[ウンチの見分け方]

私は登山をやり始めた頃 この山にはどんな動物が棲んでいるのだろう と 興味を持ち 出会ってみたい気持ちがありました。しかし、大抵の動物は人間の気配を感じると逃げてしまいますから なかなか見つかりません。そこで私は登山中に見つけたウンチを見て そこに棲んでいる動物を当てるためウンチの収集を始めました。季節によって食べ物が変わるし 体調にもよりますから 数多く経験する事が大切だと思っています。

[ウサギ]
登山した山:岳山
撮影場所:岐阜県郡上郡八幡町
撮影日:2001年3月23日

ウサギの糞はどこの山でも見ることができますね。パラパラと散らばっていて、一カ所で沢山することはないようです。おそらく食べながら少しずつ出すのでしょう。

推定動物:[ニホンシカ]推定動物:[カモシカ]
登山した山:和良岳
撮影場所:岐阜県郡上郡和良村
撮影日:2001年2月11日

和良岳の登山口に近いところで見つけました。パラパラと落ちていたのでニホンシカだと思います。 ニホンシカ
登山した山:捨薙山
撮影場所:岐阜県加茂郡東白川村
撮影日:2000年2月7日

捨薙山はあまり登山する人がいないので、登山道は不確かなところもありました。この糞はヤブコギの最中に見つけました。
[見分けのポイント]両方とも山で出会ったことがあり ニホンシカはパラパラと散らばるようにし カモシカはドサッと一カ所にする ということは大体分かっています。 しかし、ニホンシカの糞だと思って 山を下りて地元の方に聞いてみると この山にはカモシカはいるけどニホンシカはいないよ などと言われることもあり 目下の所 勉強中です。

推定動物:[イノシシ]推定動物:[ツキノワグマ]
登山した山:和良岳
撮影場所:岐阜県郡上郡和良村
撮影日:2001年2月11日

和良岳の登山口に近いところで見つけました。竹藪が沢山ありましたから、根っこ堀りにきたのでしょうか。
登山した山:籾糠山
撮影場所:岐阜県大野郡白川村
撮影日:2000年6月16日

籾糠山へ登るときはこの糞は登山道に無かったのですが、下山するときに見つけビックリしました。登山口には「クマ出没注意」なる看板があっただけに、こんもりと盛り上がった糞には存在感がありました。未消化の植物繊維がそのままあって、山菜をムシャムシャ食べている様子がうかがえました。
[見分けのポイント]イノシシとクマは奥山にいますから 出会い頭に突進されないように フンを見つけたら 要注意です。イノシシの糞は棒状に繋がっていることもありますが パラパラ転がっていて 一粒が直径3cm位で飛騨高山のゲンコツ(アメ)のような形をしていることが多いです。個体例は近郊の山に多いですから これを見慣れておけば 奥山でのクマのフンと見分けがつき易いと思います。クマについては まだ経験が浅いですが イノシシよりは一回り形が大きくて パラパラではなく一カ所にまとまっているようです。