中国生まれのラーメン、それってホント?

上海エッセイ食事お酒>中国生まれのラーメン、それってホント

 ラーメンは中国が起源で、海を渡って日本にやってきた、というのは本当なのか?

 ウーロン茶の宣伝で、身なりのよさそうな人たちが円卓を囲み、「人生を楽しみましょう」といってラーメン(?)を食べ始める。とても違和感のある光景だ。

 中国でのラーメンの位置付けはかなり低い。ほかに食べるものも無くて、とにかく腹を膨らませるために食べる食べ物、そんなイメージだ。

 それだけでなく、姿かたち、味までもが、日本のラーメンとはかけ離れている。太くて単調な面、そっけない味のスープ。中国人はスープを残す。中国拉面のスープは、何が入っているかわかったものではなく、とても飲み干すような代物ではない。

 中国のラーメンに似た食べ物を、強いて挙げるとすれば、日本のうどんだ。このうどんだが、本当に日本生まれなのか、これまた怪しい。韓国語でも、同じ食べ物を「ウドン」と発音するからだ。中国でいうラーメン(拉面)とは、小麦粉をこねたのを、手で引っ張って麺にしたもの。つまり、手打ちうどん、ということになる。切って作る面は"刀削面"ダオシャオミェン。中国で生まれたウドンが、朝鮮半島を経て日本にたどり着く一方で、どういうわけか名前のほうは、中国のラーメンと、韓国のウドンとが、さも別々の食べ物を指すように伝えられた、とでもいうのだろうか?なぞだ。

 中国人にいわせれば、日本のラーメンは、かんすい(炭酸ナトリウムや炭酸カリウムの水溶液)の香りが強くて口に合わないらしい。一方、うどんは異常なほど人気が高い。

 中国に目をやると、日本のラーメンが中国に"逆上陸"している。日式ラーメンは中国の"拉面"の数倍、数十倍の値段がするにもかかわらず、「高級料理」として定着しつつある。ちょっとおしゃれして日式ラーメンを食べに行く、という感覚だ。出張時に、相手企業の女社長に、車を飛ばしてわざわざ連れていってもらったこともある。

 冒頭の円卓に乗ったラーメン、ひょっとしたらあれは日式ラーメンだったのかも知れない。それであの(これまた日本メーカーの)ウーロン茶なのか!そうだったのか!

PC向け広告リンクしゃんはい屋はこちら

ケイタイ向け広告リンクmしゃんはい屋はこちら

エッセイ> 文化習慣 買い物 対日感情 中国語 ビジネスマナー 人間関係 制度 交通機関 食事 衣服 夜の社交場

上海(PC)> 出張の掟 上海風景 周辺観光 レストラン エンターテイメント 掲示板 筆者 リンク しゃんはい屋 中国語上達の近道

KeriMaeda上海