirusScan 」でウイルス無しチェック済み)


5.その他
★株価情報はヤフーファイナンスからダウンロードさせて頂く方式ですが(大感謝)、このWebに 変更があった場合ダウンロード不可となります(その場合はソフトも変更予定)

★本マクロ使用に起因するいかなる事態も責任を負いません。使用者の責任で活用して下さい。



【ホーム】