金環日食

平成24年5月21日(月)の朝、金環日食がありました。今回は、金環日食です。月の大きさが見かけ上太陽よりちょっと小さいために、月が太陽を隠しても、太陽の周りの部分までは隠しきれないので、太陽がリングのように見えます。月が太陽を全部隠してしまうのは、皆既日食といいます。
新聞の情報によると、東京では、6時19分からかけ始め、7時34分に金環日食が最大になり、、9時2分に終わります。当日は晴れ。薄い雲が時より太陽の前を横切っていきました。おおよそ2時間40分の天体ショーでした。金環状態は約5分続きました。
 
 
日食をレンズの前に遮光版を取り付け撮影しました。深緑色しているタイプなので、写真では緑に写っています。

よく見ると、太陽の表面に黒い点が見えます。黒点が写っています。少し濁った感じに見えますが、これは、薄い雲です。

日食の始まり
6時20分
 
   
   
金環日食の始まり
7時32分
 
  金環日食の最大
7時34分
 
 金環日食の終わり
7時37分
 
   
   
   
  日食の途中
8時ごろ


日食の終わり
9時2分
 
 
 木の葉の隙間から漏れた日光の形が、三日月状に見える。  
   
 紙にピンホールを開けてみた。  
   
 
 今回は、金環日食なので、それほど暗くはならなかった。