市原フィルハーモニー管弦楽団

      第25回 定期演奏会

 

日時: 2011年7月10日 14:00開演(13:15開場)

場所: 市原市市民会館 大ホール

入場料:700円

 ニールセン/交響曲第2番「四つの気質」

 シベリウス/バイオリン協奏曲

 メンデルスゾーン/フィンガルの洞窟

 

ヴァイオリン:宮川正雪

指揮:小出英樹

☆先着10ペア様、チケットプレゼントあり☆

件名には「ペア招待券希望」、本文にご住所、お名前をお書きになり
  までお申込ください(^^)
 
 
  ♪団員も募集中♪(弦・Ob・打楽器)
 
  詳しくはHPを(^0^)
 
 
  今回は1865年生まれの北欧の二大作曲家、シベリウスとニールセンの作品を取り上げます。

  ●シベリウス:バイオリン協奏曲

  シベリウス唯一の協奏曲ですが、フィンランディアや交響曲第2番と並ぶ代表曲で、多くのファンを魅了しています。
内気な性格ゆえにバイオリニスト断念したシベリウスだからこそ、魂の内向性を徹底的に表現することができたといわれています。
私たちも練習中に宮川正雪さんのバイオリンに心を奪われて、演奏を忘れそうになったくらいに素敵な曲です。
しびれます!

●ニールセン:交響曲第2番「四つの気質」

  日本では無名のニールセンですが、デンマークの国民的作曲家です。この交響曲第2番はシベリウスのバイオリン協奏曲の前年、1902年に作曲されています。
人間の代表的な「4つの気質」が各楽章に割り当てられる構成に、私たちも始めは馴染みにくかったのですが、練習を重ねるにしたがい各楽章が持つ人間模様にすっかり愛着を感じるようになりました。
「4つの気質」をぜひ聞き比べてみてください。

市原フィルハーモニー管弦楽団のホームページ

[Freude Home Page] [Concert Calendar]