更新日 2004年07月25日


<関わるクルマ紹介−ファイル22>


日産 マーチR(EK10)





 
 

<カタログ主要スペック>

車名 日産 マーチR
グレード ノーマルグレード
型式 E−EK10
エンジン型式 MA09ERT
エンジン種類・排気量 SOHC 直列4気筒 930cc スーパーチャージャー+ターボ
最大出力・最大トルク 110ps/6400rpm 13.3kg・m/4800rpm 
全長x全幅x全高 3760mm x 1560mm x 1405mm 
車体重量 740kg
駆動方式 FF
トランスミッション 5速マニュアルトランスミッション
フロントサスペンション ストラット式コイルスプリング
リアサスペンション 4リンクコイルスプリング
主要装備 なにもなし!
標準タイヤサイズ 155SR13(交換前提)
標準小売価格 1,100,000円


 
 
 

<概要>


 1988年に日産が国内ラリーBクラス出場のためにデビューさせたスーパーウエポン。
 当時、国内ラリーでは、Aクラス(1300cc未満)、Bクラス(1600cc未満)、Cクラス(1600cc超)の3クラスに分類されていたが、全クラス優勝を狙う日産は1600cc未満であるBクラスに軽量FFカーとしてマーチの投入を決定。
 当時のレギュレーションではナンバー付き車両は排気量に1.4倍した数値を用いていたが、1.7倍になる可能性を加味し、1600cc÷1.7倍からマーチの1000ccエンジンを930ccまでボアダウン。
 そして、このエンジンに、スーパーチャージャー+ターボチャージャーの「ツインチャージャー」を装着し、SOHCながら110psを発生するスペシャルエンジンを市販化し、ラリー用車両としてマーチに搭載した。
 このラリー用車体が「マーチR」であり、エンジンの高出力化に伴い、前後ブレーキの強化と徹底的な軽量化を実施。また、クロスミッションを搭載し、国内ラリーフィールドに最適なギア比設定を施した。

 マーチRはあくまでラリー専用車両という性格から、パワーステアリングやパワーウインドウなどの快適装備は一切用意されず、オプションは本来エアコンのくるスペースにオイルクーラーを設定していた。(このため、オイルクーラーを装着した場合はエアコン装着不可であった)
 もちろん、ラリーベースであることから、ステアリングやシート、標準タイヤは交換前提でコストダウン品が装着されていたが、反面、モータースポーツ用パーツのオプション設定は充実していて、ラリーオプション装着状態の車体を日産ディーラーから購入し、即投入可能となっていた。
 (余談ではあるが、マーチRはあらゆる格式の国内ラリーを席巻し、ラリーBクラスのスタンダードを確立した)

 また、翌年、日産はこのマーチRのエンジンを用いて一般ユース向けに「マーチ・スーパーターボ」をデビュー。こちらはギヤ比が一般向けになったほか、スポーティーパーツを装備し、初代マーチ末期モデルのラインナップのなかの「コンパクト・ホットスポーツハッチ」として人気を博した。
 

<私情インプレッションはこちらです>





「関わるクルマ紹介」に戻る