私のプロフィールを紹介します


 

 長谷川 淳 (Jun HASEGAWA)

 

現在の活動

ピティナピアノコンペティション 全国決勝大会審査員、全日本学生音楽コンクール名古屋大会審査員、 ショパン国際コンクール in Asia 地区大会・全国・アジア大会審査員、日本クラシック音楽コンクール全国大会審査員、その他数多くのピアノコンクールで審査員を務める。またピアノのタッチやショパンエチュードやベートーベンピアノソナタ等重要な課題を取り上げて全国各地で講座を行い好評を博する。また受験指導にも実績があり、全国の一流音高や一流私学音大、国公立の芸術大会への進学実績も多い。また各地でピアノマスターコース講師を務める。

現在、全日本ピアノ指導者協会正会 評議員、日本ピアノ教育連盟正会員、ショパン国際コンクールin Asia 常任委員、日本ショパン協会中部支部幹事会員

 

略歴

愛知県立芸術大学ピアノ科卒業、ミュンヘン音楽大学ピアノ科卒業。林秀光、オスカー・ケーベル、クラウス・シルデの諸氏に師事。帰国直後よりリサイタルやピアノコンチェルト、アンサンブルなど数多くの演奏会に出演。指導者としても精力的に活動する。本年度まで14年連続でPTNA指導者賞受賞。またPTNA全国決勝大会では門下生がほぼ全部門にわたり金銀銅ベスト賞など上位入賞を果たす。2013年には特別指導者賞を受理。又全日本学生音楽コンクール中学生部門全国大会第1位、日本ピアノ教育連盟オーディション全国大会受賞コンサートに多数出演、日本演奏家コンクール全国大会1位、日本クラッシック音楽コンクール全国大会上位入賞等多くの指導実績を有する。特にショパン国際コンクールin Asiaでは毎年のように最終アジア大会で上位入賞者を輩出。

 

指導方針

二つの点を重視します。作曲家が伝えたかったことを読み解く唯一のカギはスコアにあることを考え、スコアを正しく深く読み解く方法。そしてスコアから生まれたイメージをいかにピアノの響きに再現するかは演奏者のテクニックに依存するので、曲の要求するテクニックを合理的な観点から分析して、何故弾けないのか?どうしたら弾けるようになるのか?を生徒目線で一緒に考え、曲の完成のお手伝いをします。ですので生徒を叱ったり怒ったりとかあり得ません。


現職

金城学院大学 文学部 音楽芸術学科 ピアノコース教授 (本務校)
洗足学園音楽大学ピアノコース 客員教授 
昭和音楽大学ピアノコース 客員教授 
愛知県立明和高校 音楽科 ピアノ科講師
、  


所属音楽団体

全日本ピアノ指導者協会(PTNA)
正会員,評議員

日本ピアノ教育連盟正会員

日本ショパン協会中部支部 幹事会員

ショパン国際コンクール in ASIA 常任委員 、全国大会副実行委員 東三河地区実行委員長



主な音楽歴

1977年愛知県立芸術大学ピアノ科卒業。

1981旧西ドイツ国立ミュンヘン音楽大学卒業。国家演奏家試験合格。


長井充、宇都宮淑子、林秀光、故オスカー・ケーベル、およびクラウス・シルデの諸氏に師事。


 詳細音楽業績書


コンクール審査関係(一昨年〜本年度) 

全日本学生音楽コンクール名古屋大会 予選、本選審査

PTNAピアノコンペティション地区予選、地区本選、全国決勝大会

PTNAピアノステップ

東三河PTCピアノコンクール

ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 地区予選、全国大会、アジア大会

中日ピアノグレードテスト

日本クラシック音楽コンクール

日本演奏家コンクール

カワイピアノコンクール

ヨーロッパ国際ピアノコンクール in Japan

ベーテンピアノコンクール 

なごや青少年ピアノコンクール

YPFコンクール


主な指導受賞歴

1994、95、96、99、2000,2001、2002、2003,2004,2005年,2006年、2007年、2008年、2009年、2010年、2011年、2012年、2013年、2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 PTNAピアノコンペティション指導者賞受賞。

2004、2006年、2013年度 PTNA特別指導者賞受賞 

2005、2007、2008、2009、2010年度、2011年度、2012年度、2013年度 2014年度、2015年度 2016年度 2017年度日本クラシックコンクール 優秀指導者賞

2005、2006年度 2007年度 2011年度、2013年度、2015年度、2017年度 ショパン国際ピアノコンクール イン アジア 指導者賞


門下生の成績

PTNAピアノコンペティション全国決勝大会 金賞、銀賞、銅賞及びベスト賞、入選(多数)
全日本学生コンクール全国大会 第1位及び横浜市民賞、東京および東海大会入賞入選(多数) 
日本ピアノ教育連盟東京本選入選入賞(多数)入賞者演奏会出演、奨励賞など
ショパン国際コンクール・イン・アジア アジア大会 金賞、銀賞、銅賞、奨励賞(多数)本選金賞、入賞、入選(多数)
ウィーン音楽コンクールインジャパン金賞、入選(複数)。

浜松国際アカデミーコンクール第5位

大阪国際音楽コンクール 金賞銀賞(複数)

”夢コン”グランプリ(複数)
中部学生ショパンコンクール 第1位など
日本クラシック音楽コンクール全国大会 上位入賞、入選(複数)
日本演奏家コンクール全国大会 第1位、上位入賞、審査員特別賞
ベーテンピアノコンクール全国大会 第1位
東三河PTC、PIARA、ヤマハYPF、グイレンツェンピアノコンクール、江南、碧南、CMCコンクール、カワイピアノコンクール、ヤングアーティストピアノコンクール、アールンピアノコンクール、横浜国際音楽コンクールなど多数金賞、入賞。


マスターコース

2012年、2017年年ドリアード音楽院、2013年、2015年、2016年昭和音大プレヴュー・アカデミー各講師を務める。2018年 ドリアード音楽院、昭和音大プレヴュー・アカデミー講師予定


その他

2006年3月と9月にCS放送のクラシック専門番組「クラシカ・ジャパン」の”今週のピアニスト”の中のレッスン室訪問コーナーに4回に分けてテレビ出演。その2

2010年PTNAとヤマハミュージックメディアの共同制作でピアノ指導書「生徒を伸ばすピアノレッスン大研究」の執筆担当。


趣味・特技

コンピューター



車(愛車の過去の遍歴:ホンダのアコード一筋で5台乗り継ぎ、BMW318i(1998年11月〜2001年11月)→メルセデス ベンツ C-240(W203 2001年11月〜2004年11月)→C230コンプレッサーアバンギャルド(2004年11月〜2007年3月)→C250エレガンス(W204 2007年3月〜2012年4月)同C300Sアヴァンギャルド(2012年4月〜11月)、BMW 320d(F30モデル2012年11月〜2014年4月)、BMW 320dラグジュアリー(F30 2014年4月〜2015年12月)→ベンツCクラスW205 C220d AMGパッケージ(2015年12月〜現在)





車関係の詳細はこちら



ドイツ語(豊橋日独協会を通し結構多くのドイツ人と接するので)


好きなもの

海外旅行、世界のビール(今は忙しくて酔っている暇はないのでアルコールは飲みません)、車、航空機、艦船、遺跡、ヨーロッパの古城などの建築、日本の城
美術館巡り。その他何でも新しい物、テクノロジー。変わった食べ物(特技はこの世で食べられないものは無し!カップヌードルからキャビアまで、今は独身で外食のみなのでお菓子や食料品の頂き物はお断りしております→QUOカード大歓迎!)また審査などでしょっちゅう留守にしますのでお花等はご容赦ください。ご厚意だけ頂戴いたします。

仕事道具

豊橋自宅
 スタインウェイ フルコンサートグランドピアノ モデルD274  ヤマハグランタッチ

名古屋自宅 Shigeru KAWAI SK2とSK3  

マイホールヤマハS6

レッスン場所

名古屋レッスンは地下鉄東山線藤が丘駅すぐのマンションで毎週火曜日〜金曜日PM6時〜9時まで行っております。駐車場は近くのレインボーパークかエフの駐車場が便利です。

豊橋の自宅の住所をコピー下さい。次にこちらをクリックしてグーグルマップを立ち上げて検索欄にコピーした住所を貼り付けて検索して下さい。ルートをクリックして出発地に豊橋駅 と入力して下さい。(条件は電車・航空機です。)駅から路面電車10分徒歩8分です。路面電車は5〜8分間隔にあります。どれに乗ってもこれます。

                                                             豊橋の自宅レッスン室キャパ20人のレッスン室         キャパ80人のマイホール(ピアノフォルテ内)

                                                                                                                                                                                
マイホール(客席数80人、最近は講座や公開レッスン以外殆ど使いません)の場所はこちらをどうぞ 電話FAXは0532 53 4666 です。使用を希望する場合は必ずピアノフォルテまでお問い合わせ下さい。

                                                                                         




こんな自分ですが私の自宅でピアノを勉強してみたいな?とお考えの方は一度メールで気楽にお問い合わせ下さい。ただし毎週はとてもレッスンできません。また出来れば現在師事している先生の引き続きのサポートをお願いいたします。本年からはレッスンにより多くの時間を当てられます。

もし私のレッスンに関心の有り一度本当にレッスン受けてみたい方はPTNAの先生紹介ページの申し込みフォームからどうぞ!問い合わせ番号は100590です。リンクはこちら




全日本ピアノ指導者協会へ リンク ピアノに関する情報がいっぱいです。