ゲルハルト・ボッセ
Gerhard Bosse


1922年、ライプツィヒ近郊のヴルツェン生れ。エドガー・ヴォルガント、ヴェルター・ダヴィンソン両教授に学び、国立ライプツィヒ音楽院在学中からゲヴァントハウス管弦楽団のメンバーとなり、第二次世界大戦中はリンツ帝国ブルックナー管弦楽団のメンバーとして、フルトヴェングラー、カラヤン、ベームら多くの指揮者のもとで演奏。
1946年、ヴァイマール音楽大学の講師に迎えられ、1949年、同音楽大学教授に就任。
1951年、ライプツィヒ放送交響楽団の第一コンサートマスターとなり、同年、母校ライプツィヒ音楽院オーケストラ科および室内楽マスタークラスの主任教授となった。
1955年からはゲヴァントハウス管弦楽団第一コンサートマスターとして、歴代の首席指揮者、コンヴィチュニー、ノイマン、マズアらのもと1987年まで活動を続けた。
室内楽奏者としても高い評価を受けており、1955年、師ヴォルガントのあとを継いでゲヴァントハウス弦楽四重奏団の第一ヴァイオリン奏者となり、1962年にはゲヴァントハウス・バッハ・オーケストラを組織し、ソリスト、指揮者として活躍した。
1972年、ライプツィヒ市からニキシュ賞を受賞。
1961年以来、ほとんど毎年のように来日し、1980年には霧島国際音楽祭・講習会を創立。音楽監督として毎年指導にあたる一方、新日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ数多くの日本のオーケストラの客演指揮も行ってきた。
1994年より2000年3月まで東京芸術大学客員教授を務める。2000年4月から神戸市室内合奏団音楽監督。2000年9月から3シーズンの間、新日本フィルハーモニー交響楽団の主要な指揮者を務めてゆく。2002年2月、同交響楽団ミュージックアドヴァイザーに就任。
2012年2月1日 逝去


ホームページ

「これまでの演奏活動」のページ