西湖

上海周辺目次へ>西湖

蘇州と並んでこの世の天国と呼ばれた杭州。その代表的観光地のひとつが西湖だ。もともと銭塘江の海湾だったのが、流れてきた土砂で入り口をふさがれて湖になったもの。「いや、人工的に入り口をふさいで作ったんだ」と説明する中国人もいる。

この世の天国とまでいわれた所だけあって、ここを訪れた有名人も多い。マルコポーロ、白居易、蘇東坡など。

お土産屋さんも多い。店を構えていたり、路上で売っていたり。上海ほど日本人が多くないので、ちょっと中国語が話せると、現地人価格で買い物ができる。相変わらず、「そんなの買ってどうするんだ?」という類のものも多いのだが。もともと絹製品が有名な土地でもあるので、シルクの扇子を買った。随分安く買った後、店員が「ところであんたは何人だ?」と聞くので、「日本人だ」と答えたら、悔しそうにしていた。

さて、入り口はともかく、景観を人工的につくったのは間違い無い。蘇堤と白堤の二つの堤、人工島、湖面に浮かぶ石塔など。二つの堤を歩いてのんびり景色を楽しむのもいいし、人工島を船で遊覧するのもいい。

一周15kmの湖を歩いてまわると半日はかかる。所々に、ベンチや休憩所が作られている。一本の柳の近くに腰を掛け、水面を見つめる老人。なんと、贅沢な時間だろう。

西湖の名前の由来は、中国の有名な美女の名前からとったのだ、という説が日本では強く支持されているが、実は杭州市の西にあるから、というのが本当らしい。私はこっちの方を支持したいね。

西湖十景といえば、三潭印月、蘇堤春暁、平湖秋月、柳波聞鴬、花港観魚、曲院風荷、断橋残雪、双峰挿雲、南屏晩鐘、雷峰夕日であったが、新しく十大新景観が選ばれた。虎足包夢泉、龍井問茶、雲栖竹径、満隴桂雨、九渓煙樹、呉山天風、玉皇飛雲、宝石流霞、阮土敦環壁、黄龍吐翠だ。

断橋残雪
平湖秋月蘇堤より人工島を見る

柳と老人

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海