嫌われる国日本_なぜ嫌われるのか

上海エッセイ対日感情>嫌われる国日本

 我が国はどういうわけか近隣諸国からのウケがよくない。首相の言動にアジア軽視が連想されるからか。どうもそれだけではないようだ。

 近隣諸国からは、私達日本人が、よくいえば従順であり、悪くいえば権力への服従、盲目的な忠誠心と、武力にたよる好戦的な一面をもっているように見える。私は、今こそ日本人が、礼儀を重んじ、協調性があり、質素をいとわず、勤勉で、そしてなによりも平和を愛する国民であることを、もっと近隣諸国に対し主張すべきときがきたのだと思う。

 では、そんなにすばらしいわが国が、なぜ嫌われるのか。過去の怨恨か?それもあるだろうが、原因の一つは日本の再軍備化の危険性だ。引きあいに出すのはどうかとも思うが、先の地下鉄サリン事件をおこした教団が毒ガスを製造した理由は、「自衛のため」だった。あの教団は解体され、二度と毒ガス製造ができないようになった。だけどどうだろう。60年後にまた「自衛のために最小限度の毒ガスを作ることにしました」っていっても、誰が納得するだろうか?

 真の大和魂、本当の勇気とは「嫌いなやつは皆殺し」などと浅いものではなく、「和をもって貴しとなす」であるはず。理想は遥かに遠いが、近づく努力を怠れば、日本は本当に孤立してしまうのだ。

PC向け広告リンクしゃんはい屋はこちら

ケイタイ向け広告リンクmしゃんはい屋はこちら

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海