客人と箸

上海エッセイ食事お酒>客人と箸

 国が違えばもてなしの姿も変わる。食事で客をもてなすとき、だいたいどこの国でも「遠慮なく召し上がれ」とは言う。中国では、もてなす方、つまり主人が客人に料理を勧めるときに、口で言うだけではなく、料理を箸で取り分けてくれることがよくある。

 しかも、取り箸ではなく自分が食べている箸をそのままで。はじめてこれをされたときには、ちょっとびっくりした。私の皿に、遠慮もなくどんどん料理を乗せていく。

 聞けば、これが昔からのもてなし方だという。慣れてしまえば、「あ、中国式でもてなしてくれているんだな」と思えるようになる。もっとも最近では、別に準備した取り箸を使うことも増えているそうだ。

 他にも、日本と似ているようで違う、さまざまな食事の作法があるが、それらはまた別に述べたいと思う。

PC向け広告リンクしゃんはい屋はこちら

ケイタイ向け広告リンクmしゃんはい屋はこちら

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海