お正月 1月1日
 一年の最初の月。一月。睦月。一般には新年のお祝いをする期間の1月1日〜3日をさすことが多い。

鶴(おりがみ)
節分 2月3日ごろ
 季節の変わり目で立春・立夏・立秋・立冬の前日をさす。
特に立春の前日のことを言う。この日に鰯の頭を柊(ひいらぎ)の小枝に刺して戸口にさし、炒り豆をまいて鬼(悪疫)を退散させ、福を呼び込む行事を行う。

鬼(おりがみ)
桃の節句 3月3日
 女のこのための節句(上巳の節句)。雛人形やその調度品を飾り、菱餅・白酒・桃の花を供えてまつる行事。宮中や上流社会で行われていたものが江戸初期以降、女児の成長と幸福を願って民間にも広まったと言われている。
お内裏様
三人官女、五人囃子
端午の節句 5月5日
 古くショウブ・ヨモギを飾り邪気を払う風習があったが、江戸時代以後、男子の節句とされた。武家で甲冑や幟を飾ったのにならい町人も武者人形などを飾り、滝登りなどで出世をあらわす鯉のぼりを立てるようになった。粽は中国で罪無く殺された屈源の例を慰めるため川に流していたものが日本に渡り、端午の節句と融合し食べるようになったと言われている。現在は「こどもの日」とよばれ祝日である。

兜(おりがみ)
七夕 7月7日(8月7日)
 牽牛星と織女星の伝説が日本に渡りお祭りするようになった。笹(竹)に、五色の短冊、紙着物、投網、くずかごなどを飾り、裁縫や字の上達などを祈ったといわれているが、現在は短冊に願い事を書く風習になっている。
仙台の七夕祭り(8月7日)が有名
十五夜 10月初め
 陰暦八月一五日の夜。団子やすすき、果物などを月に供える。芋名月ともいう。これらの供え物を子供たちがとっていっても、怒らないという風習がある。
ハロウィン
(Halloween)

10月31日
 万聖節(11月1日)の前夜祭。古代ケルトの秋の収穫を祝い悪霊を追い払うお祭りが起源。カボチャをくりぬき目鼻口をつけた提灯ジャック・オ・ランタンを飾り、夜には怪物に仮装した子供たちが近所を回り菓子をもらったりする。

ジャック・オ・ランタン(紙工作)
魔女と黒猫(紙工作)

クリスマス
(Christmas)
12月25日
 キリストの降誕を祝う祭り。太陽の新生を祝う冬至祭と融合したものといわれる。日本ではクリスマスよりもクリスマスイブの方が有名(笑)
サンタクロースが世界中のよい子にクリスマスプレゼントを持ってきてくれるといわれている。近年、北米の米軍基地でクリスマスイブのサンタクロースの追跡をインターネット上で行っている(ルドルフ(赤鼻のトナカイの鼻の熱を探査しているらしい)

サンタクロース(おりがみ)