更新日 2001年11月30日


<関わるクルマ紹介−ファイル10>


日産 スカイラインGT−R (BNR32型)







<カタログ主要スペック>

車名 日産 スカイラン
グレード 2Dr GT−R
型式 E−BNR32
エンジン型式 RB26DETT
エンジン種類・排気量 DOHC ツインターボ 直列6気筒 2568cc
最大出力・最大トルク 280ps/6800rpm 36.0kg・m/4800rpm 
全長x全幅x全高 4545mm x 1755mm x 1340mm 
車体重量 1480kg
駆動方式 トルクスプリット4WD
トランスミッション 5速マニュアル
 1速:3.214
 2速:1.925
 3速:1.302
 4速:1.000
 5速:0.752
 最終:4.111
フロントサスペンション マルチリンク式コイルスプリング サスペンション
リアサスペンション マルチリンク式コイルスプリング サスペンション
主要装備 ・4輪ABS
・リア機械式LSD
・スーパーHICAS
・アテーサE−TS
  ・16インチ鍛造ホイール
・アルミボンネット/アルミフロントフェンダー
標準タイヤサイズ F:225−50−16
R:225−50−16
標準小売価格 4,545,000円



<概要>


 平成1年に日産が技術の粋を集めて世に送り出した8代目スカイラインの「GT−R」。
 もともとの目的は「グループAの首位奪還」という日産のレース活動の威信を賭けたクルマであり、そのコンセプトもグループAに準じたものであった。
 そして日産は長らく使用することを躊躇していた伝説のグレード名「GT−R」の銘を、この8代目にあたるR32スカイラインで復活させたのである。

 BNR32型スカイラインGT−Rは専用設計の2.6リットル直列6気筒DOHCツインターボエンジン「RB26DETT」を搭載し、駆動系にはトルクスピリット4WD「アテーサE−TS」を投入した。
 また「ドライビング」に対しての妥協は極力せずに、市販車として考えられる最高の性能を追求した結果、価格も440万円以上となってしまったが、バブル景気も手伝って、販売台数は予想を大きく上回り、独特のステータスさえ作り出してしまうほどの人気となった。
 内外装はノーマルのスカイラインに類似しているが、走りの性能という面での変更が随所に見られ、特にフロントシートをはじめ、アルミホイール、フロントバンパー、フェンダーなどは妥協を廃した専用設計である。
 
 BNR32スカイラインGT−Rは平成7年にデビューしたBNR33スカイラインGT−Rに進化するまで生産されたが、その間、レース用ホロモゲーション取得のための「ニスモ仕様」、ブレーキ関係その他を大幅に強化した「V−SPEC」「V−SPECU」など、走りに対する拘りを具現化したバリエーションを展開した。

 量産車とは関係ない話になるが、日産はこのBNR32スカイラインGT−Rにより「グループA」で無敵の存在となり、レース界での威信を取り戻すとともに、新たなGT−R伝説を築いた。

 まあ、どうこうと説明するまでもなく、かなり有名なクルマである。




<実車紹介はこちらです> 




「関わるクルマ紹介」に戻る